シー・ガード(Sea Guard)は、スイスエリコン・コントラヴェスが開発したCIWSで、トルコ海軍フリゲートに装備されている。

シー・ガード
Seaguard.jpg
フリゲート「ユルドゥルム」に装備されたシー・ガード CIWSのシー・ゼニス機関砲
種類 近接防御火器システム
運用史
配備期間 1986年-現在
配備先 採用国と装備艦艇を参照
開発史
開発者 エリコン・コントラヴェス
開発期間 1977年
諸元
重量 5,450 kg

砲弾 25x184 mm
口径 25 mm
銃砲身 4本
仰角 -14度 - +127度
旋回角 360度
発射速度 毎分3,400発
初速 1,335 m/s
最大射程 2,000m
テンプレートを表示

概要編集

本システムは1977年に開発が開始され、1982年試作機完成、1985年に標的への実射試験に成功し、1986年トルコ海軍に採用された。

92口径エリコン KBB 25mm機関砲を4連装にして搭載したマウントはシー・ゼニス(Sea Zenith)と呼ばれ、重量5.45tで目標への追随性を上げるため、軸を斜めにして後ろに傾けたような特異な形状をしている。

レーダーFCSはマウントには搭載されておらず、別個に艦に設置されている分離型CIWSである。

現在、採用はトルコ海軍のみに留まっている。

採用国と装備艦艇編集

  トルコ海軍

参考文献編集

  • 海人社『世界の艦船 別冊 艦載兵器ハンドブック 改訂第2版』2002年1月
  • 海人社『世界の艦船』1991年11月号 No.443
  • 海人社『世界の艦船』2003年4月号 No.609

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、シー・ガードに関するカテゴリがあります。