ジャン=バティスト・パテル

フランスの画家

ジャン=バティスト・パテル(Jean-Baptiste Pater、1695年12月29日 - 1736年7月25日)はロココ時代のフランスの画家である。

ジャン=バティスト・パテル
Jean-Baptiste Pater
Jean-Baptiste Pater (1695-1736).jpg
自画像
生誕1695年12月29日
フランス、ヴァランシエンヌ
死没1736年7月25日
フランス、パリ
運動・動向ロココ

略歴編集

フランス北部ノール県ヴァランシエンヌで生まれた。父親は彫刻家のアントワーヌ・パテル(Antoine Joseph Pater : 1670-1747)で、父親から彫刻を学んだが絵画に転じ、1709年から1911年の頃に地元のサンルカ組合の画家グイド(Jean-Baptiste Guide)に学んだ[1]。1713年にパリに出て、しばらくアントワーヌ・ヴァトー (1684-1721)の弟子になったがヴァトーと不和になり、ヴァランシエンヌに帰郷した。2年後、結核で死に瀕していたヴァトーと和解し、ヴァトーが亡くなる1カ月ほどの間、再び弟子となって学んだ。

1728年に王立絵画彫刻アカデミーの会員に選ばれた[2]

師のヴァトーが始めた、優雅な男女が集い、恋の戯れや遊びに興じる姿を題材にした「雅宴画」(Fête galante)の画家として知られる。

作品編集

脚注編集

  1. ^ Escard-Bugat M, Watteau et la fête galante, L'Objet d'art, HS n°94, décembre 2015, p14-16
  2. ^ Procès-verbaux de l’Académie Royale de Peinture et de Sculpture, 1648-1793, t.5, Paris, 1875-92, p. 47.

参考文献編集

  • Michael Levey. Painting and Sculpture in France, 1700-1789. Yale University Press.