ションペン語

ショム・ペン語から転送)

ションペン語(Shompen language)はインドニコバル諸島大ニコバル島ションペン人によって話される言語である。詳細はほとんど知られていない。

ションペン語
話される国 大ニコバル島
民族 ションペン人
話者数 400(2004年)[1]
言語系統
方言
Kalay (west)
Keyet (east)
言語コード
ISO 639-3 sii
Glottolog shom1245[2]
消滅危険度評価
Critically endangered (UNESCO)
Status-unesco-critically.svg
テンプレートを表示

分類編集

ションペン語は伝統的にニコバル諸語に分類されてきたが、Roger BlenchとPaul Sidwellはアスリ諸語に含まれるか、ニコバル諸語、アスリ諸語と並ぶオーストロアジア語族内の独立した系統に属すとする説を出している[3]

脚注編集

  1. ^ Shompen at Ethnologue (18th ed., 2015)
  2. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Shom Peng”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/shom1245 
  3. ^ Roger Blench & Paul Sidwell, 2011. "Is Shom Pen a Distinct Branch?" In Sophana Srichampa and Paul Sidwell, eds. Austroasiatic Studies: Papers from ICAAL 4. Canberra: Pacific Linguistics. (ICAAL, ms)