ジャック2世 (ラ・マルシュ伯)

ジャック2世・ド・ブルボン(ジャック2せい・ド・ブルボン、フランス語:Jacques II de Bourbon, 1370年 - 1438年9月24日)は、ラ・マルシュ伯(在位:1393年 - 1438年)。1396年にニコポリスの戦いで捕虜となり、後に身代金を要求された。1403年、ジャック2世はイングランド本土への攻撃を主導し、プリマスを焼き払った。1415年にナポリ女王ジョヴァンナ2世と結婚したが評判が悪く、幽閉された後、1419年にナポリ王国から追放された。1435年に伯位を放棄し修道士となり、1438年に死去した。

ジャック2世
Jacques II
ラ・マルシュ伯
Joan II of Naples jamesII of Bourbon.jpg
ジャック2世(右)と2番目の妃ジョヴァンナ2世(15世紀につくられたステンドグラス)
在位 1393年 - 1435年

出生 1370年
死去 1438年9月24日
帝国自由都市ブザンソン
配偶者 ベアトリス・ド・ナヴァール
  ナポリ女王ジョヴァンナ2世
子女 エレオノール
イザベル
マリー
家名 ブルボン家
父親 ラ・マルシュ伯ジャン1世
母親 ヴァンドーム女伯カトリーヌ
テンプレートを表示
ジャック2世の紋章

生涯編集

ラ・マルシュ伯ジャン1世とヴァンドーム女伯カトリーヌの長男として1370年に生まれた[1]。ジャック2世はニコポリスの戦いで初陣を飾ったが[2]、捕虜となり身代金を要求された[3]。フランスに戻った後、オワイン・グリンドゥールを支援するため、イングランド侵攻軍の指揮を執った。ジャック2世の軍は1403年にプリマスを焼き払ったが[4]、嵐の中で12艘の艦隊の船を失い、1404年にフランスに戻った。

ジャック2世はブルゴーニュ公ジャン無畏公を支持し、アルマニャック派と対立した。しかし、ジャック2世のフランスでの活動は、海外に滞在している間中断された。1415年、ナポリ王国の貴族らはジャック2世とナポリ女王ジョヴァンナ2世との結婚を準備した[5]。ジャックには、女王のお気に入りパンドルフォ・アロポとムーツィオ・アッテンドロ・スフォルツァの力をそぐことが期待された。ジャックに王位は与えられなかったが、司令官代理、カラブリア公およびターラント公とされた[5]。ジャックはアロポを処刑、スフォルツァを投獄し、さらに女王を監禁して自身による単独統治を求めた[5]。しかしこれに憤慨した貴族らは、1416年にジャックを捕らえ投獄した。そこでジャックはスフォルツァを解放し、王権から退くことを余儀なくされ、1419年にナポリ王国から追放された[5]

フランスに戻った後、ジャックは1428年にフランス王シャルル7世のためにイングランド軍と戦い、ラングドックの総督に任ぜられた。

1435年、ジャックは退位しフランシスコ会の修道士となり、1438年に死去した。

結婚と子女編集

1406年パンプローナナバラ王カルロス3世レオノール・デ・カスティーリャの娘ベアトリスと結婚した[6]。2人の間には3女が生まれた。

1415年、ジャック2世はナポリ女王ジョヴァンナ2世と結婚した[7]。2人の間に子供はいなかった。

脚注編集

  1. ^ a b Potter 1995, p. 376.
  2. ^ Setton 1976, p. 345.
  3. ^ Runciman 1999, p. 460-461.
  4. ^ McFarlane 1964, p. 365.
  5. ^ a b c d Armstrong 1964, p. 163.
  6. ^ Woodacre 2013, p. 86.
  7. ^ Woodacre 2013, p. 91.

参考文献編集

  • Armstrong, Edward (1964). “The Papacy and Naples in the Fifteenth Century”. The Cambridge Medieval History. VIII. Cambridge at the University Press 
  • McFarlane, K.B. (1964). “England: The Lancastrian Kings, 1399-1461”. The Cambridge Medieval History. VIII. Cambridge University Press 
  • Potter, David (1995). Keen, Maurice. ed. A History of France, 1460–1560: The Emergence of a Nation State. Macmillan 
  • Runciman, Steven (1999). A History of the Crusades. III: The Kingdom of Acre and the Later Crusades. Cambridge University Press 
  • Setton, Kenneth Meyer (1976). The Papacy and the Levant, 1204-1571: The Thirteenth and Fourteenth Centuries. I. American Philosophical Society 
  • Woodacre, Elena (2013). The Queens Regnant of Navarre: Succession, Politics, and Partnership, 1274-1512. Palgrave Macmillan 
先代
ジャン1世
ラ・マルシュ伯
1393年 - 1435年
次代
エレオノール
先代
ジャン1世
カトリーヌ・ド・ヴァンドーム
カストル伯
1393年 - 1435年
(カトリーヌ・ド・ヴァンドームと共治)
次代
エレオノール
先代
ラディズラーオ1世
ターラント公
1414年 - 1420年
次代
ジョヴァンニ・アントニオ・オルシーニ・デル・バルツォ