メインメニューを開く

地理編集

位置編集

 
« Petite Couronne » の地図上で、赤く示されているのがジャンティイ。

パリに隣接し、プティト・クロンヌ(小さな王冠の意。パリを取り囲むオー=ド=セーヌ県セーヌ=サン=ドニ県及びヴァル=ド=マルヌ県のこと。)内にある。

隣接自治体編集

地形編集

暗渠化されたビエーヴル川がコミューン内を横切る。

歴史編集

Gentiliacumという村の名が伝えられたのは7世紀、聖ウアンの手による聖エロワの生涯伝の中においてである[1]。王領として存在が知られたのは6世紀であり、13世紀終わりにはジャンティイの名が表れた。中世の間、いくつもの修道院や荘園として分割・領有され、領主が交替した。

17世紀、パリ左岸地区へ水を供給するためメディシス水道が築かれた。現在もフレンヌライ=レ=ローズカシャンアルクイユ、ジャンティイに残っている。

19世紀、ビエーヴル川沿いに強力に産業革命が推し進められた。洗濯や皮なめしの工場が急速にできた。工業化と都市化が急激に進み、粗悪な住宅が建設され、ビエーヴル川は極端に汚染された。第二次世界大戦まで、労働階級人口の3/4が標準以下の住宅に住むという悲惨な状態であった。 1860年、ティエールの城壁内のメゾン・ブランシュ地区及びグラシエール地区がパリに併合される。 1897年、ル・クレムラン=ビセートルがジャンティイから分離独立して新たなコミューンとなる。

1925年、ティエールの城壁外縁部のラ・ゾーヌと呼ばれる地帯がパリに併合され、国際大学都市用地とされた。 1950年代より、現代的な住宅が出現し、都市人口の過密化を招いた。

建物編集

交通編集

RER  B線ジャンティイ駅
トラム (パリ) 3号線

出身者編集

脚注編集

  1. ^ Dictionnaire historique des environs de Paris du docteur Ermete Pierotti