ジャン・ル・メートル

ジャン・ル・メートル(Jean LeMaitre)は、中世フランスの大審問官代理。資料によってはジャン・ル・メイトスの表記もある。百年戦争で活躍したジャンヌ・ダルク異端審問裁判において、名義上の裁判長となる。

異端審問裁判編集

当時のフランス大審問官ジャン・グラウランは他の異端裁判で出張中だったので、グラウランの代理としてルーアンのドミニカ派の神学士候補生だった彼を任命した。

が、彼はこの裁判の法的正当性に疑いを抱いていたらしく、代理裁判長ピエール・コーション司教に対して「良心に反することはしたくない」と話した。また、ジャンヌを拷問することに関しても反対した。

その後、彼は予審の席に、ほとんど出席しなくなり、正式な裁判でも沈黙を守っているが、裁判を拒否することまではしなかった。

ジャンヌの異端審問裁判が終結した後、彼はルーアンのドミニコ修道院の修院長を勤めている。