メインメニューを開く

シュプレヒコールとは、

  1. 集会演説など多数の人が集まっている場にて、その参加者が声を揃えて同じフレーズを大声で何度も繰り返し唱和すること。旗やプラカード、横断幕をともなって行われることが多い。昨今では省略化されて、コールとも言われる集団示威(デモ)運動の一つ。屋内で主催陣営側が集会参加者に呼び掛けてやる場合は問題ないが、路上でやる場合はデモ活動として警察署長から許可が必要である[1][2][3][4][5][6][7]
  2. 舞台で、一団がひとつの台詞を合唱する形式で進行する形式の演劇。シュプレヒコール劇のこと。

ドイツ語Sprechchor英語: speaking choir から sprechen(「スピーキング」や「話す」などを意味するドイツ語)や choir(「コーラス」または「合唱団」を意味する英語)に由来し、「ドイツ語から日本語への借用」の一つである。シュプレヒコールは「集団で同じ言葉を繰り返す」のが特徴であり、「~やめろ」、「~しろ」、「~せよ」などの命令形のフレーズが多くを占めている[8][9][10][11]。 

選挙運動編集

選挙では選挙人、候補者、選挙運動者又は当選人に対して交通や集会を妨げて威力業務妨害レベルで行うと、演説など選挙の自由を妨害したとして公職選挙法第225条(選挙の自由妨害罪)で「4年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処する」と定められている。演説を聴衆が聞き取れないほど罵声を出す場合は適応される可能性がある[12][13]

関連作品編集

音楽編集

脚注編集

関連項目編集