ジョアン・ガスパール

ジョアン・ガスパールJoan Gaspart Solvesカタルーニャ語発音: [ʒuˈaŋ ɡəsˈpaɾt] ; 1944年10月11日生まれ)はスペインの実業家であり、2000年7月から2003年2月までFCバルセロナの元会長を務める[1]

ジョアン・ガスパール

バルセロナ生まれ。彼はクラブの最高の副会長の一人として知られているが同時に(ホセ・ルイス・ヌニェス会長時代)最悪の会長の一人と呼ばれている[要出典]

ガスパールは、ルイス・フィーゴレアル・マドリードへの売却から得たすべてのお金を使い、アーセナルからエマニュエル・プティマルク・オーフェルスを、バレンシアCFからジェラール・ロペスを獲得した[要出典]


ガスパールは2003年にFCバルセロナの会長を辞任し、クラブのサッカーは降格から2ポイント離れました[1]

現在、彼はバルセロナのサッカークラブUEサンアンドレウの会長であり、スペインサッカー連盟(レアルフェデラシオン・エスパニョーラ・デ・フットボル、RFEF)の会長であり、アンヘル・マリア・ビジャールの選挙運動の責任者でした。ビラーは現在、スペイン王立サッカー連盟の会長であり、 UEFAFIFAの両方の副会長でもある。

先代:
Josep Lluís Núñez
President of FC Barcelona
2000–2003
次代:
Enric Reyna

参考文献編集

  1. ^ a b Lowe, Sid (2003年2月10日). “Gaspart goes, but Barca remain as bad as ever” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/football/2003/feb/10/europeanfootball.sport2 2020年6月23日閲覧。 

外部リンク編集