ジャウメ・プレンサ

スペインの現代美術家・彫刻家

ジャウメ・プレンサカタルーニャ語: Jaume Plensaカタルーニャ語発音: [ˈʒawmə ˈplɛnsə]1955年 - )は、スペインバルセロナ出身の現代美術家彫刻家[1]

ジャウメ・プレンサ
O Jaume Plensa - Premi Atlàntida (cropped).jpg
生誕1955年
バルセロナ
教育ジョッチャ学校英語版
著名な実績現代美術家彫刻家

経歴編集

1955年にカタルーニャ地方バルセロナに生まれ、ジョッチャ学校英語版卒業後には独学で美術を学んだ。

2004年にはアメリカ合衆国シカゴミレニアム・パークパブリックアートとして『クラウン・ファウンテン英語版』が設置された[2]

2010年に日本で開催された瀬戸内国際芸術祭では、瀬戸内海に浮かぶ男木島の定期船待合所「男木島の魂」を設計した[3]

2014年には東京都港区虎ノ門ヒルズに大型彫刻作品「ルーツ」が設置された[3]

受賞・受章編集

作品編集

脚注編集

外部リンク編集