ジェームズ・ボンドを夢見た男

ジェームズ・ボンドを夢見た男』(ジェームズ・ボンドをゆめみたおとこ、Fleming: The Man Who Would Be Bond)は、2014年にBBCアメリカで放送されたテレビミニシリーズ。人気スパイ小説シリーズ「007」の生みの親である作家イアン・フレミングの軍隊時代を描いている。全4話が、まず米国で2014年1月29日から、続いて同年2月12日から英国で放送された[1][2]。俳優ドミニク・クーパーがフレミングを[3]ララ・パルヴァーがフレミングの恋の相手アン・オニールを演じる[2]。共演はアナベル・ウォーリスレスリー・マンヴィルアンナ・チャンセラー英語版サミュエル・ウェストルパート・エヴァンスカミーラ・ラザフォード英語版[4]

ジェームズ・ボンドを夢見た男
別名 Fleming: The Man Who Would Be Bond
脚本 ジョン・ブラウンロウ
ドン・マクファーソン
監督 マット・ホワイトクロス英語版
出演者 ドミニク・クーパー
ララ・パルヴァー
国・地域 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
話数 4
製作
プロデューサー ダグラス・レイ英語版
サラ・カーティス
製作 Ecosse Films
配給 BBCワールドワイド
放送
放送チャンネルBBCアメリカ
Sky Atlantic
放送期間2014年1月29日 (2014-01-29) - 2014年2月19日 (2014-2-19)
公式ウェブサイト
日本での放送
放送チャンネル WOWOW
放送期間 2014年5月6日 (2014-05-06) - 2014年5月6日 (2014-5-6)
テンプレートを表示

日本では2014年5月6日にWOWOWで全4話が一挙放送された[5][6]

ストーリー編集

イアン・フレミングが1939年に英海軍情報部英語版(NID)に勤務し、スパイとして活動するようになってから、第二次世界大戦の終結直前に引退するまでを中心に、後に妻となる女性アンとの関係や他の女性との恋愛遍歴、母親との確執などを絡めて描く。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

エピソード編集

邦題
原題
演出 脚本 初放送日
1"スパイの資質"
"Episode 1"
マット・ホワイトクロスジョン・ブラウンロウ & ドン・マクファーソン2014年1月29日 (2014-01-29)
2"愛はすべてを越えて"
"Episode 2"
マット・ホワイトクロスジョン・ブラウンロウ & ドン・マクファーソン2014年2月5日 (2014-02-05)
3"剥奪された許可証"
"Episode 3"
マット・ホワイトクロスジョン・ブラウンロウ & ドン・マクファーソン2014年2月12日 (2014-02-12)
4"ボンドは永遠に"
"Episode 4"
マット・ホワイトクロスジョン・ブラウンロウ & ドン・マクファーソン2014年2月19日 (2014-02-19)

作品の評価編集

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「ドミニク・クーパーはイアン・フレミングをきちんと演じているが、『ジェームズ・ボンドを夢見た男』はその作家に対する新たな見方を提示しておらず、一般的な伝記物のアプローチに甘んじている。」であり、23件の評論のうち高評価は57%にあたる13件で、平均して10点満点中5.84点を得ている[7]Metacriticによれば、22件の評論のうち、高評価は10件、賛否混在は11件、低評価は1件で、平均して100点満点中62点を得ている[8]

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集