首都高速都心環状線

首都高速道路の路線

首都高速都心環状線(しゅとこうそくとしんかんじょうせん、Inner Circular Route)は、東京都千代田区中央区港区を環状に通る首都高速道路の路線である。江戸橋JCT - 谷町JCT(竹橋JCT経由)間は、 アジアハイウェイ1号線「AH1」に指定されている。

首都高速道路
首都高速C1号標識
首都高速都心環状線
アジアハイウェイ1号線
地図
Shutoko expwy C1 route.png
路線延長 14.8 km
開通年 1962年 - 1967年
東京都区部を巡行する環状線
接続する
主な道路
記法
Shuto Urban Expwy Sign 1-Ueno.svg1号上野線
Shuto Urban Expwy Sign 6-Mukojima.svg6号向島線
東京高速道路
Shuto Urban Expwy Sign Y.svg八重洲線
Shuto Urban Expwy Sign 1-Haneda.svg1号羽田線
Shuto Urban Expwy Sign 0002.svg2号目黒線
Shuto Urban Expwy Sign 0003.svg3号渋谷線
Shuto Urban Expwy Sign 0004.svg4号新宿線
Shuto Urban Expwy Sign 0005.svg5号池袋線
Shuto Urban Expwy Sign Y.svg八重洲線
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
浜崎橋JCT付近
浜崎橋JCT付近
神田橋付近
神田橋付近
三宅坂JCT
三宅坂JCT
汐留周辺
汐留周辺
銀座周辺
銀座周辺

目次

概要編集

全長約14.8キロメートル (km) 。東京都の最都心部を一周する環状線である。主に各放射線同士を接続する役割を担う。銀座周辺は築地川の河床をそのまま利用している[要出典]

環状部分に加えて、京橋JCTで分岐する東京高速道路への接続部分(都道首都高速8号線)についても、延長が0.1 kmと短く、標識等が煩雑となることから、都心環状線の一部として案内されている[1]

全線一周を走行した場合の所要時間は、道路状況が順調な場合約15分ほどである。しかし大半の時間帯は交通量が非常に多い慢性渋滞状態であり、1980年(昭和55年)には既に渋滞が頻発していた[2]。首都高速中央環状線が全線開通したこともあって改善傾向ではあるが、それでも渋滞が多発している。

環状線に接続する分岐線は片側2車線であるが、都心環状線もほぼ全線片側2車線である[2]。この路線が果たしている機能や役割に鑑みても、これでは著しく不十分なほど交通量が多い。そのため、事故や工事などで1車線規制になると、残り1車線では交通量を捌ききれず、接続する他の路線にまで渋滞が波及する。また環状線の2車線に分岐線の2車線を加えた計4車線で構成されることが本来望ましいが、これが為されておらず実際は計2車線に留まるため合流点の交通がスムーズにいかず、渋滞の原因になっている、とも評されている[2]

都心環状線の交通量がこれほど多いのは、郊外から郊外への移動であっても都心環状線を経由せざるを得ず、各方向の交通が集中するためである[2]。そのため、都心を通過する必要性の薄い車両の乗り入れを減少させるべく、中央環状線の建設が進められ、2015年(平成27年)3月7日に中央環状線が全線開通した。2010年(平成22年)3月の中央環状新宿線の全線開通により、谷町JCT - 竹橋JCT間の交通量減少が見込まれており、実際に都心環状線(谷町 - 霞が関間)の交通量が開通後は1日当たり11.7万台から9.7万台に減少したことが伝えられた[3]

なお、2009年(平成21年)より首都高上の標識では「C1」の周囲が矢印(内回り:反時計回り、外回り:時計回り)で円を描いた表示に変更された他[4]、まれに「都環(Circle 1)」とも略記される[5]

路線番号編集

C1(読み:シーワン):Cは「Circular」の頭文字から。

路線データ編集

「都心環状線」とは一般向け案内に用いられる「路線呼称」であり、道路法に基づき東京都が認定・告示する法定路線名ではない。各区間の道路法上の法定路線名は下記のとおりである。

  • 都道首都高速1号線(江戸橋JCT - 浜崎橋JCT)[6]
  • 都道首都高速2号線(浜崎橋JCT - 一ノ橋JCT)[7]
  • 都道首都高速2号分岐線(一ノ橋JCT - 谷町JCT)[8]
  • 都道首都高速3号線(谷町JCT - 三宅坂JCT)[9]
  • 都道首都高速4号線(三宅坂JCT - 神田橋JCT)[10]
  • 都道首都高速4号分岐線(神田橋JCT - 江戸橋JCT)[11]
  • 都道首都高速8号線(京橋JCT - 白魚橋乗継所)[12]

歴史編集

  • 1962年(昭和37年)12月20日 : 京橋出入口 - 浜崎橋JCT 4.5 km開通
  • 1963年(昭和38年)12月21日 : 呉服橋出入口 - 京橋出入口 1.9 km開通
  • 1964年(昭和39年)
    • 8月2日 : 三宅坂JCT - 呉服橋出入口開通
    • 9月21日 : 霞が関出入口 - 三宅坂JCT開通
    • 10月1日 : 浜崎橋JCT - 芝公園出入口開通
  • 1966年(昭和41年)7月2日 : 京橋JCT - 白魚橋乗継所開通
  • 1967年(昭和42年)7月4日 : 芝公園出入口 - 霞が関出入口開通、全線開通

地理編集

通過する自治体編集

接続高速道路編集

出入口など編集

出入口番号 施設名 接続路線名 起点から
(km)
備考 所在地
(C1)都心環状線 北池袋・新宿方面
- 江戸橋JCT (1)上野線 上野方面
(6)向島線 箱崎湾岸線方面
0.0 中央区
11 宝町出入口 0.8 湾岸線・新宿方面出入口
- 京橋JCT 支線・東京高速道路 新橋方面 1.0
12 京橋出入口 1.6 羽田・銀座方面出入口
13 新富町出口 1.7 湾岸線・新宿方面からの出口
14 1.9 羽田・銀座方面からの出口
15 銀座出入口 2.0 湾岸線・新宿方面出入口
16 2.5 渋谷・横浜方面出入口
18 汐留出入口 海岸通り 3.2 渋谷・横浜方面出入口
- 汐留JCT (Y)八重洲線 北池袋・汐留方面 3.4
港区
- 浜崎橋JCT (1)羽田線 羽田湾岸線方面 4.3
19 芝公園出入口 環状三号線 5.2 羽田方面出入口
20 5.7 渋谷方面出入口
- 一ノ橋JCT (2)目黒線 目黒戸越方面 6.6
21 飯倉出入口 高輪麻布線 7.2 目黒・羽田方面出入口
- 谷町JCT (3)渋谷線 (E1)東名渋谷方面 7.8
23 霞が関出入口 六本木通り 8.8 渋谷・羽田方面出入口 千代田区
24 9.2 箱崎・中央道方面出入口
- 三宅坂JCT (4)新宿線 (E20)中央道新宿方面 10.2 千代田トンネル
危険物積載車両通行禁止
25 代官町出入口 一ツ橋内堀通り北の丸公園方面 11.6 中央道・渋谷方面出入口
26 北の丸出口 一ツ橋・内堀通り方面 12.0 箱崎方面からの出口
- 竹橋JCT (5)池袋線 大宮北池袋方面 12.3
27 神田橋出入口 日比谷通り/本郷通り/錦町有楽町線 12.9 北池袋・渋谷方面出入口
29 13.2 湾岸線・羽田方面出入口
- 神田橋JCT (Y)八重洲線 羽田・丸の内方面 13.3 八重洲方面は大型車・危険物車通行禁止
30 呉服橋出入口 外堀通り 14.0 湾岸線・羽田方面出入口 中央区
31 江戸橋出入口 昭和通り 14.2 北池袋・渋谷方面出入口
- 江戸橋JCT (6)向島線 湾岸線箱崎方面 14.3
(C1)都心環状線 羽田・銀座方面
支線
出入口番号 施設名 接続路線名 起点から
(km)
備考 所在地
- 京橋JCT (C1)都心環状線江戸橋JCT方面 0.0 中央区
- 白魚橋料金所・乗継所 0.1
東京高速道路 東銀座出口新橋方面

トンネル編集

  • 汐留トンネル(汐留出入口 - 銀座出入口)
  • 飯倉トンネル(外回りのみ・飯倉出口 → 谷町JCT)
  • 霞が関トンネル(谷町JCT - 三宅坂JCT)
  • 千代田トンネル(霞が関出入口 - 代官町出入口) : 1900 m[13][14]
  • 北の丸トンネル(代官町出入口 - 北の丸出口)

車線・最高速度編集

区間 車線
上下線=内回り+外回り
最高速度
江戸橋JCT内 2=1+1 40 km/h
江戸橋JCT - 汐留JCT 4=2+2 50 km/h
汐留JCT - 浜崎橋JCT 6=3+3
浜崎橋JCT内 4=2+2 40 km/h
浜崎橋JCT - 江戸橋JCT 50 km/h
京橋JCT - 白魚橋乗継所 3=1+2 40 km/h

交通量編集

24時間交通量の変遷(道路交通センサス(国土交通省関東地方整備局)

観測地点地名 平成17年度(平日) 平成22年度 平成27年度
京橋JCT - 宝町出入口
(中央区八丁堀3丁目2)
93,227 98,482 98,402
竹橋JCT - 北の丸出入口
(千代田区北の丸公園2)
120,994 98,624 95,419
飯倉出入口 - 一ノ橋JCT
(港区六本木5丁目18)
114,405 113,903 93,919
一ノ橋JCT - 芝公園出入口
(港区芝3丁目2)
121,921 123,054 110,064

暴走行為の取締り編集

週末の深夜から早朝を中心に、公道レースのように1周を何分で走破出来たか競うルーレット族と呼ばれる違法競走型暴走族が出没することがある。ルーレット族は、首都高速道路上のPAを溜まり場とすることが多いため、対策として土曜日深夜や年末年始には一部PAの利用制限が行われており、また首都高速道路交通管制室及び高速道路交通警察隊よるビデオカメラを用いた監視や取締りが重点的に行われている[15][16][17]

フィクション世界では、漫画湾岸ミッドナイト」、映画首都高速トライアル」、ゲーム首都高バトル」などが彼らをモチーフにして作られた[注釈 2]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ただし20:00 - 5:00の間は利用できなかった。
  2. ^ なお、ゲーム「レーシングバトル -C1 GRAND PRIX-」ではサーキットに改築されている。

出典編集

  1. ^ その他|Q&A”. 首都高ドライバーズサイト. 首都高速道路. 2014年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月3日閲覧。
  2. ^ a b c d 金沢哲雄「首都高速道路の問題点と今後の課題」、『地域学研究』第12巻、日本地域学会、1981年、 1–12、 doi:10.2457/srs.12.1
  3. ^ “中央環状線山手トンネル(3号渋谷線〜4号新宿線)開通後の利用状況(速報)” (プレスリリース), 首都高速道路, (2010年4月21日), http://www.shutoko.co.jp/company/press/h22/data/4/0421/ 
  4. ^ 首都高の『案内標識』をわかりやすく変えていきます”. 首都高速道路 (2009年1月22日). 2011年11月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年3月22日閲覧。
  5. ^ “首都高、大橋JCTの開通を2010年3月に決定 色による走行支援対策など現状を公開”. Car Watch (インプレス). (2009年7月30日). http://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/305/941/html/33.jpg.html 
  6. ^ 道路資産保有及び貸付状況(路線別)都道首都高速1号線 (PDF)”. 日本高速道路保有・債務返済機構. 2013年6月6日閲覧。
  7. ^ 道路資産保有及び貸付状況(路線別)都道首都高速2号線 (PDF)”. 日本高速道路保有・債務返済機構. 2013年6月6日閲覧。
  8. ^ 道路資産保有及び貸付状況(路線別)都道首都高速2号分岐線 (PDF)”. 日本高速道路保有・債務返済機構. 2013年6月6日閲覧。
  9. ^ 道路資産保有及び貸付状況(路線別)都道首都高速3号線 (PDF)”. 日本高速道路保有・債務返済機構. 2013年6月6日閲覧。
  10. ^ 道路資産保有及び貸付状況(路線別)都道首都高速4号線 (PDF)”. 日本高速道路保有・債務返済機構. 2013年6月6日閲覧。
  11. ^ 道路資産保有及び貸付状況(路線別)都道首都高速4号分岐線 (PDF)”. 日本高速道路保有・債務返済機構. 2013年6月6日閲覧。
  12. ^ 道路資産保有及び貸付状況(路線別)都道首都高速8号線 (PDF)”. 日本高速道路保有・債務返済機構. 2013年6月6日閲覧。
  13. ^ 第3回 水底トンネル等における危険物積載車両の通行の禁止又は制限に関する審議会(平成19年1月24日開催)”. 日本高速道路保有・債務返還機構. 2016年2月16日閲覧。
  14. ^ 主要な水底トンネル等の危険物積載車両の通行規制状況 (PDF)”. 日本高速道路保有・債務返還機構. 2016年2月16日閲覧。
  15. ^ 警視庁高速道路交通警察隊”. 警視庁. 2014年12月3日閲覧。
  16. ^ パーキングエリア|FAQ”. 首都高ドライバーズサイト. 首都高速道路. 2017年1月5日閲覧。
  17. ^ 年末年始におけるルーレット族及び暴走族等対策に伴う交通規制について”. 首都高ドライバーズサイト. 首都高速道路. 2014年12月3日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集