メインメニューを開く

ジャン・ロジェ=デュカス

ジャン・ジュール・ロジェ=デュカス(Jean Jules Amable Roger-Ducass, 1873年4月18日 ボルドー - 1954年7月19日 ジロンド県テラン=メドック)は、フランス近代の作曲家ガブリエル・フォーレの愛弟子の1人。綴りの違いからわかるように、ポール・デュカスとの血縁関係はない。ただしフランス人作曲家の中では、作風においてポール・デュカスとの類似点が多い。

ジャン・ロジェ=デュカス
Jean Roger-Ducasse
Jean Roger-Ducasse.jpg
1900年頃(撮影者不詳)
基本情報
生誕 1873年4月18日
フランスの旗 フランス共和国ボルドー
死没 (1954-07-19) 1954年7月19日(81歳没)
フランスの旗 フランスル・テラン=メドック英語版
職業 作曲家

パリ音楽院でフォーレの他、エミール・ペサールやアンドレ・ジェダルジュにも師事。パリ音楽院作曲科でフォーレの後任教授となり、1935年にはポール・デュカスの後任として管弦楽法の教授となる。ロジェ=デュカスの個人様式は、ベルリオーズからサン=サーンスを経て伝えられた、フランスの感覚的な管弦楽法の伝統にしかと根差したものである。しかしロジェ=デュカスの管弦楽法は、淡色で幽玄なフォーレの管弦楽法とも、色彩的で華麗なラヴェルの管弦楽法とも違い、野太い線と強烈なリズムの強調が特徴的である。

ピアノ曲も特筆するに価する。室内楽は2つの弦楽四重奏曲があり、なかでも第2番は絶筆であり、1953年5月24日に初演された。ほかにピアノ四重奏曲や、チェロピアノのためのロマンスもある。

ポール・デュカスと同じくロジェ=デュカスも厳しい自己批判力の持ち主だったので、自分の厳格な水準に満たない作品は破棄した。