メインメニューを開く

JUNIOR HYPER TAG LEAGUE(ジュニア・ハイパー・タッグ・リーグ)は、全日本プロレスで1シリーズを通して開催されているジュニアヘビー級選手によるタッグマッチリーグ戦である。

目次

概要編集

2006年のHOLD OUT TOURにおいて第1回大会が行われて2年後の2008年に再開されて以降は毎年開催となっている。

2006年から2012年まではジュニア・タッグリーグ戦として開催して2013年からはJUNIOR HYPER TAG LEAGUEに改称。

ジュニア・タッグリーグ戦編集

2006年大会編集

参加チーム数6組
内容
初めて開催されたジュニアのタッグリーグ戦。
途中でTAKAが負傷欠場するなどのアクシデントに見舞われ、東京愚連隊チームが優勝。

2008年大会編集

参加チーム数6組
内容
NOSAWA論外の度重なる試合妨害により、カズ・ハヤシが2年ぶりの開催を宣言。
若手4人、シルバー・キング、エル・サムライなど初参加の選手達が大会を大混戦にしたが、土方隆司が所属選手の意地を見せ、初優勝。

2009年大会編集

参加チーム数6組
内容
2月に電撃参戦した稔とVOODOO-MURDERSに寝返った歳三や、以前は留学生だったアトラスがピーティー・ウィリアムズと組んで参戦。満を持して渕も参加した。
優勝は、決勝戦でも反則殺法を駆使した稔&歳三。

2010年大会編集

参加チーム数5組
  • スペル・クレイジー&BUSHI組 勝ち点5※優勝
  • 近藤修司&大和ヒロシ組 勝ち点5※準優勝
  • カズ・ハヤシ&KAI組 勝ち点4
  • NOSAWA論外&MAZADA組 勝ち点2
  • 稔&ヘイト組 勝ち点2
内容
カズ・ハヤシ対BUSHIの世界ジュニア王座戦の直後、選手達が次々と従来とは違うタッグでの参戦を表明。
決勝戦では、息のあった連携を見せたクレイジー、BUSHI組が優勝した。

2011年大会編集

参加チーム数7組
  • カズ・ハヤシ&KAI組 9点※優勝
  • 金本浩二&稔組 10点※準優勝
  • 近藤修司&大和ヒロシ組 7点
  • スペル・クレイジー&BUSHI組 6点
  • 渕正信&菊地毅組 4点
  • 菊タロー&佐藤光留組 4点
  • MAZADA&スーパーヘイト組 2点
内容
東北地方太平洋沖地震の直後に行われた。当時新日本プロレス所属の金本、プロレスリング・ノアを離れフリーとなった菊池、パンクラスから参戦した佐藤、約5年ぶりの出場となった菊タローなど、バラエティに富んだ面子となった。
ジュニア・スターズが5勝1敗という好成績を残し勢いを見せる中、僅かな隙を突いてカズ、KAI組が初優勝。

2012年大会編集

参加チーム数6組
内容
世界タッグ以外の王座が未だ流出中という事態の中開かれた。DDTプロレスリングのケニー&マイケル、SUSHIという前年以上にエンタメ系レスラーが揃った。
SUSHIが伝家の宝刀TEKKAMAKIで次々と丸め込んでいくが、決勝戦では一度喰らった近藤に破られ、キングコングラリアットを決めてカズ、近藤組が優勝。アジアタッグ王座への挑戦権を獲得した。

JUNIOR HYPER TAG LEAGUE編集

2013年大会編集

参加チーム数6組