自動車 > スーパーカー

スーパーカー(supercar)とは、自動車カテゴリのひとつである。主に高性能、高価格で特徴的なデザインのスポーツタイプの自動車に用いられる呼称だが、厳密な定義はない。

概要編集

スーパーカーに具体的な定義は無く、広辞苑では「高出力・高性能で、特徴的なデザインスポーツカー」と説明している[1]大辞泉では「性能・美しさ・装備のよさ、価格などで並の自動車を超えた車。スポーツカーの中でも特に大型、強力で、手作りに近いもの。」と説明している[2]

定義として、最高速度やエンジンの搭載位置がミッドシップであること、2シーターであること等が挙げられる場合があるが、人によりその定義が曖昧であるため、スーパーカーか否かの議論になることがある[3]

類似する言葉として、”スーパースポーツカー[4]”やハイパーカーなどの呼称も存在しているが、これもスーパーカー同様定義は曖昧なものになっている[5]

スーパーカーという言葉を自動車メーカー自ら使用する場合もあり、フェラーリは通常モデルではなく限定モデル等にスーパーカーという呼称を使用している[6]ランボルギーニもスーパーカーという呼称を使用しているが[7]、同時にスーパースポーツという呼称も使用している[8]マクラーレンでも一部の車種をスーパーカーとしている[9]。一方でポルシェブガッティなどでは主にスーパースポーツカーという呼称を使っている[10][11]

スーパーカーと呼ばれる車種の多くが、エンジンや運動性能を優先した設計、構造になっている。そのため荷物を積むラゲッジスペースなども重量バランスを考慮し、車体の中央近くに配置することもあり、その限られたスペースのため実用性に乏しくなる場合もある[12]。座席数は2つしかないもの(2シーター)が多いが、サヴェージ・リヴァーレ・ロードヨットGTSのような4シーターであるがメーカーがスーパーカーを自称する車種も存在する[13]

量産される一般的なスポーツカーに比べ生産台数は極端に少なく、二桁の台数しか生産されていない車種もある[14]。メーカーがブランドイメージの低下を避けるため、意図的に生産台数を制限している場合もあり、フェラーリの創業者である故エンツォ・フェラーリは「求められる台数より1台少なく作る」と言ったとされ、ロードカーとして販売されたフェラーリ・エンツォフェラーリは概算の顧客350人に対して349台しか製造されなかった[15]。一方で大量生産ではコスト的に難しい特別仕様車を設定することが可能なため、パガーニ・アウトモビリのように顧客の要望に合わせたワンオフモデルを受け付けているメーカーもある[16]

スーパーカーを生産する自動車メーカーは、生産する車種の全てをスーパーカーとしている訳ではなく、フェラーリはスポーツ性能と実用性の両面を重視した4人乗りGTカーも製造しており[17]、ランボルギーニも2018年からSUVウルスを年間数千台規模で生産している[18]

そもそもスーパーカーの定義が曖昧であるが故、スポーツタイプの自動車以外にも軽自動車ダンプカーにも誇張表現として”スーパーカー”という言葉が使われる場合もある[19][20]

スーパーカーの例編集

先述の通りスーパーカーに具体的な定義はなく、車種によってスーパーカーか否かの議論がある。しかし、製造メーカー自身により”スーパーカー”や”スーパースポーツカー”と言及された車種も存在し、ここではその一例を示す。

フェラーリは、288GTOF40F50エンツォフェラーリラ フェラーリなどの車種をスーパーカーとしている[21][22]

ランボルギーニはカウンタックディアブロムルシエラゴアヴェンタドールなどをスーパーカー、またはスーパースポーツカーとしている[23][24][25][26]

ポルシェは 911ターボ959911 GT1カレラGTなどの車種をスーパースポーツカーとしている[27]

この他ではケーニグセグ・CCXパガーニ・ゾンダマクラーレン・F1レクサス・LFA等の車種がメーカーによりスーパーカーと言及されている[28][29][30][31]

モータースポーツ編集

 
世界ラリークロス選手権の"スーパーカー"

モータースポーツで使用されるレーシングカーもスーパーカーと呼称される場合があり、日本では2014年からグループGT3の車両をメインカテゴリとするスーパーカーレースシリーズが開催されていた[32]

オーストラリアではスーパーカーズ選手権(旧称"V8スーパーカー")というツーリングカーレースが存在する[33]

また、世界ラリークロス選手権ではトップカテゴリー・クラスの車両をスーパーカーと呼称していた[34]

日本におけるスーパーカー事情編集

1970年代のスーパーカーブーム編集

日本では、1975年1月から週刊少年ジャンプで連載された、池沢さとしの漫画『サーキットの狼』などの影響で、当時の子供たちを中心にスーパーカーの一大ブーム、所謂”スーパーカーブーム”が巻き起こった。その中でも代表的な車種として、ランボルギーニ・カウンタックやフェラーリ・512BB、ポルシェ・911ターボ、ロータス・ヨーロッパランチア・ストラトスなどが人気の存在だった[35]

 
スーパーカー消しゴム

ブーム当時の日本では、車の購買層ではない低年齢層へのプロモーションとして、清涼飲料水の瓶の王冠 の裏に車が描かれていたり、プラモデルや下敷き、筆箱、メンコ、スーパーカーの排気音だけを収録したレコードなど、数多くのスーパーカーに関連付けた商品が発売された。中でも人気を誇ったのがスーパーカー消しゴムと呼ばれるプラスチック製のミニチュアで、消しゴムという商品名ゆえ学校に持ち込んで遊ぶ生徒も多くいた[36][3]

テレビでもブームに便乗した番組が製作され、1977年の夏から東京12チャンネル(現テレビ東京)で、スーパーカーに関するクイズ番組『対決!スーパーカークイズ』が放送された。ブームは過熱を見せ、全国各地においてスーパーカーの展示会が行われた。1977年春に東京・晴海で行われたスーパーカーショー「スーパーカー・世界の名車コレクション77」では、4日間で46万人もの来場者があったといわれ、各メディアによってその人気が報じられた[3]。同年7月には同じく晴海で「ラ・カロッツェリア・イタリアーナ'77」というイベントが開催され、各国のカロッツェリアにより多くのコンセプトカーが展示された[37]

当時はスーパーカー見たさに販売店に通ったり、大通りでカメラを持って待ち構える子供たちなどが出現した。シーサイドモーターなどの有名なスーパーカーショップでも、休日になるとカメラを持った子供たちが押し寄せてたという[3]

しかし、1977年後半になるとブームは沈静化を見せ、スーパーカーショーの入場者は次第に減っていった。サーキットの狼の連載は1979年に終了し、スーパーカーショップのシーサイドモーターは1980年に倒産してしまった[35]

バブル期のスーパーカーブーム編集

1970年代のスーパーカーブームから10年ほどたった1980年代末、日本は空前のバブル景気に突入する。スーパーカーは不動産と同じく投機目的で購入され、プレミア価格で転売される状況が起こった。例として、新車価格が4500万円のフェラーリ・F40は、一時期2億5000万円まで価格が高騰した[3]

この時期におけるブームは”第二次スーパーカーブーム”とも呼ばれ、1970年代のブームが子供中心だったのに対し、バブル期のブームは商売目的の大人が中心となった[3]

バブル景気中の日本企業もスーパーカーに興味を持ち、ヤマハはF1用のエンジンを搭載した「OX99-11」を、ワコールの出資で設立されたジオット・デザインは童夢が開発を行った「ジオット・キャスピタ」を発表するに至った[38][39]

このブームは1990年代のバブル崩壊と同時に終わることとなる。スーパーカーを販売する自動車メーカーには注文のキャンセルが相次ぎ、上記のOX99-11とジオット・キャスピタも販売計画が撤回され、市販される事は無かった[38][39]

脚注編集

出典編集

  1. ^ 広辞苑第六版【スーパーカー】
  2. ^ 大辞泉【スーパーカー】
  3. ^ a b c d e f 『伝説の「スーパーカー」がよくわかる本』PHP研究所、2010年。ISBN 978-4569673073 
  4. ^ ポルシェのスーパースポーツカー”. porsche. 2021年12月19日閲覧。
  5. ^ 「ハイパーカー」と「スーパーカー」その線引きは?”. マイナビ. 2021年12月19日閲覧。
  6. ^ ENZO FERRARI”. ferrari. 2021年12月19日閲覧。
  7. ^ LAMBORGHINI MIURA SV: THE ICONIC SUPERCAR TURNS 50”. lamborghini. 2021年12月19日閲覧。
  8. ^ Lamborghini Countach LPI 800-4”. lamborghini. 2021年12月19日閲覧。
  9. ^ F1”. mclaren. 2021年12月19日閲覧。
  10. ^ ポルシェのスーパースポーツカー”. porsche. 2021年12月19日閲覧。
  11. ^ BUGATTI EB110, VEYRON, CHIRON THE TRILOGY OF MODERN BUGATTI”. bugatti. 2021年12月19日閲覧。
  12. ^ 荷物の積み方が予想外過ぎる!? 変わった場所に荷室があるクルマとは”. くるまのニュース. 2021年12月19日閲覧。
  13. ^ ROADYACHT GTS”. savagerivale. 2021年12月19日閲覧。
  14. ^ 価格は2億5千万円? メルセデス・ベンツ「CLK-GTR」とはどんなクルマ?”. くるまのニュース. 2021年12月19日閲覧。
  15. ^ 【読者の質問】『FX』改め『エンツォ・フェラーリ』の販売台数”. response. 2021年12月19日閲覧。
  16. ^ 完成まで2年以上を費やしたワンオフモデル「パガーニ ゾンダ キリュウ」とは?”. genroq. 2021年12月19日閲覧。
  17. ^ フェラーリ GTC4ルッソ、4WD・4シーターを採用した異端モデルの実用性とは?”. genroq. 2021年12月19日閲覧。
  18. ^ デビュー4周年を迎えたウルス、ランボルギーニ史上最多販売台数を更新中”. genroq. 2021年12月19日閲覧。
  19. ^ ホンダ最小のスーパーカー! 新型「S660」超豪華仕様とは”. くるまのニュース. 2021年12月19日閲覧。
  20. ^ 世界一遅いスーパーカーをドライブ…レッドブル×キャタピラーがコラボ”. response. 2021年12月19日閲覧。
  21. ^ ENZO FERRARI”. ferrari. 2021年12月22日閲覧。
  22. ^ LAFERRARI APERTA”. ferrari. 2021年12月31日閲覧。
  23. ^ Lamborghini Countach LPI 800-4”. lamborghini. 2021年12月22日閲覧。
  24. ^ A DREAM COME TRUE.”. lamborghini. 2021年12月22日閲覧。
  25. ^ COUPÉ POWER AND INNOVATION.”. lamborghini. 2021年12月22日閲覧。
  26. ^ RELENTLESS FORCE”. lamborghini. 2021年12月22日閲覧。
  27. ^ ポルシェのスーパースポーツカー”. porsche. 2021年12月22日閲覧。
  28. ^ CCXR”. koenigsegg. 2021年12月22日閲覧。
  29. ^ ZONDA F”. pagani. 2021年12月22日閲覧。
  30. ^ F1”. mclaren. 2021年12月22日閲覧。
  31. ^ LFA TECHNOLOGY FEATURES”. lexus. 2021年12月22日閲覧。
  32. ^ スーパーカーレースがまさに“スーパー”に!? GT3車両のBoP撤廃を発表”. autosport. 2021年12月22日閲覧。
  33. ^ 豪州SC:2021年暫定カレンダーが発表。“開幕戦”バサーストを含む全12戦を予定”. autosport. 2021年12月22日閲覧。
  34. ^ WorldRX最後の内燃機関シーズンとなる2021年改訂版カレンダーを発表。RX2eも6戦で併催”. autosport. 2021年12月22日閲覧。
  35. ^ a b 第101回:スーパーカーの熱狂 子供たちが夢中になった“未来のクルマ””. webCG. 2022年4月29日閲覧。
  36. ^ カウンタックにロータスヨーロッパ。カー消しに王冠。あの頃の「スーパーカーブーム」とは”. VAGUE. 2022年4月29日閲覧。
  37. ^ オタクでも知らない車種ばかり! マニアック過ぎるスーパーカーの祭典「ラ・カロッツェリア・イタリアーナ ’77」とは”. Auto Messe Web. 2022年4月29日閲覧。
  38. ^ a b 【スーパーカー年代記 054】ジオット キャスピタはF1エンジンを搭載した日本の超スーパーカーを目指した”. Webモーターマガジン. 2022年4月29日閲覧。
  39. ^ a b 【スーパーカー年代記 055】「OX99-11」はヤマハが技術の粋を集めて市販を目指したタンデムのスーパーカー”. Webモーターマガジン. 2022年4月29日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集