ジェームズ・ブラッドリー

ジェームズ・ブラッドリー(James Bradley, 1693年3月 - 1762年7月13日[1])は、イギリス天文学者エドモンド・ハリーの後任としてグリニッジ天文台の第3代台長を務めた[1]光行差章動を発見した業績でも知られる[1]

ジェームズ・ブラッドリー
(James Bradley)
James Bradley by Thomas Hudson.jpg
James Bradley
生誕 1693年
イギリスの旗 イギリスグロスターシャー
死没 1762年7月13日
国籍 イギリスの旗 イギリス
研究分野 天文学
研究機関 オックスフォード大学
グリニッジ天文台
出身校 オックスフォード大学
主な業績 光行差の発見
章動の発見
位置天文学の基礎作り
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

生涯編集

グロスターシャー生まれ。1711年からオックスフォード大学ベイリオル・カレッジに学ぶ。1718年には王立協会フェローに選ばれる[1]。翌年牧師となったが、1721年にオックスフォード大学のサヴィル教授職に指名され教会を辞めた。1742年エドモンド・ハリーの後任として王室天文官(すなわちグリニッジ天文台長)に任命された。

最も有名な彼の業績は1728年の光行差の発見である。1725年よりロンドン郊外に望遠鏡を設置し、りゅう座γ星ロンドンの天頂を通過する)を観測し続けた。ブラッドリーはこの星の赤緯変化から年周視差を発見できると期待していたが、測定結果は光行差の存在を示すものだった。またこの結果から光速度を約301,000km/sと計算した。

1748年、ブラッドリーは、現在では「主要章動」と呼ばれる18.6年周期の章動を発見した[2]。これは、光行差の検証のために1727年から1747年にかけて20年間りゅう座γ星の観測を続けてきた副産物であった[2]。また長年に渡って精密な観測を続け星表を出版し、位置天文学の基礎を作った[3]

彼の功績を称えて、小惑星 (2634) ジェームズ・ブラッドリーが彼の名を取り命名されている。

出典編集

  1. ^ a b c d "Bradley; James (1693 - 1762)". Past Fellows (英語). The Royal Society. 2020年7月14日閲覧
  2. ^ a b “I. A letter to the Right honourable George Earl of Macclesfield concerning an apparent motion observed in some of the fixed stars; by James Bradley D. D. F. R. S”. Philosophical Transactions of the Royal Society of London 45 (485): 1-41. (1997). doi:10.1098/rstl.1748.0002. ISSN 0261-0523. 
  3. ^ ヨアヒム・ヘルマン『カラー天文百科』小平桂一 監修、平凡社、1976年3月25日、初版第1刷、324頁。NCID BN02236524
先代:
エドモンド・ハリー
グリニッジ天文台長
1742年 - 1762年
次代:
ナサニエル・ブリス