メインメニューを開く

シンフォニックジャズ

シンフォニック・ジャズから転送)

シンフォニックジャズ: symphonic jazz)は、ジャズ風表現を伴う管弦楽曲や交響曲などのクラシック音楽ジャンルのひとつ[1][2]

目次

起源編集

ポール・ホワイトマン英語版楽団が1924年2月12日にニューヨークイオリアン・ホール英語版で開いた「An Experiment in Modern Music」において発表されたジョージ・ガーシュウィンの『ラプソディ・イン・ブルー』に対して、ジャーナリストが「シンフォニックジャズ」と名付けたことに由来する。ただし、ガーシュウィン自身は「Jazz Band and Piano」と呼んでいた[1][3]。また、そのアレンジはホワイトマン楽団専属の作曲・編曲家ファーディ・グローフェによってなされたものである[3]

シンフォニックジャズの浸透編集

『ラプソディ・イン・ブルー』の成功により、シンフォニックジャズといえば1920年代のホワイトマンとガーシュウィンの共同作業によってなされた作品群をさすことが多いが[2]、グローフェによる『グランド・キャニオン』もシンフォニックジャズ的作品といえる。また、モートン・グールドリロイ・アンダーソンにも作品がある[1]

逆にジャズ界からは、デューク・エリントンの『シンフォニック・エリントン』、ジョン・ルイスの『ユーロピアン・ウィンドー』などの作品があり[1]、双方の分野からの融合がみられる。

出典編集

  1. ^ a b c d 「シンフォニック・ジャズ」『新訂 標準音楽辞典 ア-テ』(堀内久美雄編) 音楽之友社、2008年
  2. ^ a b 「シンフォニック・ジャズ」『新編音楽中辞典』 音楽之友社、2002年
  3. ^ a b 「ガーシュイン」『新訂 標準音楽辞典 ア-テ』

関連項目編集