メインメニューを開く

シルバー・メティオ(Silver Meteor)は、アメリカ合衆国シーボード・エア・ライン鉄道が運行していた旅客列車。現在もアムトラックにより運行されている長距離列車で、東海岸の北はニューヨークから南へマイアミまでを南北に走るシルバー・サービスのひとつ(1,389マイル、2,235 km)である。メティオは彗星のこと。

シルバー・メティオ
AEM-7電気機関車が牽引するフロリダ行き列車、ニュージャージ州にて
AEM-7電気機関車が牽引するフロリダ行き列車、ニュージャージ州にて
運行者 アムトラック
運行区間 ニューヨーク - マイアミ
経由線区 北東回廊ほか
運行距離 2,235 km
使用車両 アムフリートビューライナー
運行開始 1939年2月2日
テンプレートを表示

目次

概要編集

シルバー・メティオは、1939年から1971年までシーボード・エア・ライン鉄道が、 ニューヨークフロリダ州マイアミの間で運行した。当時はニューヨーク - ワシントンD.C.間はペンシルバニア鉄道、ワシントンから南はリッチモンド・フレデリックスバーグ・アンド・ポトマック鉄道、そしてシーボード・エア・ライン鉄道の自社路線を経由した。

1971年アムトラックの発足に伴い、シルバー・メティオの運行は同社に引き継がれた。

最近のシルバー・メティオのダイヤ南行きは、ニューヨークペンシルベニア駅を昼ごろ出発して、夕食時にワシントンD.C.に着き、夜間バージニア州南カロライナ州を走り、翌日の朝食時にサバンナに、朝のラッシュアワーフロリダ州ジャクソンビル、昼食時にオーランドを経て、夕方早い時期にマイアミに到着する。北行きは、マイアミを朝のラッシュアワーの直前に出て、昼食時にフロリダ州中央を経て、午後遅く同州北のジャクソンビル、夕食時にサバンナ、夜間に北・南カロライナ州とバージニア州、翌日の朝食時にワシントンD.C.、午前中の中頃にフィラデルフィア、昼時にニューヨークで終点。

シルバー・サービス編集

 
シルバー・サービスの路線(シルバー・メティオは赤線部分を経由)

アムトラックのニューヨーク-マイアミ間は2つのシルバー・サービスSilver Service)があり、両方共ほぼ同様な路線を走るが、一部ノースカロライナ州ロッキーマウントジョージア州サバンナの間を

歴史編集

年表編集

1948年2月27日の編成編集

  • マイアミ発ニューヨーク行き・Raleigh出発時の編成である。
使用車両 車両愛称・形式 車種
SAL3014 EMD E6A ディーゼル機関車
SAL3003 EMD E4A ディーゼル機関車
SAL3103 EMD E4B ディーゼル機関車
SAL6051   バゲージ・ドミトリー(荷物車・乗務員車)
SAL6206   コーチ(座席車
  DELEFORD 寝台車(10セクション・4プライベートセクション)
  POPLAR ROAD 寝台車(6セクション・6ダブルベッドルーム)
  GLAN DOCHART 寝台車(6コンパートメント・3デューリュイングルーム)
  LAKE ALEXANDER 寝台車(10セクション・1デューリュイングルーム・2コンパートメント)
  LAKE TAHOE 寝台車(10セクション・1デューリュイングルーム・2コンパートメント)
  THE CITADEL 寝台車(10セクション・1デューリュイングルーム・2コンパートメント)
SAL6104   ダイニング
SAL6213   コーチ(座席車)
RF&P830   コーチ(座席車)
SAL6112   ダイニング
SAL6204   コーチ(座席車)
SAL6214   コーチ(座席車)
PRR4601   コーチ(座席車)
SAL6205   コーチ(座席車)
SAL6605   テーブン・ラウンジ・オブザベーション(展望車)

参考文献編集

  • Robert J, Wayner. Passenger Train Consists 1923-1973 Wayner Publications

外部リンク編集