ジャン=マリー・ルクレール

ジャン=マリー・ルクレールJean-Marie Leclair, 1697年5月10日 リヨン - 1764年10月22日 パリ)は、バロック音楽の作曲家で、18世紀フランスにおけるヴァイオリン演奏の巨匠である。フランスベルギー・ヴァイオリン楽派の創始者と見做されている。

ジャン=マリー・ルクレール

生涯編集

指物師になる訓練を受けていたが、1703年サルディーニャ(ピエモンテ)王アメデーオ二世の命により故郷を去ってトリノ舞踏とヴァイオリン(師はアルカンジェロ・コレッリ)を学び、ダンス教師やヴァイオリニストとして活動を始める。

1716年に舞踏家のマリー=ローズ・カスタニーと結婚(1728年に死別)。

1722年再びイタリアに舞踏の指導者として赴き、コレッリとアントニオ・ヴィヴァルディに師事したヴァイオリンの大家ジョヴァンニ・バッティスタ・ソミスの指導を受けヴァイオリンの才能を開花させる。ルクレールは以後名ヴァイオリニストとして活躍する事となる。

1723年パリに赴き、フランス宮廷でコンセール・スピリチュエルに出演した。

1730年に版画家ルイーズ・ルーセルと再婚、ルイーズ夫人は、ルクレールの作品2以降の全楽曲を製版した。

1733年ルイ15世より王室付きの音楽教師に任命されるが、宮廷楽団の監督権をめぐってジャン=ピエール・ギニョン(Jean-Pierre Guignon)と衝突、1737年に辞任する。その後は、ヘンデルの弟子ですぐれたクラヴサン奏者であったオラニエ公妃アンナに仕え、1738年から1743年まで毎月ハーグの宮廷で楽長として過ごした。1743年にパリに戻る。唯一の歌劇《シラとグロキュス(スキュラグラウコスScylla et Glaucus》が初演されたが、この作品は現代になって蘇演が行われた。1740年から没年まで、グラモン公に出仕した。

1758年に結婚生活が破れると、人目を避けて貧民街に隠れ住むようになり、1764年にそのあばら家で、惨殺死体(刺殺)となって発見された。真相は依然として謎に包まれているが、おそらく事件の陰に、別れた妻が隠れている可能性がある。経済的事情が動機であろう。また、甥(ギヨーム=フランソワ・ヴィアル、ヴァイオリニスト)や、死体発見者のジャック・ペイザン(庭師)にも強い嫌疑がかけられている。ジェラール・ジュファン(Gérard Gefen)の『ジャン=マリー・ルクレール殺人事件』(L'Assassinat de Jean-Marie Leclair)(1990年、未訳)はこの事件を扱ったミステリー小説。

その他編集

ルクレールの兄弟は、同名の弟(1703年77年)のほか、ピエール(1709年84年)、ジャン=ブノワ(1714年1759年以後)がおり、いずれも音楽家になった。

ヴァイオリンのための数々のソナタ協奏曲のほか、トリオ・ソナタや、フルート通奏低音のためのソナタを遺している。

外部リンク編集