メインメニューを開く

シーサイドモーターはかつて神奈川県横浜市に存在していた輸入車ディーラーであり、SSSA (Sea Side Sports Association) のエンブレムが有名である。

かつてのランボルギーニマセラティの日本総代理店でも知られる。

目次

歴史編集

創業編集

創業者である松沢己晴 (1935年~1994年) が、学生時代に外国車販売のアルバイトを行ったことが切っ掛けだった。主に米国兵から買い取り(当然、ほとんどがアメリカ車)、それを日本人に売った。1960年頃には横浜・元町に輸入中古車ディーラー「シーサイドモーター」として開業した。

また、松沢は船橋サーキットで行われた草レースにも参戦し、生沢徹安田銀二、浮谷洸次郎(浮谷東次郎の父)などと交流を持つようになった。

自社ビル建設編集

その後事業は順調に進み、1970年代前半から神奈川区三ツ沢に10階建ての自社ビルを建設することになった。しかし、オイルショックで建材の価格が急騰し、多額の負債を抱えるようになる。

スーパーカーブーム到来編集

自社ビルが完成した後、ランボルギーニマセラティなどのイタリアンスーパーカーを販売するようになり、その後、池沢さとしの「サーキットの狼」の影響で連日ショールームの前にはカメラを持った子供達でいっぱいだった。

倒産編集

スーパーカーの知名度は上がったものの、車が非常に高価であったために売り上げが大きく伸びることはなかった。1970年代後半にはブームが過ぎ去り、景気の悪化とともに経営状態はさらに悪化。1980年、シーサイドモーターは倒産した。倒産後、客から預かっていた車を担保代わりに持っていかれるのを防ぐため、社員総出で車を返しにいったという。

関連項目編集