メインメニューを開く

ロスト・マネー 偽りの報酬

ロスト・マネー 偽りの報酬』(ロストマネー いつわりのほうしゅう、Widows)は、2018年アメリカ合衆国スリラー映画。監督はアカデミー作品賞を受賞した『それでも夜は明ける』などで知られるスティーヴ・マックイーン。共同脚本に小説『ゴーン・ガール』とその映画化作品の脚本を執筆したことで知られるギリアン・フリン。主演はヴィオラ・デイヴィス。共演はミシェル・ロドリゲスエリザベス・デビッキシンシア・エリヴォ英語版コリン・ファレルブライアン・タイリー・ヘンリー英語版ダニエル・カルーヤジャッキー・ウィーヴァーキャリー・クーンロバート・デュバルリーアム・ニーソンら。

ロスト・マネー 偽りの報酬
Widows
監督 スティーヴ・マックイーン
脚本 ギリアン・フリン
スティーヴ・マックイーン
原作 リンダ・ラ・プランテ英語版
製作 スティーヴ・マックイーン
イアン・カニング
エミール・シャーマン英語版
アーノン・ミルチャン
出演者 ヴィオラ・デイヴィス
ミシェル・ロドリゲス
エリザベス・デビッキ
シンシア・エリヴォ英語版
コリン・ファレル
ブライアン・タイリー・ヘンリー英語版
ダニエル・カルーヤ
ジャッキー・ウィーヴァー
キャリー・クーン
ロバート・デュバル
リーアム・ニーソン
音楽 ハンス・ジマー
撮影 ショーン・ボビット
編集 ジョー・ウォーカー
製作会社 リージェンシー・エンタープライズ
フィルム4英語版
ニュー・リージェンシー・プロダクションズ
シー=ソウ・フィルムズ英語版
ランマス・パーク・プロダクションズ
TSGエンターテインメント英語版
配給 20世紀フォックス
公開 イギリスの旗 2018年11月6日
アメリカ合衆国の旗 2018年11月16日
日本の旗 公開中止
上映時間 130分[1]
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $42,000,000[2]
興行収入 $75,984,700[2]
テンプレートを表示

ストーリー 編集

舞台は現代のシカゴ、4人の強盗犯が強盗の失敗により死亡する。彼らが盗み出した金が黒人議員ジャマール・マニングの選挙資金だったため、彼らの妻であるヴェロニカ、リンダ、アリスが落とし前をつけるように脅迫される。ジャマールの弟のジャテームによりヴェロニカ達の友人に次々と被害が及ぶ中、ヴェロニカは亡くなった夫の残したメッセージからある計画を立てる。それは、ジャマールのライバル議員のジャック・マリガンから金を強奪することだった。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替[3]

製作編集

2015年3月27日に、スティーブ・マックイーンが監督を務め、ギリアン・フリンとマックイーンが脚本を務める新作映画の製作が発表された。[4]製作当初は、ジェニファー・ローレンスが出演する予定だったが、スケジュール上の関係から降板した。2016年9月27日に、ヴィオラ・デイヴィスがキャストに加わった。[5]2016年11月10日、シンシア・エリヴォ英語版がキャストに加わった。[6]2017年1月13日、アンドレ・ホランド英語版がキャストに加わるための交渉に入った。[7]2017年2月、エリザベス・デビッキ[8]ミシェル・ロドリゲス[9]ダニエル・カルーヤがキャストに加わった。[10]2017年3月、リーアム・ニーソンがキャストに加わった。[11]2017年4月、コリン・ファレル[12]ロバート・デュバルがキャストに加わった。[13] 2017年5月、ギャレッド・ディラハント[14]ジャッキー・ウィーヴァー[15]マヌエル・ガルシア=ルルフォ英語版[16]ルーカス・ハースがキャストに加わった。[17]2017年6月、キャリー・クーンがキャストに加わった。[18]2017年8月、マイケル・ハーニー英語版[19]ジョン・バーンサルがキャストに加わった。[20]

撮影編集

主要な撮影は2017年5月から開始した。

評価編集

本作は批評家から高く評価された。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには376件のレビューがあり、批評家支持率は91%、平均点は10点満点で8.1点となっている。サイト側による批評家の意見の要約は「『ロスト・マネー 偽りの報酬』は娯楽映画ではあるが、強いメッセージ製を混ぜ合わせることに成功した強烈なスリラー映画」となっている。

日本での公開編集

日本では、2019年4月に劇場公開予定だったが、その後『ある女流作家の罪と罰』と共に公開中止され、タイトルを『妻たちの落とし前』から『ロスト・マネー』に変更しビデオスルーとなることが発表された[21]

出典編集

  1. ^ WIDOWS (15)”. 20th Century Fox Film Co. Ltd. 全英映像等級審査機構. 2018年10月9日閲覧。
  2. ^ a b Widows (2018)”. Box Office Mojo. 2019年2月20日閲覧。
  3. ^ ロスト・マネー 偽りの報酬”. 2019年4月23日閲覧。
  4. ^ Gillian Flynn, Steve McQueen to Write Heist Thriller for New Regency”. 2018年5月15日閲覧。
  5. ^ Viola Davis Teaming with ‘12 Years a Slave’ Filmmaker Steve McQueen for Thriller ‘Widows’”. 2018年5月15日閲覧。
  6. ^ ‘The Color Purple’ Actress Cynthia Erivo Joins Viola Davis in Steve McQueen’s ‘Widows’”. 2018年5月15日閲覧。
  7. ^ ‘Moonlight’ Star Andre Holland Joins Viola Davis in Steve McQueen’s ‘Widows’ (EXCLUSIVE)”. 2018年5月15日閲覧。
  8. ^ Elizabeth Debicki to Co-Star With Viola Davis in Steve McQueen’s ‘Widows’ (EXCLUSIVE)”. 2018年5月15日閲覧。
  9. ^ Michelle Rodriguez Joins Steve McQueen’s Heist Pic ‘Widows’”. 2018年5月15日閲覧。
  10. ^ ‘Get Out’ Star Daniel Kaluuya To Topline Steve McQueen’s ‘Widows’”. 2018年5月15日閲覧。
  11. ^ Liam Neeson in Talks to Play Viola Davis’ Husband in Steve McQueen’s ‘Widows’ (EXCLUSIVE)”. 2018年5月15日閲覧。
  12. ^ Colin Farrell Eyes Steve McQueen’s ‘Widows’ With Viola Davis (EXCLUSIVE)”. 2018年5月15日閲覧。
  13. ^ Robert Duvall Boards Steve McQueen-Directed Thriller ‘Widows’”. 2018年5月15日閲覧。
  14. ^ ‘Mindy Project’s Garret Dillahunt Joins ‘Widows’”. 2018年5月15日閲覧。
  15. ^ Jacki Weaver Joining Viola Davis in Steve McQueen's 'Widows' (Exclusive)”. 2018年5月15日閲覧。
  16. ^ Manuel Garcia-Rulfo Cast In ‘Widows’; Desmin Borges Joins Netflix Film ‘Private Life’”. 2018年5月15日閲覧。
  17. ^ Lukas Haas Cast In Steve McQueen’s ‘Widows’”. 2018年5月15日閲覧。
  18. ^ Carrie Coon Joins Steve McQueen's Heist Thriller 'Widows' (Exclusive)”. 2018年5月16日閲覧。
  19. ^ Brendan Coyle Joins ‘Mary Queen Of Scots’; Michael Harney Cast In ‘Widows’”. 2018年5月16日閲覧。
  20. ^ Jon Bernthal Wraps Steve McQueen’s ‘Widows’, Eyes Damien Chazelle’s ‘First Man’”. 2018年5月16日閲覧。
  21. ^ https://www.cinemacafe.net/article/2019/03/06/60581.html

外部リンク編集