THE BACK HORN

日本のロックバンド

THE BACK HORN(ザ・バックホーン)は、日本オルタナティヴ・ロックバンドである[1][2]1998年結成。1999年にアルバム『何処へ行く』でインディーズデビューし、2001年にシングル「サニー」でメジャーデビュー。略称は「バクホン」「バクホ」など。「KYO-MEI」という言葉をテーマとして、「聞く人の心をふるわせる音楽を届けていく」という意思を掲げて活動する[3]

THE BACK HORN
The-back-horn-live.jpg
基本情報
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル ロック
オルタナティヴ・ロック[1][2]
ハードコア・パンク
ポスト・グランジ
ヘヴィ・ロック
パワー・ポップ
活動期間 1998年 -
レーベル SPEEDSTAR RECORDS
事務所 SPEEDSTAR MUSIC
公式サイト THE BACK HORN OFFICIAL SITE
メンバー 山田将司ボーカル
菅波栄純ギター
岡峰光舟ベース
松田晋二ドラムス
旧メンバー 平林直己(ベース)

メンバー編集

岡峰を除くメンバー全員が専門学校東京ビジュアルアーツ出身である。

ボーカル
茨城県出身。茨城県立土浦湖北高校出身。通称は「将司」。
ギター
福島県須賀川市出身。
通称は「栄純」、「栄ズン」、「ズン」など。
ほとんどの楽曲の作詞を担当。よりリアルな歌詞を書くために渋谷の路上に寝泊まりしたことがある。
ベース
広島県福山市出身。
ドラム
福島県東白川郡塙町出身。
バンドのリーダー。通称は「マツ」。

過去のメンバー編集

  • 平林 直己(ひらばやし なおき、1979年 - )
ベース。使用機材はリッケンバッカー。
「バンド活動に自分のすべての時間を使うことは無理」という本人からの申し出により2001年2月23日に脱退。
2005年にREDЯUMというバンドに加入するも同年10月30日脱退[4]

ディスコグラフィ編集

シングル編集

発売日 タイトル 規格品番 順位
インディーズ
Indies 1st 2000年9月25日 風船 KACD-0003
メジャー
1st 2001年4月25日 サニー VICL-35236
2nd 2001年8月22日 空、星、海の夜 VICL-35293 71位
3rd 2002年5月29日 世界樹の下で VICL-35394 69位
4th 2002年8月28日 涙がこぼれたら VICL-35425 75位
5th 2003年1月22日 未来 VICL-35464 49位
6th 2003年6月18日 光の結晶 VICL-35547 55位
7th 2003年8月20日 生命線 VICL-35566 60位
8th 2004年7月21日 夢の花 VICL-35694 (初回限定盤) / VICL-35695 (通常盤) 29位
9th 2004年11月3日 コバルトブルー VICL-35708 (初回限定盤) / VICL-35709 (通常盤) 30位
10th 2005年1月26日 キズナソング VICL-35758 (初回限定盤) / VICL-35759 (通常盤) 36位
11th 2005年12月16日 ブラックホールバースデイ VIZL-161 (初回限定盤) / VICL-35928 (通常盤) 32位
12th 2006年2月8日 初めての呼吸で VICL-35940 34位
13th 2006年3月22日 カオスダイバー VIZL-174 (初回限定盤) / VICL-35945 (通常盤) 31位
14th 2006年12月20日 VICL-36192 (初回限定盤) / VICL-36199 (通常盤) 23位
15th 2007年3月21日 美しい名前 VICL-36234 (初回限定盤) / VICL-36235 (通常盤) 24位
16th 2007年11月14日 VICL-36361 (初回限定盤) / VICL-36362 (通常盤) 9位
17th 2008年5月21日 覚醒 VIZL-284 (初回限定盤) / VICL-36436 (通常盤) 15位
18th 2010年4月21日 戦う君よ VIZL-375 (初回限定盤) / VICL-36572 (通常盤) 13位
19th 2010年8月4日 閉ざされた世界 VIZL-377 (初回限定盤) / VICL-36592 (通常盤) 14位
Digital 2011年3月30日 世界中に花束を
20th 2012年3月7日 シリウス VICL-36691 (初回限定盤) / VICL-36692 (通常盤) 22位
21st 2013年9月18日 バトルイマ VIZL-578 13位
22nd 2014年2月19日 シンメトリー/コワレモノ VIZL-637 (初回限定盤) / VICL-36872 (通常盤) 22位
23rd 2015年9月2日 悪人/その先へ VIZL-858 (初回限定盤) / VICL-37090 (通常盤) 19位
24th 2016年10月19日 With You VIZL-1072 (初回限定盤) / VICL-37231 (通常盤) 22位
25th 2017年2月22日 あなたが待ってる VIZL-1137(初回限定盤) / VICL-37253(通常盤) 21位
26th 2017年7月5日 孤独を繋いで VIZL-1165(初回限定盤)/VICL-37285(通常盤) 15位
Digital 2018年9月13日 ハナレバナレ

アルバム編集

スタジオ・アルバム

発売日 タイトル 規格品番 順位
インディーズ
Indies 1st 1999年9月22日 何処へ行く KACD-0001
Indies 2nd 2000年4月25日

2001年6月20日 (NEW MIX)

甦る陽 KACD-0002

KACD-0004 (NEW MIX)

メジャー
1st 2001年10月17日 (CCCD)
2005年8月24日 (CD)
人間プログラム VICL-60795 (CCCD)
VICL-61744 (CD)
30位
2nd 2002年11月13日 (CCCD)
2005年8月24日 (CD)
心臓オーケストラ VICL-60993 (CCCD)
VICL-61745 (CD)
50位
3rd 2003年10月22日 (CCCD)
2005年8月24日 (CD)
イキルサイノウ VICL-61219 (CCCD)
VICL-61746 (CD)
21位
4th 2005年3月16日 (初回限定・通常盤)
2008年9月3日 (再発盤)
ヘッドフォンチルドレン VIZL-133 (初回限定盤)
VICL-61567 (通常盤)
VICL-62950 (再発盤)
23位
5th 2006年4月19日 (初回限定・通常盤)
2008年9月3日 (再発盤)
太陽の中の生活 VIZL-176 (初回限定盤)
VICL-61855 (通常盤)
VICL-62951 (再発盤)
19位
6th 2007年5月23日 THE BACK HORN VICL-62372 16位
7th 2008年9月3日 パルス VIZL-294 (初回限定盤)
VICL-62887 (通常盤)
5位
8th 2010年9月15日 アサイラム VIZL-396 (初回限定盤)
VICL-63656 (通常盤)
9位
9th 2012年6月6日 リヴスコール VIZL-474 (初回限定盤)
VICL-63876 (通常盤)
10位
10th 2014年4月9日 暁のファンファーレ VIZL-657(初回限定盤)
VICL-64147 (通常盤)
8位
11th 2015年11月25日 運命開花 VIZL-903(初回限定盤)
VICL-64440 (通常盤)
16位
12th 2019年10月23日 カルペ・ディエム VIZL-1615(初回限定盤A)
VIZL-1616(初回限定盤B)
VICL-65224(通常盤)
13位

ベスト・アルバム

発売日 タイトル 規格品番 順位
1st 2008年1月23日 BEST THE BACK HORN VICL-62746〜7 10位
2nd 2013年9月18日 B-SIDE THE BACK HORN VICL-64064〜5 19位
3rd 2017年10月18日 BEST THE BACK HORN Ⅱ VIZL-1237 (TYPE-A)
VICL-64842~64843 (TYPE-B)
14位
4th 2018年10月17日 ALL INDIES THE BACK HORN VICL-65060~1
三方背ブックケース仕様(初回プレス分)
22位

ライブ・アルバム

発売日 タイトル 規格品番 順位
1st 2005年8月24日 (期間限定盤)
2005年9月22日 (通常盤)
産声チェインソー VICL-61708 (期間限定盤)
VICL-61709 (通常盤)
46位
Digital 2006年9月27日 ライブ イン ザ サン 〜special edition〜
Digital 2011年12月21日 マニアックヘブン ベストセレクション 〜Special Edition〜
2nd 2013年2月6日 KYO-MEIツアー 〜リヴスコール〜 VICL-63987 43位

ミニ・アルバム

発売日 タイトル 規格品番 順位
1st 2018年3月7日 情景泥棒 VIZL-1338 (初回限定盤)
VICL-64966 (通常盤)
12位

その他編集

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2004年9月22日 FILM BEAT #1 VICL-61505 (初回限定盤)
VICL-61506 (通常盤)
未来 SPEEDSTAR RECORDS
2006年3月31日 Sakura songs VICL-61879 花びら SWEETSTAR RECORDS
2006年5月31日 Football Music Album YELL VICL-61940 コバルトブルー SWEETSTAR RECORDS
2006年6月14日 ROCK is LOFT 〜SHINJUKU LOFT 30th ANNIVERSARY〜 Yellow Disc オルタナティブ〜ラウド 〜ミクスチャー・ロックの躍進〜 VICL-61931〜2 サニー SPEEDSTAR RECORDS
2007年11月8日 ハンマーソングス VICL-62570 未来 SPEEDSTAR RECORDS
2008年3月26日 機動戦士ガンダム00 オリジナルサウンドトラック2 VTCL-60022 罠 (TV SIZE-EDIT) flying DOG
2008年7月23日 極東最前線2 VPCC-8440 何もない世界 VAP
2009年1月28日 ROCK THE MIX VICL-63220 SPEEDSTAR RECORDS
2009年12月9日 THIS IS FOR YOU〜THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM BVCL-50〜1 球根 Ariora Japan
2010年2月24日 GUNDAM 30th ANNIVERSARY GUNDAM SONGS 145 VTZL-30 gunboy GLOBAL
2010年9月15日 機動戦士ガンダム00 Anthology BEST ADVOCACY OF CONGRUITY VTCL-70003〜4 flying DOG
2010年9月22日 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer- オリジナルサウンドトラック VTCL-60221〜2 閉ざされた世界 (Screen Ver.) flying DOG
2013年12月18日 エレファントカシマシ カヴァーアルバム2 A Tribute To The Elephant Kashimashi UMCK-1468 悲しみの果て UNIVERSAL MUSIC
2014年5月28日 Yes, We Love butchers 〜Tribute to bloodthirsty butchers〜 The Last Match CRCP-40369 ノイズ クラウン
2014年10月22日 I♥FC MORE THAN EVER 〜FLOWER COMPANYZ TRIBUTE〜 AICL-2751 はぐれ者讃歌 Sony Music Associated Records
2017年10月18日 PAUSE 〜STRAIGHTENER Tribute Album〜 TYCT-69121 (初回限定盤)
TYCT-60109 (通常盤)
シンクロ Virgin Music
2017年11月22日 TRIBUTE OF MUCC -縁 [en]- MSHN-044〜045 最終列車

DVD編集

発売日 タイトル 規格品番 順位
1st 2004年11月3日 爆音夢花火 VIBL-178 30位
2nd 2006年2月8日 エモーションピクチャーVol.1 VIBL-308 28位
3rd 2006年9月27日 ライブ イン ザ サン VIBL-330 42位
4th 2006年12月20日 マニアックヘブンVol.0 〜初夜の回想〜 VIBL-365 77位
5th 2008年10月8日 KYO-MEIライブ 〜裸足の夜明け〜 at 日本武道館 VIZL-306 (初回限定盤) / VIBL-435 (通常盤) 12位
6th 2009年7月22日 創造のパルス VIZL-338 (初回限定盤) / VIBL-584〜5 (通常盤) 49位
7th 2010年2月10日 エモーションピクチャーVol.2 VIBL-589 25位
8th 2011年12月21日 マニアックヘブン ベストセレクション VIZL-453 63位
9th 2013年3月27日 KYO-MEIツアー 〜リヴスコール〜 at 日本武道館 2013.1.6 VIZL-523 (初回限定盤) / VIBL-662 (通常盤) 28位
10th 2014年10月22日 KYO-MEIツアー 〜暁のファンファーレ〜 VIZL-728 (初回限定盤) / VIBL-726 (通常盤) 16位
11th 2015年3月4日 光の音色-THE BACK HORN Film- VIZL-788 (初回限定盤) / VIBL-743 (通常盤)
12th 2016年10月19日 KYO-MEIツアー ~運命開歌~ VIZL-1080 (完全生産限定盤)

書籍編集

ミュージックビデオ編集

公開年 監督 曲名 備考
1999年 西山真 何処へ行く
2000年 カズキリヤ ひとり言
風船
2001年 竹内鉄郎 サニー
ひとり言 ONLY SSTV EDITION
紀里谷和明 空、星、海の夜
カトウカズヤ 幾千光年の孤独
2002年 砂の旅人
福居英晃 ゲーム
竹内鉄郎 世界樹の下で
涙がこぼれたら
2003年 未来
AIR NOTES 光の結晶
丹修一 生命線
幸福な亡骸
2004年 丹修一 夢の花
池田剛 レクイエム
コバルトブルー
2005年 清水康彦 キズナソング
奇跡
墓石フィーバー
池田剛 ブラックホールバースデイ
2006年 竹内鉄郎 初めての呼吸で
清水康彦 カオスダイバー
2007年 大熊一弘 美しい名前 (マッチ Ver.)
美しい名前 (ライター Ver.)
井上哲央
2008年 長谷井宏紀 覚醒
2009年 手塚一紀 この手広げて 山田将司ソロ
2010年 竹内鉄郎 戦う君よ
斎藤渉 閉ざされた世界
2011年 西川修司 世界中に花束を
2012年 長添雅嗣 シリウス
スズキダイシン シンフォニア
2013年 鎌谷聡次郎 バトルイマ
2014年 柿本ケンサク シンメトリー
コワレモノ
斎藤渉 ビリーバーズ
2015年 清水康彦 悪人
その先へ
2016年 山口保幸 With You
2017年 田辺秀伸 あなたが待ってる
孤独を繋いで
2018年 Running Away
戸塚裕久 何処へ行く
2019年 田辺秀伸 心臓が止まるまでは
太陽の花
2020年 向井智洋 瑠璃色のキャンバス

ライブ映像編集

公開年 監督 曲名
2004年 中村浩紀 光の結晶 (LIVE at 日比谷野外音楽堂)
2006年 清水康彦 浮世の波 from DVD「ライブ イン ザ サン」
ブラックホールバースデイ from DVD「ライブ イン ザ サン」
2008年 番場秀一 罠 from DVD「KYO-MEI ライブ〜裸足の夜明け〜 at 日本武道館」
無限の荒野 from DVD「KYO-MEI ライブ〜裸足の夜明け〜 at 日本武道館」
2009年 スズキダイシン 世界を撃て from DVD「創造のパルス」
2011年 西川修司 走る丘 from DVD「マニアックヘブン ベストセレクション」
ザクロ from DVD「マニアックヘブン ベストセレクション」
2013年 スズキダイシン シンフォニア from「KYO-MEIツアー 〜リヴスコール〜 at 日本武道館 2013.1.6」
シリウス from「KYO-MEIツアー 〜リヴスコール〜 at 日本武道館 2013.1.6」
2014年 コワレモノ from「KYO-MEIツアー 〜暁のファンファーレ〜」
ビリーバーズ from「KYO-MEIツアー 〜暁のファンファーレ〜」

タイアップ編集

曲名 タイアップ
サニー スペースシャワーTV2001年4月度PUWER PUSH
未来 映画『アカルイミライ』主題歌
レクイエム 映画『CASSHERN』挿入歌
コバルトブルー 日本ケロッグ「コーンフロスティ」CMソング
奇跡 映画『ZOO』主題歌
アニメ『機動戦士ガンダム00』エンディングテーマ
閉ざされた世界 松竹配給映画『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』オープニングテーマ
警鐘 『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』Supporter's meeting 2010キャンペーンソング
クリオネ ちふれ化粧品「SAVE WOMAN」2011 CMソング
映画『魁!!男塾』主題歌
With You リクルートタウンワーク」告白篇 CMソング

主なライブ編集

ワンマンライブ・主催イベント編集

  • 2001年11月〜12月 - 「人間プログラムTOUR」〜未確認歩行物体〜
  • 2002年07月 - 夏の東名阪ツアー〜流れ星ランナー〜
  • 2003年01月 - 心臓オーケストラツアー〜爆弾楽団〜
  • 2003年08月 - 夏の東名阪ツアー〜お祭りビッグバン〜
  • 2003年11月 - イキルサイノウツアー〜絶望アッパーカット〜
  • 2004年07月 - 夏のワンマン市街戦!〜夕焼け目撃者〜
  • 2005年03月〜05月 - 『産声チェインソー』TOUR
  • 2006年04月〜06月 - 『太陽の中の生活』ツアー 〜ライブ イン ザ サン〜
  • 2006年11月 - 秋の東阪ホールツアー〜鈴虫デストロイヤー〜
  • 2007年03月〜04月 - 「KYO-MEI対バンツアー」〜共に鳴らす夜〜
  • 2007年06月〜07月 - KYO-MEI ワンマンツアー 〜命を響かせる夜〜
    w/マキシマム ザ ホルモン
  • 2008年02月〜04月 - KYO-MEIライブ 〜裸足の軌跡〜
  • 2008年06月 - KYO-MEIライブ 〜裸足の夜明け〜
  • 2008年10月〜2009年04月 - KYO-MEIツアー 〜創造のパルス〜
  • 2010年02月23日〜04月20日 - THE BACK HORN presents"KYO-MEI大会"
    w/BRAHMAN / MY WAY MY LOVE / SPECIAL OTHERS / UNISON SQUARE GARDEN / BIGMAMA / ASIAN KUNG-FU GENERATION / ACIDMAN / ストレイテナー / YOUR SONG IS GOOD / HAWAIIAN6 / OGRE YOU ASSHOLE / 怒髪天 / LOW IQ & THE BEAT BREAKER / Nothing's Carved In Stone / cinema staff / UNLIMITS / 9mm Parabellum Bullet / GOING UNDER GROUND / サンボマスター / ミドリ / THE YOUTH / DOLCE / MOGA THE \5 / andymori / a flood of circle / WRECKingCReW / DOSE / MY WAY MY LOVE
  • 2010年07月09日 - 「KYO-MEIワンマンホールライブ」~メビウス戦線異状アリ~
  • 2010年10月06日〜12月06日 - KYO-MEIツアー 〜アサイラム〜
  • 2011年04月30日 - KYO-MEI live in MORIOKA
  • 2011年07月23日 - THE BACK HORN 「KYO-MEIワンマンライブ」 〜第二回夕焼け目撃者〜
  • 2011年07月26日 - THE BACK HORN 「KYO-MEIワンマンライブ」 〜灼熱ダンスフロア〜
  • 2011年10月20日〜11月24日 - THE BACK HORN 「KYO-MEIツアー」 〜魂のマーチ〜
  • 2012年03月31日 - "KYO-MEI&Hand In Hand"
  • 2012年04月05日〜05月24日 - KYO-MEIライブ
  • 2012年09月07日〜2013年01月14日 - THE BACK HORN 「KYO-MEIツアー」〜リヴスコール〜
  • 2013年10月02日〜10月31日 - THE BACK HORN「KYO-MEIワンマンツアー」〜アナザーワールドエクスプレス〜
  • 2013年11月02日 - THE BACK HORN LIVE 〜2013 in 大薬祭〜
  • 2014年05月01日〜07月10日 - THE BACK HORN「KYO-MEIワンマンツアー 2014」
  • 2014年11月13日 - KYO-MEI対バンライブ in KAWASAKI
    w/クリープハイプ
  • 2014年11月20日 - THE BACK HORN SPECIAL LIVE 2014 in KOGAKUIN
  • 2014年12月11日 - KYO-MEI対バンライブ in KUMAGAYA
    w/赤い公園
  • 2015年04月30日 - 『KYO-MEI SPECIAL LIVE』〜人間楽団大幻想会〜
  • 2015年10月02日〜10月30日 - THE BACK HORN「『KYO-MEI対バンツアー』〜命を叫ぶ夜〜」
    w/ACIDMAN / THE BAWDIES / UNISON SQUARE GARDEN / アルカラ / キュウソネコカミ / ストレイテナー / ムック
  • 2016年02月21日〜06月12日 - THE BACK HORN「KYO-MEIワンマンツアー」〜運命開歌〜
  • 2019年01月13日 THE BACK HORN 20th Anniversary「ALL TIME BEST ONE MAN TOUR」~KYO-MEI祭~<台湾公演>

マニアックヘブン編集

毎年、年末に行われる1日限定ライブ。当初の主旨は「ツアーであまりやらない楽曲を」だったが、現在は初期の楽曲やカップリング、アルバム収録曲を中心とするファン感謝祭的位置づけとなっている。ライブハウスではメンバー自らが考案したオリジナルカクテル、ソフトドリンクが販売される。第3回となるマニアックヘブンvol.2は初めて東京以外である大阪で行われた。また、今まで発表したシングル、アルバムのジャケット他、メンバーが描いたイラストやライブ写真などを展示した個展も開かれている。

開催日 タイトル 備考
2005年12月27日 マニアックヘブンVol.0 ~初夜の回想~
2006年12月26日 マニアックヘブンVol.1
2007年12月26日 マニアックヘブンVol.2
2008年12月17日・23日 マニアックヘブンVol.3〜生命のプロミネンス〜
2009年12月11日 マニアックヘブンVol.4
2010年12月20日 マニアックヘブンVol.5
2011年12月22日・26日 マニアックヘブンVol.6
2013年12月23日 マニアックヘブンVol.7
2014年12月22日・25日 マニアックヘブンVol.8
2015年12月23日 マニアックヘブンVol.9
2016年12月23日 マニアックヘブンVol.10
2016年12月24日 銀河遊牧会2016 ~マニアックヘブンSP~
2016年12月25日 マニアックヘブンVol.10
2017年11月3日〜12月24日 マニアックヘブンツアーVol.11
2019年8月10日・12日・18日 マニアックヘブンVol.12
2020年12月6日 マニアックヘブンVol.13

出演イベント編集

交友関係編集

  • BRAHMAN
    • 『無双の宴』やブラフマンが企画する『tantrism』シリーズへの参加など結成当初から長い付き合いが続いている。
  • 宇多田ヒカル
    • ライブに参加したことを自ら公言している。我慢出来ずに観客がいるスタンディング席に紛れ込もうとしてマネージャーに止められていた。また、宇多田の4thアルバム『ULTRA BLUE』収録の「One Night Magic feat.Yamada Masashi」には山田がコーラスで参加した。宇多田の元夫である紀里谷和明は、初期のTHE BACK HORNの楽曲「風船」「空、星、海の夜」のプロモーション・ビデオの監督を務めていた。
  • COCK ROACH
    • 共にライブを開催したり、彼らのラストライブにシークレットゲストで登場して彼らの楽曲をカバーするなど、交流が深かった。
  • マキシマム ザ ホルモン
    • THE BACK HORNの対バンツアーに参加している。2008年の「爪爪爪 TOUR」にはTHE BACK HORNも対バンとして参加した。
  • 9mm Parabellum Bullet
    • 2009年に「大惨事目眩大戦」、2014年には「決闘披露宴」と題した対バンツアーを実施。2015年3月に9mm Parabellum Bulletの菅原卓郎、中村和彦、かみじょうちひろと菅波栄純から成る1日限定バンド「栄純の恩返し」を結成し、ライブを行った[5]
  • ELLEGARDEN
  • MUCC
    • メンバー全員山田将司と同郷の茨城出身。2014年4月に開催されたSIX NINE WARS -ぼくらの七ヶ月間戦争- Episode 2.「VS」の郡山公演にTHE BACK HORNが出演。その後KYO-MEI対バンツアーにおいて2015年の大阪公演と2017年の川崎公演にMUCCが出演した。2017年にはMUCC結成20周年記念のトリビュート・アルバムに「最終列車」で参加した後、同年12月27日に開催された20周年を祝うフェス20TH ANNIVERSARY MUCC祭「えん7 FINAL」in 武道館にTHE BACK HORNが出演した。

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集