ショーン・シャーク

ショーン・シャークSean Sherk1973年8月5日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家ミネソタ州セントフランシス出身。ミネソタ・マーシャルアーツ・センター所属。元UFC世界ライト級王者。

ショーン・シャーク
Sean-sherk.jpg
2007年
本名 ショーン・キース・シャーク
(Sean Keith Sherk)
生年月日 (1973-08-05) 1973年8月5日(47歳)
出身地 ミネソタ州セントフランシス
通称 ザ・マッスル・シャーク
(The Muscle Shark)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長 168 cm (5 ft 6 in)
体重 70 kg (154 lb)
階級 ウェルター級
ライト級
リーチ 170 cm (67 in)
スタイル レスリング
スタンス オーソドックス
拠点 ミネソタ州オークグローブ
チーム ミネソタ・マーシャルアーツ・アカデミー
ランク ブラジリアン柔術 (茶帯)
現役期間 1999年 - 2010年
総合格闘技記録
試合数 41
勝利 36
ノックアウト 8
タップアウト 13
判定 15
敗戦 4
ノックアウト 2
判定 2
引き分け 1
アマチュア総合格闘技記録
試合数 2
勝利 2
敗戦 0
その他
配偶者 ヒーサー・シャーク
子供 2人
ウェブサイト http://seansherk.com/
総合格闘技記録 - SHERDOG
サインするシャーク

筋骨隆々の肉体と姓のシャークをかけて「ザ・マッスル・シャーク (The Muscle Sherk)」の異名を持つ。20年以上のレスリング歴を活かしたテイクダウンとグラウンド&パウンドを武器に、UFC世界ライト級王座を獲得し、現役時代にはMMAライト級における最強候補の一人と目されていた。

来歴編集

1973年8月5日、ミネソタ州セントフランシスで生まれ、7歳からレスリングウエイトトレーニングを始める。レスリングを11年間続け、その間に400試合以上をこなした。1994年にグレッグ・ネルソンが主宰するミネソタ・マーシャルアーツ・アカデミーへ見学に行き、そこからボクシングムエタイシュートレスリングのトレーニングを開始した。

総合格闘技編集

1999年、総合格闘技デビュー。カロ・パリジャンマニー・ガンブリャン等に勝利し、MMAデビュー後15連勝を果たした。

2001年7月29日、パンクラス國奥麒樹真と対戦し、0-0の判定ドロー。キャリア16戦目にして連勝がストップした。

2002年3月22日、UFC 36中尾受太郎と対戦し、3-0の判定勝ち。

2003年4月25日、UFC 42のUFC世界ウェルター級タイトルマッチで王者のマット・ヒューズに挑戦し、0-3の5R判定負け。キャリア21戦目で初黒星を喫し、王座獲得に失敗した。

その後、2004年2月15日のPRIDE 武士道 -其の弐-での上山龍紀戦を含み12連勝を果たし、MMA戦績を31勝1敗1分とした。

2005年11月19日、UFC 56で後のUFC世界二階級制覇王者ジョルジュ・サンピエールと対戦し、パウンドで2RTKO負け。連勝は12でストップし、キャリア2敗目を喫した。

2006年4月15日、UFC 59ニック・ディアスと対戦し、3-0の判定勝ち。

UFC世界王座獲得編集

2006年10月14日、ライト級転向初戦となったUFC 64で、2002年3月のジェンス・パルヴァーの返上以来4年半以上空位となっていたUFC世界ライト級王座決定戦でケニー・フロリアンと対戦し、数度テイクダウンを奪い、壮絶な打撃戦を繰り広げて3-0の5R判定勝ち。王座獲得に成功し、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

世界王座陥落編集

2007年7月7日、UFC 73のUFC世界ライト級タイトルマッチでエルメス・フランカと対戦し、3-0の5R判定勝ち。王座防衛に成功したが、試合後の薬物検査で両選手ともにステロイドの陽性反応が検出され、カリフォルニア州アスレチック・コミッションから2,500ドルの罰金と1年間の出場停止処分が課された。処分の撤回を求めて控訴していたが、12月4日に行われた公聴会で、出場停止処分は6か月に短縮されたものの処分の撤回とはならなかった。それに伴い、UFC世界ライト級王座を剥奪された。

2008年5月24日、UFC 84で自身の出場停止処分中に王者となったBJ・ペンとUFC世界ライト級タイトルマッチで対戦。3R終了時、ダメージにより試合続行不可能となりTKO負け。王座獲得に失敗した。

2008年10月25日、UFC 90タイソン・グリフィンと対戦し、スタンドでの打撃戦で優位に立ち3-0の判定勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[1]

2009年5月23日、UFC 98で後のUFC世界ライト級王者フランク・エドガーと対戦し、0-3の判定負け。[2]

2010年9月25日、UFC 119エヴァン・ダナムと対戦し、肉薄の展開を繰り広げ2-1の判定勝ち[3]。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

現役引退編集

過去に負った度重なる怪我の影響で負傷が重なり、リハビリを続けながら2011年秋頃の復帰を目指していたが、結局実現することはなかった。

2012年10月、リハビリを終え、2013年初頭に復帰する計画があることを明かした[4]

2013年9月2日、総合格闘技からの引退を発表した。

2016年2月20日、UFCからのオファーを断り、Bellatorホイス・グレイシーと戦うために復帰することを表明したが、これも実現せずに終わっている[5]

人物・エピソード編集

  • 既婚者であり、2人の息子がいる。
  • 引退後は、ミネソタ・マーシャルアーツ・アカデミーでコーチとして働いている。

戦績編集

総合格闘技 戦績
41 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
36 8 13 15 0 1 0
4 2 0 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
エヴァン・ダナム 5分3R終了 判定2-1 UFC 119: Mir vs. Cro Cop 2010年9月25日
× フランク・エドガー 5分3R終了 判定0-3 UFC 98: Evans vs. Machida 2009年5月23日
タイソン・グリフィン 5分3R終了 判定3-0 UFC 90: Silva vs. Cote 2008年10月25日
× BJ・ペン 3R終了時 TKO(パウンド) UFC 84: Ill Will
【UFC世界ライト級タイトルマッチ】
2008年5月24日
エルメス・フランカ 5分5R終了 判定3-0 UFC 73: Stacked
【UFC世界ライト級タイトルマッチ】
2007年7月7日
ケニー・フロリアン 5分5R終了 判定3-0 UFC 64: Unstoppable
【UFC世界ライト級王座決定戦】
2006年10月14日
ニック・ディアス 5分3R終了 判定3-0 UFC 59: Reality Check 2006年4月15日
× ジョルジュ・サンピエール 2R 2:53 TKO(パウンド) UFC 56: Full Force 2005年11月19日
ジョエル・ブラントン 1R チョークスリーパー BP: Pride and Glory 2005年9月17日
リー・キング 1R 2:20 肩固め Extreme Challenge 60 2004年11月12日
ブロディ・ファーバー 1R 0:55 フロントチョーク SportFight 6: Battleground in Reno 2004年9月23日
ダリン・ブルディガン 2R 1:46 肩固め Cage Fighting Xtreme 2 2004年9月4日
ジェラルド・ストレベント 1R 3:52 TKO(パンチ連打) Extreme Challenge 58 2004年6月11日
エリック・ハインツ 1R 0:58 ネッククランク PFA: Pride and Fury 2004年6月3日
ジェイク・ショート 1R チョークスリーパー ICC: Trials 2 2004年4月30日
カレオ・パディラ 2R 1:17 ネッククランク You Think You're Tough 2004年4月17日
上山龍紀 2R(10分/5分)終了 判定3-0 PRIDE 武士道 -其の弐- 2004年2月15日
チャールズ・ディアス 2R 0:58 V1アームロック EP: XXXtreme Impact 2003年12月28日
マーク・ロング 1R ギブアップ(パンチ連打) Extreme Combat 2003年12月12日
ジョン・アレクサンダー 1R TKO(パンチ連打) Extreme Combat: Best of the Best 2 Night Event 2003年8月2日
× マット・ヒューズ 5分5R終了 判定0-3 UFC 42: Sudden Impact
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2003年4月25日
ジョン・アレクサンダー 1R チョークスリーパー Extreme Combat 2 2002年12月7日
ベンジー・ラダック 1R 4:16 TKO(ドクターストップ) UFC 39: The Warriors Return 2002年9月27日
中尾受太郎 5分3R終了 判定3-0 UFC 36: Worlds Collide 2002年3月22日
クラウジオノール・フォンチネリ 2R 1:04 チョークスリーパー UCC 6: Redemption 2001年10月19日
國奥麒樹真 5分3R終了 判定0-0 PANCRASE 2001 PROOF TOUR 2001年7月29日
カーティス・ブリガム 3R 1:15 TKO(タオル投入) Ultimate Wrestling: St.Paul 2001年7月15日
ジェイソン・パーセル 1R 1:42 TKO(パンチ連打) Ultimate Wrestling: Ultimate Fight Minnesota 2001年6月2日
マーティン・アーメンダレス 3R 2:07 TKO(パンチ連打) KOTC 8: Bombs Away 2001年4月29日
マニー・ガンブリャン 18分1R終了 判定3-0 Reality Submission Fighting 3 2001年3月30日
ティキ・ゴーセン 2R 4:47 ギブアップ(肩の脱臼) UFC 30: Battle on the Boardwalk 2001年2月23日
カロ・パリジャン 1R 16:20 TKO(タオル投入) Reality Submission Fighting 2 2001年1月5日
ケン・パーラム 10分2R終了 判定3-0 Submission Fighting Championships 12 2000年11月3日
カロ・パリジャン 18分1R終了 判定3-0 Reality Submission Fighting 1 2000年10月10日
スティーブ・ガム 10分1R終了 判定3-0 Extreme Challenge 28 1999年10月9日
スコット・ビルズ 10分1R終了 判定3-0 Extreme Challenge 28 1999年10月9日
カーティス・ジェンセン 1R TKO(パンチ連打) Extreme Challenge: Trials 1999年10月4日
ジョニー・ホーランド 2R 2:10 V1アームロック Ultimate Wrestling 1999年8月13日
ジョー・ポーン 15分1R終了 判定3-0 Midwest MMA Championship 1 1999年7月11日
ディーン・クーグラー 10分1R終了 判定3-0 Midwest MMA Championship 1 1999年7月11日
ロスコー・オースティン 15分1R終了 判定3-0 Dangerzone: Mahnomen 1999年6月19日

獲得タイトル編集

表彰編集

  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(3回)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

空位
前タイトル保持者
ジェンス・パルヴァー
第2代UFC世界ライト級王者

2006年10月14日 - 2007年12月8日

空位
次タイトル獲得者
BJ・ペン