メインメニューを開く

ジュールAは、東京都港区麻布十番一丁目に所在する建築物である。

ジュールA
Joule-A building.jpg
情報
用途 オフィス、店舗、賃貸住宅
設計者 鈴木エドワード建築設計事務所
構造設計者 田中義吉[1]
構造形式 鉄骨構造鉄骨鉄筋コンクリート構造
敷地面積 1,158.19 m² [2]
建築面積 880.96 m² [2]建蔽率76%)
延床面積 9,764.83 m² [2]容積率843%)
階数 地上11階、地下4階
高さ 54.8
竣工 1990年
所在地 106-0045
東京都港区麻布十番一丁目10番10号
座標 北緯35度39分21.79秒 東経139度44分12.13秒 / 北緯35.6560528度 東経139.7367028度 / 35.6560528; 139.7367028座標: 北緯35度39分21.79秒 東経139度44分12.13秒 / 北緯35.6560528度 東経139.7367028度 / 35.6560528; 139.7367028
テンプレートを表示

目次

建築編集

鈴木エドワードが設計を担当。地上11階・地下4階建で、下層部は4層分の吹き抜けとなっている。この吹き抜け部分は公開空地で、総合設計制度により容積率緩和を目指す目的がある。当初は複合オフィスビルとして建設され、地下に会員制のレストランやクラブ、吹き抜けの上4フロアはオフィス、その上にスポーツジムを設け、上層階2フロアはマンションとした[3]。のちに内装がフルリノベーションされ、賃貸マンション主体の構成となっている[4]。雲をイメージした[5]切り込みを入れたパンチングメタルの外装が特徴的であり、これには目の前の幹線道路の騒音や、首都高速道路の視界を遮る目的がある[3]2004年ダヴィンチが所有権を取得したのち[6]、2014年にはゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントが運用する不動産投資信託であるジャパン・プライベート・リート投資法人が取得した [7]

立地編集

外苑東通り麻布通りが交差する新一の橋交差点に面し、都営地下鉄大江戸線東京メトロ南北線麻布十番駅に直結している。新一の橋交差点上部は高架構造の一ノ橋ジャンクションで、首都高速都心環状線首都高速2号目黒線が接続する。

テナント編集

5階にノーリツ鋼機東京本社[8]、6階にIMAGICA麻布十番スタジオ[9]が入る。

脚注編集

参考文献編集

  • 宮元健次『世界に誇れる東京のビル100』エクスナレッジ、2013年11月2日、108-109頁。ISBN 978-4-7678-1671-5

外部リンク編集