メインメニューを開く
ジャクリーヌ・パスカル

ジャクリーヌ・パスカル(Jacqueline Pascal、1625年10月4日 - 1661年10月4日)は、フランス詩人修道女。哲学者ブレーズ・パスカルの妹。幼い頃から詩作に耽り、称賛を得ていた。1653年ポール・ロワイヤル修道院に入る。兄ブレーズとは非常に仲が良く、ブレーズがこの世で一番愛していた者だったともいう[1]

脚注編集