ジェームズ・マラペ

ジェームズ・マラペ: James Marape1971年4月24日 - )は、パプアニューギニアの政治家。現首相。

ジェームズ・マラペ
Marape 190614 Haus Lotu (2) (cropped).jpg
2019年6月
第8代 パプアニューギニア首相
就任
2019年5月30日
君主 エリザベス2世
総督 ボブ・ダダエ
代理官 デービス・スティーブン
前任者 ピーター・オニール
財務相
任期
2012年 – 2019年4月11日
首相 ピーター・オニール
前任者 パトリック・プライッチ
後任者 サム・バシル
教育相
任期
2008年12月16日 – 2011年8月2日
首相 マイケル・ソマレ
国会議員
就任
2007年
前任者 トム・トミアペ
選挙区 タリポリ選挙区
個人情報
生誕 (1971-04-24) 1971年4月24日(49歳)
国籍 パプアニューギニア
政党 パング党(2019年 - )
協力政党 人民国民会議 (2012年 – 2019年)
国民同盟党 (2007年)
人民進歩党 (2002年)
配偶者 レイチェル・マラペ
子供 6人
出身校 パプアニューギニア大学

経歴編集

 
2012年、アメリカの政治家マイク・ホンダ

国内最大の民族集団であるフリ人の出身[1]。父はセブンスデー・アドベンチスト教会の牧師であった[2]

パプアニューギニア高地地方にあるミンジ小学校とカビウファ・アドベンチスト派中学校で学んだ後、1993年にパプアニューギニア大学を卒業。2000年には大学院の環境科学研究科を修了した[3]。2001年から2006年まで、人事局の政策室長補佐を務めた[4]

2002年、ヘラ州のタリポリ選挙区から人民進歩党の候補として初めて総選挙に立候補した。しかし、広範な暴力行為がみられたため、選挙は中止となった[5][6]。2003年に補欠選挙が行われたが、このときは現職に敗れた[7][8]。マラペは選挙結果紛争裁判所に異議を申し立てたが、一審・二審ともに却下された[9][10]

2007年の総選挙では国民同盟党から立候補し、現職候補を破って当選した[11][12]。国会議員に就任したマラペは、首相のマイケル・ソマレから労働・交通・民間航空担当の政務次官に任命された[13]。2008年には教育相に抜てきされ、2011年まで務めた。2012年2月に国民同盟党を離党し、人民国民会議に加わった[4]

2012年の総選挙でタリポリ選挙区から再選された後は、ピーター・オニール内閣で財務相を務めた[14]。2017年の総選挙でも、人民国民会議から立候補し再選された[15]

2019年4月11日、財務相を辞任した。人民国民会議と政府には残ると公言したが、4月29日には同党からも離党した[16]。後任の財務相にはサム・バシルが4月18日に就任した[17]

2019年5月に入ると、首相のオニールの後継として、マラペの名が取りざたされ始めた[18]。オニールは5月29日に首相を辞任したが、その翌日にマラペは首相に選出され、同日宣誓式が執り行われた[19]。宣誓式において、マラペはパプアニューギニアを「世界一豊かな、肌の色の黒いキリスト教徒の国」にしたいと述べた[20]

人物編集

東セピック州出身のラファエル・マラペと結婚しており、6人の子どもがいる[21][22]

脚注編集

  1. ^ Armbruster, Stefan (2019年5月31日). “Who is James Marape, 8th PM of PNG?”. Special Broadcasting Service. オリジナルの2015年6月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190601211750/https://www.sbs.com.au/news/who-is-james-marape-8th-pm-of-png 2019年6月1日閲覧。 
  2. ^ “New Papua New Guinea leader a wildcard in Pacific power play” (英語). Reuters. (2019年6月2日). https://uk.reuters.com/article/uk-papua-politics-idUKKCN1T30RT 2019年6月28日閲覧。 
  3. ^ Hon. James Marape, MP - Ninth Parliament of Papua New Guinea”. www.parliament.gov.pg. 2019年5月31日閲覧。
  4. ^ a b Hon. James Marape, MP - Tenth Parliament of Papua New Guinea”. www.parliament.gov.pg. 2019年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月29日閲覧。
  5. ^ Bunpalau, Wesley. "PPP names 78 for poll". Papua New Guinea Post-Courier, March 28, 2002.
  6. ^ Rheeney, Alex. "SHP candidates urged to await new elections". Papua New Guinea Post-Courier, August 12, 2002.
  7. ^ "Tomiape wins Tari-Pori seat". Papua New Guinea Post-Courier, May 5, 2003.
  8. ^ "Death threat and bashing for election official". New Zealand Herald, May 5, 2003.
  9. ^ "Tari-Pori petition thrown out". Papua New Guinea Post-Courier, October 25, 2004.
  10. ^ "Court dismisses bid to re-open petition". Papua New Guinea Post-Courier, May 3, 2007.
  11. ^ "Election losers, supporters urged to accept defeat". The National, August 8, 2007.
  12. ^ "NA's Marape leading in Tari Open count". The National, July 19, 2007.
  13. ^ "Papua New Guinea premier names vice-ministers". The National, August 30, 2007.
  14. ^ Marape is the Happiest Dad”. postcourier.com.pg. PNG Post-Courier Online (2012年7月17日). 2013年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月30日閲覧。 “Re-elected for a second term, Tari-Pori MP James Marape slipped into Port Moresby after being declared at 2pm in Tari.”
  15. ^ “Well done dad”. The National. (2017年7月10日). http://www.thenational.com.pg/well-done-dad/ 2017年7月10日閲覧。 
  16. ^ James Marape resigns as finance minister” (英語). Papua New Guinea Post-Courier (2019年4月11日). 2019年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月29日閲覧。
  17. ^ Basil replaces Marape as new Finance Minister” (英語). Papua New Guinea Post-Courier (2019年4月18日). 2019年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月29日閲覧。
  18. ^ James Marape nominated as PNG's alternative PM” (英語). RNZ (2019年5月7日). 2019年5月29日閲覧。
  19. ^ Lyons, Kate (2019年5月30日). “Papua New Guinea MPs elect James Marape to be next prime minister” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/world/2019/may/30/papua-new-guinea-james-marape-next-prime-minister 2019年5月30日閲覧。 
  20. ^ Papua New Guinea sets audacious goal to become 'richest black Christian nation The National Retrieved July 15, 2019
  21. ^ Zarriga, Miriam (2019年5月30日). “First Lady Rachael Steps Into Focus”. Papua New Guinea Post-Courier. オリジナルの2019年5月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190530153319/https://postcourier.com.pg/first-lady-rachael-steps-focus/ 2019年6月1日閲覧。 
  22. ^ Tarawa, Helen (2019年5月31日). “Marape's wife vows to support husband”. The National (Papua New Guinea). オリジナルの2019年5月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190601210748/https://www.thenational.com.pg/marapes-wife-vows-to-support-husband/ 2019年6月1日閲覧。 


官職
先代:
ピーター・オニール
パプアニューギニアの首相
2019年 -
現職