シルバークイーン2

シルバークイーン2は、シルバーフェリー川崎近海汽船)が運航していたフェリー

シルバークイーン2
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
所有者 シルバーフェリー
川崎近海汽船
運用者 シルバーフェリー
川崎近海汽船
建造所 新潟鐵工所
母港 八戸
航行区域  沿海
船級  JG
信号符字  JE2669
IMO番号 8204432
MMSI番号 525010222
改名 シルバークイーン2
YIN HEGONG ZHU
ZE HAI
SALVATORE
経歴
起工 1982年2月
進水 1982年6月
竣工 1982年9月
就航 1982年9月
運航終了 1998年3月
要目
総トン数 (竣工時)4,213 トン
(船体延長改造後)4,695 トン
(大浴場増設改造後)4,821トン
載貨重量 (大浴場増設改造後)2,89752トン
排水量 (満載)7,646.30トン
全長 (竣工時)120.6 m
(船体延長改造後)133.7 m
登録長 (船体延長改造後)126.62 m
垂線間長 (船体延長改造後)123.12 m
全幅 20.5 m
型深さ 11.6 m
満載喫水 4.96 m
機関方式 ディーゼル
主機関 新潟鉄工 8PC2-5L 2機
推進器 2軸
最大出力  10,400馬力
最大速力 20.73ノット
航海速力 17.2ノット
航続距離 3300M
旅客定員 468名
乗組員 24名(最小)
車両搭載数 (竣工時)トラック52台、乗用車68台
(改造後)トラック59台、乗用車83台
テンプレートを表示

概要編集

シルバークイーン (初代)の代船として新潟鐵工所で建造され、1982年9月に就航。その後1986年6月に船体延長工事を石川島播磨重工磯子工場にて実施、車両搭載能力が強化された。1988年6月に上部甲板に大浴場増設工事を函館どつくにて実施。1998年3月にシルバークイーン (3代)の就航により引退した。

1998年4月、中国ヤンタイ・サルベージへ760万ドルで売却され、銀河公主(YIN HEGONG ZHU)となり、天津-大連航路に就航した[1]。後にZE HAIと改名され、大連 - 煙台航路に就航していた。

その後、増設の大浴場部分を撤去しインドネシアのPT Surya Timur Lineへ売却され、SALVATOREとしてスンダ海峡を横断する航路に就航。2017年4月にはsumaja lineに売却され引き続きスンダ海峡にて運航。

航路編集

シルバーフェリー

就航当初はフェリーはちのへ (初代)と、1988年12月以降はフェリーはちのへ (2代)と運航されていた。

設計編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 世界の艦船(1998年10月号,p120)