メインメニューを開く

ジェラルディン・フィッツジェラルド

ジェラルディン・フィッツジェラルドGeraldine Fitzgerald, 1913年11月24日 - 2005年7月17日)は、アイルランド出身の女優

ジェラルディン・フィッツジェラルド
Geraldine Fitzgerald
Geraldine Fitzgerald
生年月日 (1913-11-24) 1913年11月24日
没年月日 (2005-07-17) 2005年7月17日(91歳没)
出生地 イギリスの旗 連合王国 アイルランドの旗 アイルランドウィックロー州 グレイストーンズ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
国籍 アイルランドの旗 アイルランド
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
配偶者 Edward Lindsay-Hogg (1936-1946)
Stuart Scheftel (1946-1994)
著名な家族 タラ・フィッツジェラルド

目次

略歴編集

生まれはアイルランド・ダブリンの南にあるウィックロー州グレイストーンズ。おばのセイラ・リチャーズが女優をしていた影響で、1932年に地元ダブリンの劇場で女優人生を歩み始めた。1934年にロンドンに移り、イギリス映画に出演した。すぐさまイギリス映画界で一番有望な若手女優となる。この時期の一番の成功作は『フロス河畔の水車場』(1937年)。

ワーナー・ブラザースの『ラインの監視』(1943年)と20世紀フォックスの『ウィルソン』(1944年)に出演するが、頻繁にスタジオのマネジメントと意見がぶつかったり、その結果として仕事をもらえなくなったりと、順調に進まなかった。1940年代には精力的に仕事を続けたが、どんどん小さな役しか与えられなくなっていき、女優としての勢いを失い始めた。1946年にハリウッドを去り、ニューヨークで百貨店オーナーのイジドア・ストラウスの孫スチュアート・ストラウスと結婚した。映画『So Evil My Love』(1948年)のためにイギリスに戻るが、アルコール使用障害の浮気者という役に対して激しい批評を受けた。1951年に『The Late Edwina Black』に出演したあと、再びアメリカに渡った。

1950年代には映画に出演する機会がほとんどなかったが、1960年代には性格女優としての存在感を示し、人気を回復した。この時期の作品には、『ズール族の襲撃』(1961年)、『質屋』(1964年)、『レーチェル レーチェル』(1968年)がある。後期の作品には、オーストラリア映画協会の最優秀女優賞にノミネートされた『The Mango Tree』(1977年)、『ミスター・アーサー』(1981年)、『ポルターガイスト2』(1986年)がある。

1940年代から舞台に出ることが増えていき、1971年の『夜への長い旅路』の再演で高い評価を得た。また、舞台演出家としても成功した。ブロードウェイでの業績のひとつとして、1982年に『Mass Appeal』の上演でトニー賞にノミネートされたことが挙げられる。女性演出家でノミネートされた最初期の例である。

『アルフレッド・ヒッチコック劇場』や『ロバート・モンゴメリー・プレゼンツ』、『ネイキッド・シティ』、『セント・エルスウェア』、『女刑事キャグニー&レイシー』など、テレビにも頻繁に出演した。1989年には『ゴールデン・ガールズ』のゲスト役でエミー賞にノミネートされた。バーブラ・ストライサンド製作による自分のテレビシリーズ『マーベル・アンド・マックス』のパイロット版に主演するが、成功しなかった。

1990年、『Streetsongs』というショーでキャバレー歌手としての活動をはじめた。このショーは、ブロードウェイで3回の公演が成功し、アメリカのPBSテレビで特別番組が作られた。

テレビへの貢献によってハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに認められた。場所はハリウッド大通り6353である。

2005年7月17日、ニューヨーク市マンハッタン区で死去。91歳。アルツハイマー型痴呆を患い、長い闘病生活を送っていた。

2人の子供がおり、娘のスーザンと、息子にマイケル・リンゼイ=ホッグがいる。マイケルは映画『ビートルズ レット・イット・ビー』などの監督として知られる。また、彼女は女優タラ・フィッツジェラルドの大叔母である。いとこに『渚にて』で知られる作家ネビル・シュートがいる。

受賞歴編集

アカデミー賞編集

ノミネート
1940年 アカデミー助演女優賞:『嵐が丘

外部リンク編集