メインメニューを開く

ショーン・フランシス・ボビット(Sean Frans Bobbitt, 1958年11月29日 - )は、テキサス出身のイギリス撮影監督

1999年にマイケル・ウィンターボトム監督の『ひかりのまち』の撮影に参加。2008年のスティーヴ・マックイーン監督デビュー作『Hunger』でカンヌ国際映画祭カメラ・ドールを受賞した。

主な作品編集

脚注編集

外部リンク編集