ジェームズ・クレイグ・ワトソン

ジェームズ・クレイグ・ワトソン

ジェームズ・クレイグ・ワトソン(James Craig Watson、1838年1月28日 - 1880年11月22日)はカナダオンタリオ州に生まれ、カナダとアメリカで活動した天文学者

ワトソンの家族は1850年にミシガン州アナーバーに転居した。

15歳のときミシガン大学に合格。古代言語を専攻した。また、フランツ・ブリュヌーンに天文学の講義を受ける[1]

この後、フランツ・ブリュヌーンに代わりデトロイト天文台の第2代所長となった。1868年には『天文理論』という本も書いている。

ワトソンは79番小惑星エウリノーメをはじめとして22の小惑星を発見している。そのうち一つは瑞華であり、北京で発見した。命名は中国当局の発案である[2]

ワトソンは、水星より太陽の近くを廻る惑星「バルカン惑星」の存在を信じていたが、今日ではそのような天体がないことが知られている。彼は1878年7月ワイオミング州で日食の際に2つのバルカン惑星を観測できたと信じていた。

1880年、腹膜炎のため42歳で死去した。天文学以外の分野で非常に儲け、その財産でジェームズ・クレイグ・ワトソン・メダルを設立し、3年ごとに天文学者に全米科学アカデミーで賞与されるように寄付している。

小惑星(829)のワトソニアは、ワトソンにちなんで名づけられた。

参考文献編集

  1. ^ Hinsdale, Burke (1906). History of the University of Michigan. Ann Arbor, MI: University of Michigan. pp. 235–236. 
  2. ^ Linda T. Elkins-Tanton - Asteroids, Meteorites, and Comets (2010) - Page 96 (Google Books)
  • Richard Baum and William Sheehan (1997). In Search of Planet Vulcan, The Ghost in Newton's Clockwork Machine. ISBN 978-0-306-45567-4.