バレンシア・クルブ・デ・フトボルスペイン語: Valencia Club de Fútbolスペイン語: [baˈlenθja ˈkluβ ðe ˈfuðβol])は、スペインバレンシアに本拠地を置くサッカークラブチームである。リーガ・エスパニョーラプリメーラ・ディビシオンに所属している。

バレンシアCF
原語表記 Valencia Club de Fútbol
愛称 Los Pulos, Che, Xotos, Los Blanquinegres, Los Murciélagos
クラブカラー 白とオレンジ
創設年 1919/3/18年
所属リーグ リーガ・エスパニョーラ
所属ディビジョン プリメーラ・ディビシオン
ホームタウン バレンシア
ホームスタジアム メスタージャ
収容人数 55,000
代表者 シンガポールの旗 ピーター・リム
監督 スペインの旗 マルセリーノ・ガルシア・トラル
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

目次

概要編集

1919年創設。1923年以来、55,000人収容のエスタディオ・デ・メスタージャをホームスタジアムとして使用している。バレンシア市北西部に建設中のノウ・メスタージャ(75,000人収容)に移転する計画がある。同じ都市に本拠地を置くレバンテUDと長い間ライバル関係にあり、同じバレンシア州内にあるエルクレスCFビジャレアルCFにもライバル意識を抱いている。BチームとしてバレンシアCF・メスタージャがある。

プリメーラ・ディビシオンで6度、コパ・デル・レイで7度、インターシティーズ・フェアーズカップUEFAカップの前身)で2度、UEFAカップで1度、UEFAスーパーカップで2度優勝している。1999-2000シーズンと2000-01シーズンには2シーズン連続でUEFAチャンピオンズリーグの決勝に進出したが、前者のシーズンにはレアル・マドリード(スペイン)に、後者のシーズンにはバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)に敗れ、いずれも準優勝に終わった。欧州カップ戦の決勝に計7回出場し、そのうちの4回優勝している。G-14(ヨーロッパビッグクラブ連合体)のメンバーだった。ラ・リーガ通算順位表ではレアル・マドリードFCバルセロナに次ぐ3位である。国際大会の成績でも彼らに次ぐ3番手に位置しており、欧州カップ戦で5つ以上のタイトルを獲得しているのはこの3クラブのみである[1]。2012-13シーズンはバルセロナ、レアル・マドリードに次いでスペインで3番目に平均観客数の多いクラブだった[2]。5万人以上のシーズンチケット購入者を抱え、さらに2万人以上がシーズンチケットの購入待ち状態にある。

歴史編集

黎明期編集

 
1927年の選手

1919年3月5日に設立され、3月18日に公式に承認された。アスレティック・ビルバオ(1898年設立)、FCバルセロナ(1899年設立)、レアル・マドリード(1902年設立)、アトレティコ・マドリード(1903年設立)、など、スペインの他の名門クラブと比べると比較的遅い設立であり、同じくバレンシアに本拠地を置くレバンテUD(1909年)よりも遅い。オクタビオ・アウグスト・ミレゴ・ディアスが初代会長に就任したが、ディアスの就任はコインを投げて決定されたものだった。1919年5月21日、カステリョンにて初の公式戦が行われ、バレンシア・ジムナスティコに0-1で敗れた[3]。同年にはレバンテとも初試合が行なわれ、1-0で勝利した。同年12月7日からアルヒロスをホームスタジアムとして使用していたが、1923年にエスタディオ・デ・メスタージャに移転し、5月20日にレバンテUD相手に行われたメスタージャでの初試合には1-0で勝利した[3]。1923年には地域リーグで優勝し、当時スペイン最高峰の大会だったコパ・デル・レイに初出場した。1928年に全国選手権(リーガ・エスパニョーラ)が設立されると、コパ・デル・レイでの優勝経験がなかったバレンシアはセグンダ・ディビシオン(2部)に組みこまれたが、1930-31シーズンにはセグンダ・ディビシオンで優勝し、1931-32シーズンにはクラブ史上初めてプリメーラ・ディビシオン(1部)に参戦した。

スペインの強豪への成長編集

プリメーラ・ディビシオン昇格後は黒星が白星を上回るシーズンが続き、1936年に勃発したスペイン内戦によってクラブの発展が妨げられたが、1941年のコパ・デル・レイでは決勝に進出し、決勝でRCDエスパニョールを破って初優勝。当時はまだリーガ・エスパニョーラよりもコパ・デル・レイのほうが重要度の高い大会と認識されていた。1941-42シーズンにプリメーラ・ディビシオンで初優勝すると、1943-44シーズンには2度目のリーグ優勝を果たし、1946-47シーズンにも優勝。1940年代にはリーグ優勝3度、リーグ2位2度、カップ優勝2度、カップ準優勝3度など堅実な黄金期とも言える成績を残した[3]。この時代の主力にはエドムンド・スアレスエピファニオ・フェルナンデスなどがおり、彼らで構成される攻撃陣はデランテーラ・エレクトリカ(delantera eléctrica、電撃フォワード)と称された[3]。1950年代にはメスタージャが45,000人収容に拡張された。バレンシアはスペイン国内外のスター選手を迎え入れ、スペイン代表アントニオ・プチャデス、オランダ出身のフォワードファース・ヴィルケスなどによって彩られた。1940年代のようなスポーツ面での成功には至らなかったが、1952-53シーズンにはリーグ戦を2位で終え、翌シーズンにはコパ・デル・ヘネラリシモ(コパ・デル・レイ)で優勝した。

欧州カップ戦での成功編集

1960年代初頭のリーグ戦ではぱっとしない順位が続いたが、ビセンテ・ギジョットブラジル人ワルド・マチャドなどに導かれ、ヨーロッパの舞台ではインターシティーズ・フェアーズカップUEFAカップの前身)で成功を収めた。1961-62シーズンの同大会では決勝でFCバルセロナを破って初優勝し、1962-63シーズンの同大会でも決勝でNKディナモ・ザグレブ(クロアチア)を破って2連覇を達成。1963-64シーズンの同大会でも3年連続で決勝に進出したが、今度はレアル・サラゴサに1-2で敗れて準優勝に終わった。1970年には、バロンドールに2度輝いたアルフレッド・ディ・ステファノが監督に就任し、1970-71シーズンには1947年以来となる4度目のリーグ優勝を遂げた。この結果、1971-72シーズンにはクラブ史上初めてUEFAチャンピオンズカップに出場したが、3回戦でウーイペシュトFC(ハンガリー)に敗れた。同シーズンの国内リーグ戦ではレアル・マドリードに次ぐ2位であり、国内カップ戦では決勝でアトレティコ・マドリードに敗れて準優勝だった。1970年代にはオーストリア人ミッドフィールダーのクルト・ヤーラ、オランダ人フォワードのヨニー・レップアルゼンチン代表フォワードのマリオ・ケンペスなどが在籍し、ケンペスは1976-77シーズンと1977-78シーズンの2シーズン連続で得点王のタイトル(ピチーチ賞)を獲得した。1974年のディ・ステファノ退任によって過渡期を迎えたが、1978-79シーズンのコパ・デル・レイ決勝、レアル・マドリード戦ではケンペスが2点を叩きこんで5度目のリーグ優勝に貢献した。ケンペスはアルゼンチン代表として1978 FIFAワールドカップに出場し、決勝のオランダ戦でも2得点している。1979-80シーズンにはディ・ステファノが監督に復帰し、UEFAカップウィナーズカップ決勝ではアーセナルFC(イングランド)をPK戦の末に破って優勝した。1980年のUEFAスーパーカップでは、UEFAチャンピオンズカップ王者のノッティンガム・フォレストFC(イングランド)と対戦し、アウェーゴール差で上回って新たなトロフィーを加えた[3]

1980年代-90年代の停滞期編集

1982年にはミラン・ミラニッチ監督が就任したが、1982-83シーズンは終盤戦に至っても降格の危機から抜け出せなかった。ミラニッチ監督が退いてコルド・アギーレ監督が就任し、他力本願ながらかろうじて降格を回避した。ビセンテ・トルモ会長政権下の1983-84シーズンと1984-85シーズンは借金が重くのしかかり、選手やスタッフへの給料未払い、士気の低下など、内部問題によってクラブが分裂した。1931年以来プリメーラ・ディビシオンに留まり続けていたが、1985-86シーズンは18クラブ中16位となり、創設55年目にしてクラブ史上初の降格となった。アルトゥーロ・トゥソンが新会長に就任してディ・ステファノを監督に復帰させ、わずか1シーズンでプリメーラ・ディビシオン昇格を決めると、ディ・ステファノ監督は昇格後の1987-88シーズンも采配を振るったが、14位と低迷した。1989年にはリーグでの地位強化のためにブルガリア代表フォワードのルボスラフ・ペネフと契約した。1991年にはオランダ人のフース・ヒディンク監督が就任し、1991-92シーズンにはリーグ戦で4位、コパ・デル・レイで準々決勝に進出した。1992年には公式に株式会社化し、1993年までは続けてヒディンク監督が指揮を執った。1994年には、ブラジル代表監督として1994 FIFAワールドカップを制したばかりのカルロス・アルベルト・パレイラ監督を迎え入れた。パレイラ監督は即座にアンドニ・スビサレッタと契約し、さらにロシア人のオレグ・サレンコプレドラグ・ミヤトヴィッチもチームに加えたが、期待されたほどの成績は挙げられなかった。1995年にはルイス・アラゴネスが監督に就任し、ミヤトヴィッチらの活躍によって2位に躍進する。しかし、1996年にはエースのミヤトヴィッチをレアル・マドリードへ放出し、ブラジル代表のロマーリオを獲得したことでチームは混乱する。この年からはボスマン判決によって、アルゼンチン代表のクラウディオ・ロペスアリエル・オルテガルーマニア代表アドリアン・イリエなどの外国人スター選手が集まるようになり、アラゴネスに代わって監督に就任したホルヘ・バルダーノが指揮を執るも低迷からは抜け出せなかった。

1990年代末期の再建と2000年代前半の強豪復活編集

1997年には、低迷したチームを立て直すため、イタリア人のクラウディオ・ラニエリを監督に招聘する。ジョスリン・アングロマアメデオ・カルボーニといったセリエAの選手を獲得して守備の強化を図ると共に、攻守にわたって規律をもたらした。個のチームから組織を重視したチームへと変貌したことで、これまで主力を担っていたロマーリオ、オルテガらはベンチを温めることになり、シーズン終了後に放出された。ラニエリの監督就任以降、チームは巻き返してインタートトカップの出場権を獲得。1998-99シーズンには、レアル・マドリードからサンティアゴ・カニサレスを獲得したことで、鉄壁の守備からの鋭いカウンターアタックで上位に食い込むことになり、コパ・デル・レイでは20年ぶりの優勝を飾った。

1999-00シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝の先発メンバー

1999年にエクトル・クーペル監督が就任すると、同年夏のスーペルコパ・デ・エスパーニャではバルセロナに勝利した。1999-2000シーズンは、前任者とのサッカーの違いなどから、リーグ戦では序盤戦に低迷したが、クーペルは前任者のシステムを踏襲し、クラウディオ・ロペスガイスカ・メンディエタキリ・ゴンサレスジェラール・ロペスらがチームの中心となったことで、チームは巻き返して優勝争いに加わった。このシーズンは、レアル・マドリードが早々と優勝争いから離脱、優勝候補の筆頭だったバルセロナもリーグ戦での勝ち点の取りこぼしが目立ち、デポルティーボ・ラ・コルーニャレアル・サラゴサの躍進で、優勝争いが混沌としていた。結局、優勝したデポルティーボ・ラ・コルーニャに勝ち点4差、2位のバルセロナに勝ち点1差の3位であったが、このシーズンのUEFAチャンピオンズリーグではクラブ史上初めて決勝に進出した。しかし、2000年5月24日にパリで行われた決勝ではアメデオ・カルボーニが出場停止。カルボーニの抜けた穴は大きく響き、レアル・マドリードに0-3で敗れた。

2000-01シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝の先発メンバー

2000年夏にはクラウディオ・ロペスがSSラツィオ(イタリア)に、フランシスコ・ファリノスインテル(イタリア)に、ジェラール・ロペスがバルセロナに移籍し、ヨン・カリュールベン・バラハロベルト・アジャラビセンテ・ロドリゲスファビオ・アウレリオなどが加わった。2001年1月にはパブロ・アイマールも加わり、バラハ、アイマール、ビセンテ、アジャラらは2000年代初頭の躍進の中心的存在となった。2000-01シーズンは序盤から優勝争いに加わり、10節終了後には首位に立っていた。しかし、UEFAチャンピオンズリーグでの躍進などによって疲労が蓄積し、リーグ戦の後半戦では順位を落とした。エクトル・クーペル監督に率いられたチームは、UEFAチャンピオンズリーグの2次リーグでマンチェスター・ユナイテッドFC(イングランド)などを押しのけて首位通過し、準々決勝ではアーセナルFC(イングランド)を破った。準決勝でもイングランドのリーズ・ユナイテッドFCに勝利し、5月23日にミラノのサン・シーロで行われた決勝はバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)との対戦となった。試合開始早々にガイスカ・メンディエタがPKで先制点を挙げ、キーパーのサンティアゴ・カニサレスメーメット・ショルのPKを止めたが、後半にステファン・エッフェンベルグにPKを決められて同点とされた。延長を経ても決着が付かず、試合の行方はPK戦に持ち込まれたが、マウリシオ・ペジェグリーノがPKを外したことでバイエルンの優勝が決まった。同シーズンのリーグ戦最終節はカンプ・ノウでのバルセロナ戦であり、引き分け以上の結果でUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得できたが、ロスタイムにリバウドに得点を許して2-3で敗れ、5位に落ちて同大会出場権獲得を逃した。

2001年7月、在任期間中にコパ・デル・レイ優勝1度、スーペルコパ優勝1度、UEFAチャンピオンズリーグ準優勝2度などの成績を残したペドロ・コルテス会長が、個人的な理由により職を辞し、後任の会長にはハイメ・オルティが就任した。オルティ会長はCDテネリフェをプリメーラ・ディビシオン昇格に導いたラファエル・ベニテス監督を引き抜き、クーペル監督はイタリアのインテルに去った。メンディエタ、ディディエ・デシャンルイス・ミージャズラトコ・ザホヴィッチなどがチームを去り、カルロス・マルチェナミスタクーロ・トーレスフランシスコ・ルフェテゴンサロ・デ・ロス・サントスサルバ・バジェスタなどが加入した。2001-02シーズンの開幕戦ではタイトルを争うレアル・マドリードから重要な勝利を挙げた。1970-71シーズンにはディ・ステファノ監督の下でクラブの連勝記録を樹立し、最後のリーグタイトルを勝ち取ったが、2001-02シーズンには11連勝を記録して1970-71シーズンに記録したクラブの連勝記録を塗り替えた。12月9日にエスタディオ・リアソルデポルティーボ・ラ・コルーニャに敗れて連勝記録がストップした。エスタディ・デ・モンジュイックでのRCDエスパニョール戦はハーフタイムの時点で0-2とリードされていたが、後半に逆転して3-2の勝利を収めた。エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウでレアル・マドリードに0-1で敗れるなど、シーズン後半戦には小さな躓きを経験したが、UDラス・パルマス戦以降の6戦で4勝2分を記録して立ち直った。これら重要な試合のひとつがエスパニョール戦であり、前半戦の試合と同じく0-1でリードされて後半を迎えたが、バラハの2得点で2-1と逆転勝利を飾った。さらに、レアル・マドリードがエスタディオ・アノエタレアル・ソシエダに敗れたため、バレンシアが勝ち点3リードして首位に立った。マラガCFとのシーズン最終戦はエスタディオ・ラ・ロサレーダで行われ、この5月5日はバレンシアのクラブ史に記録される日となった。開始早々のアジャラの先制点に続き、ハーフタイム間際にはファビオ・アウレリオが追加点を挙げ、31年ぶり5度目となるリーグ優勝を果たした。

2002-03シーズンはバレンシアにとって失望のシーズンであり、リーグ連覇に失敗しただけでなく、4位のセルタ・デ・ビーゴを上回れず、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を逃した。UEFAチャンピオンズリーグでは準々決勝まで勝ち進んだが、インテル(イタリア)にアウェーゴール差で敗れた。

2003-04シーズンのバレンシアは長いこと首位レアル・マドリードを追いかけていた。26試合を消化した2004年2月の時点では勝ち点8差を付けられていたが[4]、レアル・マドリードは終盤戦に調子を落とし、ラスト5試合を全敗したため、バレンシアが逆転で2シーズンぶりのリーグ優勝を遂げた。UEFAカップでは準々決勝でFCジロンダン・ボルドー(フランス)、準決勝でビジャレアルCF(スペイン)、決勝でオリンピック・マルセイユ(フランス)を下し、初優勝を果たした。

1998年から2004年のバレンシアは、クラブ史上最大の成功を収めた。リーグ戦とコパ・デル・レイで2度優勝し、UEFAカップとUEFAスーパーカップで1度優勝し、さらにUEFAチャンピオンズリーグで2度準優勝した。

2000年代後半の低迷期編集

2004年夏にはベニテス監督が会長との対立からバレンシアを離れ、リヴァプールFC監督に就任した。後任には1999年までバレンシアを率いていたラニエリ監督が5年ぶりに復帰したが、2度目のラニエリ政権時代は失望の残る結果となった。マルコ・ディ・ヴァイオベルナルド・コッラーディなどのイタリア人を獲得してチームのイタリア化を図ったが、2004-05シーズンのUEFAチャンピオンズリーグではグループリーグ敗退に終わり、リーグ戦でも7位と低迷したため、ラニエリ監督は2005年2月に解任された。ベニテスの下でアシスタントコーチを務めたアントニオ・ロペスが指揮を執ったが、このシーズンはUEFAカップ出場権を獲得できない順位で終えた。

 
メスタージャで声援を送るサポーターたち

2005年夏、ヘタフェCFキケ・サンチェス・フローレス監督がバレンシアの新監督に就任した。レアル・サラゴサからダビド・ビジャを獲得すると、2005-06シーズンは3位で終えてUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。2006-07シーズンにはビジャに加え、リヴァプールFCから獲得したフェルナンド・モリエンテスセルタ・デ・ビーゴからレンタルバックした生え抜きのダビド・シルバらが活躍。しかし、バラハやエドゥ、更にはビセンテ・ロドリゲスなど主力級の選手が怪我により長期離脱し、キケ・フローレス監督とアメデオ・カルボーニSDが対立した。シーズン序盤は好発進を見せたが、国内リーグでは4位に終わった。UEFAチャンピオンズリーグでは2次リーグでイタリア王者のインテルを破ったが、準々決勝でチェルシーFCに2試合合計2-3で敗れた。

2007年夏、SDがカルボーニからアンヘル・ルイスに代わることで内部対立が収まったが、10月29日、バレンシアの首脳陣は成績不振を理由にキケ・フローレス監督を解任し、オスカル・ルベン・フェルナンデスを暫定監督に任命した。後任監督候補としてマルチェロ・リッピジョゼ・モウリーニョなどの就任が噂されたが、10月30日、オランダ人のロナルト・クーマン監督がPSVアイントホーフェンを離れてバレンシアと契約することが発表された。クーマン監督は就任直後にダビド・アルベルダサンティアゴ・カニサレスミゲル・アンヘル・アングロの主力3選手を戦力外扱いしたが、オランダ型の攻撃的な4-3-3のシステムはチームにフィットせず、降格圏からわずか勝ち点2差の15位まで落ち込んだ。UEFAチャンピオンズリーグではグループリーグ最下位で敗退し、リーグ戦でも低迷する一方で、コパ・デル・レイでは順調に勝ち進んだ。2008年4月16日、エスタディオ・ビセンテ・カルデロンで行われたヘタフェCFとの決勝に3-1で勝利し、7度目の優勝を果たした。しかし、4日後の4月20日にはアスレティック・ビルバオ相手に1-5の大敗を喫し、その翌日にはクーマン監督の解任が発表された。暫定監督となったボロはアルベルダ、カニサレス、アングロの3選手をチームに復帰させると、初采配試合となったCAオサスナ戦(3-0)に勝利し、残留争いから順位表の中位(10位)にチームを引き上げた。

 
マヌエル・ジョレンテ第35代会長

2008年5月22日、若手のウナイ・エメリ監督が就任した。2008-09シーズン開幕から5試合のうち4試合に勝利して順調なスタートを切り、UEFAカップのグループリーグでは1勝3分のグループ2位で決勝トーナメント進出を決めたが、リーグ戦では徐々に調子を落として4位で前半戦を終えた。不調の最中、クラブが4億ユーロ以上の巨額の負債を抱えており、何週間も選手に給料が支払われていないという報道がなされた[5]。UEFAカップの決勝トーナメント1回戦ではFCディナモ・キエフ(ウクライナ)と対戦したが、最終的にベスト4となるクラブにアウェーゴール差で敗退し、クラブの問題はいっそう増した。2009年1月から3月にかけてはリーグ戦10試合で勝ち点7しか獲得できなかったが、3月からの7戦無敗(5勝2分)で一時的に4位まで順位を挙げた。しかし、36節と37節で4位の座を争うアトレティコ・マドリードとビジャレアルに連敗し、6位に落ちてUEFAチャンピオンズリーグ出場権を逃した。

巨額の負債を抱えた2010年代編集

財政収支のバランスを取るために、2009年夏にはダビド・ビジャフアン・マタダビド・シルバなどのスター選手を放出するという噂が流れ続けた[6]。前シーズンのリーグ王者バルセロナや大型補強をしたレアル・マドリードには及ばないもののリーグ3位を堅守、UEFAチャンピオンズリーグ本戦への出場権を手に入れた。財政面での理由により、2010年夏にはビジャとシルバがそれぞれバルセロナとマンチェスター・シティFCに売却され、負債額が大きく減少した[7]。中心選手ふたりを放出したにもかかわらず、2010-11シーズンは2シーズン連続で3位という安定した成績を残した。UEFAチャンピオンズリーグでは決勝トーナメント1回戦でシャルケ04(ドイツ)に敗れた。2011年3月20日のセビージャFC戦では、9日前に日本で起こった東日本大震災支援として、選手名がカタカナ表記のユニホームを着用して試合に臨んだ。ユニホームはスペイン赤十字社がオークションに出し、その収益は被災者への義援金となった[8]

2011年夏にはクラブの不安定な財政状況改善のため、マタをチェルシーFCに移籍させざるを得なかった[9]。2011-12シーズンは3位でリーグ戦を終了してUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。3シーズン連続でUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得したのはクラブ史上初だったが、獲得した勝ち点は61にとどまり、プリメーラ・ディビシオンが20チーム制・勝利勝ち点が3ポイントとなった1995-96シーズン以来では最も少ない勝ち点の3位である[10]。シーズン終了後、4シーズンにわたりチームを率いたエメリ監督が退任し、後任には選手としてバレンシアでプレー経験のあるマウリシオ・ペジェグリーノが就任した。

ペジェグリーノ体制になった2012-13シーズンであったが、バルセロナに放出したジョルディ・アルバなどの穴を 新戦力が埋めきれず、さらにはトップチームでの監督経験がないペジェグリーノの采配も安定せず開幕から低迷。 チャンピオンズリーグではグループリーグを突破したものの、リーグでの低迷が原因で第14節で解任。後任には リーガでの指導経験も豊富なエルネスト・バルベルデが半年契約で就任した。バルベルデ体制になりチームは復調したものの、前半の出遅れが響き5位でリーグ戦を終了。UEFAヨーロッパリーグの出場権は獲得したものの、3シーズン守っていたUEFAチャンピオンズリーグ出場権を失った。チームはバルベルデを高く評価し契約延長を希望したが、チームの経営環境が不安定である事を理由に拒否し、アスレティック・ビルバオに転出した。

新時代へ編集

2014年5月、シンガポール人実業家であるピーター・リムがクラブの買収を発表。資金を得たクラブは、新指揮官にヌーノ・エスピリト・サントを迎え、アンドレ・ゴメスロドリゴシュコドラン・ムスタフィニコラス・オタメンディアルバロ・ネグレドこのシーズンは最終的に4位で終え、UEFAチャンピオンズリーグのプレーオフ出場権を獲得した。

15-16シーズンはネグレドとロドリゴ、アンドレ・ゴメスをそれぞれ完全移籍で獲得した他、サンティ・ミナザカリア・バカリアイメン・アブデヌールマシュー・ライアンなどを獲得した。チャンピオンズリーグ・プレーオフではASモナコを下し、本選出場を決めたものの、開幕を前にCEOのアマデオ・サルボ、スポーツディレクターのフランシスコ・ルフェテが辞任し、事実上ヌーノがクラブにおける補強の全権を掌握することとなった。チャンピオンズリーグのグループリーグにおいても結果が芳しくなく、リーグも勝利を掴むことがなかなかできず、2015年11月30日、ヌーノは解任された。後任には元イングランド代表DFガリー・ネビルが就任した。しかしトップチームでの指導経験が全くないネビルはリーグ戦でほとんど勝つことができず、コパ・デル・レイにおいてはFCバルセロナに0-7と歴史的大敗をし、CLグループリーグ敗退に伴い出場したヨーロッパリーグにおいても、アスレティック・ビルバオとの同国対決を落とし、ネビルはわずか4ヶ月で解任された。後任にはパコ・アジェスタランが就任し、復調の兆しを見せたものの、最終的には12位でシーズンを終えた。

16-17シーズンはチームの主力であったパコ・アルカセルアンドレ・ゴメスをバルセロナに、シュコドラン・ムスタフィアーセナルFCに、アルバロ・ネグレドミドルズブラFCに、ソフィアン・フェグリウェストハム・ユナイテッドに売却した。補強面ではナニマリオ・スアレスエセキエル・ガライアルバロ・メドランマルティン・モントーヤムニル・エル・ハダディエリアカン・マンガラなどを獲得した。開幕からなかなか勝つことができず、9月20日にパコ・アジェスタラン監督を解任。ボロが暫定的にチームを率いたのち、2016年10月1日にEURO2012でイタリア代表を決勝まで導いたチェーザレ・プランデッリを後任に据えた。[11]しかし冬の移籍市場ではユベントスFCからシモーネ・ザザを獲得したのみでプランデッリの要求が通ることがほとんどなかった。ザザの活躍もあり、レアル・マドリードに勝利したこともあったが、結果は好転せずシーズン終了を待たずしてプランデッリも解任された。後任は再びボロが就任している。

17-18シーズンは監督にマルセリーノ・ガルシア・トラルが就任した[12]

スタジアム編集

 
エスタディオ・デ・メスタージャ

1919年にクラブが創設されてから1923年まではエスタディオ・アルヒロスをホームスタジアムとしていたが、1923年にエスタディオ・デ・メスタージャに移転した。1950年に増築されて45,000人収容となったが、1957年10月にトゥリア川が氾濫してバレンシア市全域が洪水に襲われ、メスタージャのピッチは大規模な復旧作業を必要とした[3]。復旧と同時に照明塔の建設など様々な改良工事が行われ、1959年の火祭りの期間中に再オープンした。今日では55,000人を収容し、スペインで5番目に大きなスタジアムである。2008-09シーズンは本来ならばメスタージャでの最終シーズンであり、2009-10シーズンより75,000人収容のノウ・メスタージャに移転するはずだったが、財政難により新スタジアムの工事が中断され、移転計画は遅延した[13]。2011年12月12日、マヌエル・ジョレンテ新会長はスペイン国内に7つの銀行を保有する金融グループであるバンキア(Bankia)と合意に達したが、その後バンキアが極度の経営難に陥って国有化されたため、建設計画は再び暗礁に乗り上げた[14][15]

タイトル編集

国内タイトル編集

  • プリメーラ・ディビシオン
    • 優勝6回 : 1941-42, 1943-44, 1946-47, 1970-71, 2001-02, 2003-04
    • 準優勝6回 : 1947–48, 1948–49, 1952–53, 1971–72, 1989–90, 1995–96
  • コパ・デル・レイ
    • 優勝7回 : 1940-41, 1948-49, 1953-54, 1966-67, 1978-79, 1998-99, 2007-08
    • 準優勝9回 : 1933–34, 1943–44, 1944–45, 1945–46, 1951–52, 1969–70, 1970–71, 1971–72, 1994–95

国際タイトル編集

親善大会(非公式大会)編集

過去の成績編集

シーズン 国内リーグ 国王杯[16] 欧州カップ その他大会 得点王[17]
ディビジョン 順位 試合数 勝利 引分 敗北 得点 失点 勝ち点 名前 得点数
1928-29 セグンダ 5位 18 8 3 7 33 31 19 2回戦敗退 セルベージョ 2
1929-30 6位 18 7 4 7 40 43 18 ベスト8 ナバーロ 4
1930-31 1位 18 12 2 4 37 25 26 ベスト8 ビラノバ 5
1931-32 プリメーラ 7位 18 6 3 9 38 47 15 2回戦敗退 カピージャス 9
1932-33 9位 18 4 5 9 34 53 13 ベスト4 コスタ 12
1933-34 7位 18 7 3 8 28 38 17 準優勝 ビラノバ 11
1934-35 9位 22 9 2 11 40 49 20 ベスト16 11
1935-36 8位 22 7 5 10 36 42 19 ベスト16 サンティアゴ 10
1936–37 スペイン内戦のため開催されず
1937–38
1938–39
1939-40 プリメーラ 8位 22 9 3 10 40 36 21 ベスト4 スアレス 19
1940-41 3位 22 11 5 6 60 52 27 優勝 27
1941-42 1位 26 18 4 4 85 39 40 ベスト4 29
1942-43 7位 26 10 7 9 58 45 27 ベスト4 26
1943-44 1位 26 18 4 4 73 32 40 準優勝 29
1944-45 5位 26 12 6 8 61 35 30 準優勝 20
1945-46 6位 26 9 10 7 44 36 28 準優勝 20
1946-47 1位 26 16 2 8 54 34 34 ベスト16 モレーナ 11
1947-48 2位 26 15 4 7 59 34 34 ベスト8 コパ・エバ・ドゥアルテ 準優勝 イゴア 15
1948-49 2位 26 16 3 7 78 47 35 優勝 スアレス
セグイ
19
1949-50 3位 26 12 7 7 71 43 31 ベスト4 コパ・エバ・ドゥアルテ 優勝 イゴア 28
1950-51 3位 30 17 3 10 64 48 37 ベスト16 バデネス 22
1951-52 5位 30 15 5 10 68 51 35 準優勝 21
1952-53 2位 30 16 8 6 66 42 40 ベスト16 フエルテス
バデネス
16
1953-54 3位 30 14 6 10 69 51 34 優勝 ヴィルケス 18
1954-55 5位 30 15 3 12 71 60 33 ベスト8 バデネス 22
1955-56 6位 30 13 6 11 58 50 32 ベスト16 ヴィルケス 11
1956-57 11位 30 10 7 13 43 46 27 ベスト4 イボーラ 10
1957-58 4位 30 13 10 7 56 40 36 ベスト8 ビルヘン 19[18]
1958-59 4位 30 13 7 10 47 41 33 ベスト4 ホエル
J・R・マチャード
テルセーロ
ワルテル
7
1959-60 9位 30 11 6 13 37 33 28 ベスト8 アベイロ 10
1960-61 5位 30 11 10 9 46 42 32 ベスト16 ヌニェス 15
1961-62 7位 30 12 11 7 50 50 31 ベスト4 フェアーズカップ 優勝 W・マチャード 22
1962-63 7位 30 14 3 13 49 36 31 ベスト8 フェアーズカップ 優勝 17
1963-64 6位 30 16 0 14 53 47 32 ベスト4 フェアーズカップ 準優勝 25
1964-65 4位 30 17 4 9 59 37 38 ベスト8 フェアーズカップ 1回戦敗退 22
1965-66 9位 30 11 5 14 40 35 27 ベスト16 フェアーズカップ 3回戦敗退 セルダ 12
1966-67 6位 30 14 4 12 58 37 32 優勝 フェアーズカップ 3回戦敗退 W・マチャード 29[19]
1967-68 4位 30 13 8 9 52 38 34 ベスト8 UCWC ベスト8 アンソーラ 17
1968-69 5位 30 10 11 9 36 39 31 ベスト8 フェアーズカップ 1回戦敗退 8
1969-70 6位 30 15 5 10 35 23 35 準優勝 フェアーズカップ 1回戦敗退 12
1970-71 1位 30 18 7 5 41 19 43 準優勝 フェアーズカップ 2回戦敗退 フォルメント 14
1971-72 2位 34 19 7 8 53 30 45 準優勝 CC 2回戦敗退 キーノ 14
1972-73 7位 34 12 10 12 37 33 34 ベスト16 UEFAカップ 2回戦敗退 バルデス 12
1973-74 10位 34 13 7 14 41 33 33 ベスト8 キーノ 12
1974-75 12位 34 12 8 14 53 48 32 5回戦敗退 クララムント 12
1975-76 10位 34 12 8 14 43 41 32 ベスト16 レップ 14
1976-77 6位 34 13 10 11 53 47 36 ベスト8 ケンペス 24[19]
1977-78 4位 34 16 7 11 54 33 39 ベスト8 39[20]
1978-79 7位 34 14 7 13 44 39 35 優勝 UEFAカップ 3回戦敗退 18
1979-80 6位 34 12 12 10 50 42 36 ベスト16 UCWC 優勝 33
1980-81 4位 34 17 8 9 59 41 42 3回戦敗退 UCWC 2回戦敗退 USC 優勝 モレーナ 24
1981-82 5位 34 17 5 12 54 46 39 ベスト16 UEFAカップ ベスト8 アルネセン 17
1982-83 15位 34 9 7 18 42 56 25 ベスト16 UEFAカップ ベスト8 ケンペス 13
1983-84 12位 34 12 8 14 45 47 32 ベスト16 11
1984-85 9位 34 9 15 10 40 37 33 ベスト16 カブレラ 14
1985-86 16位 34 8 9 17 38 62 25 4回戦敗退 カサボーナ 16
1986-87 セグンダ 1位 34 19 8 7 53 26 46 1回戦敗退 アルカニス 11
1987-88 プリメーラ 14位 38 10 13 15 44 53 33 ベスト32 ゴメス 11
1988-89 3位 38 18 13 7 39 26 49 ベスト32 15
1989-90 2位 38 20 13 5 67 42 53 ベスト4 UEFAカップ 2回戦敗退 15
1990-91 7位 38 15 10 13 44 40 40 ベスト8 UEFAカップ 2回戦敗退 12
1991-92 4位 38 20 7 11 63 42 47 ベスト8 ペネフ 18
1992-93 4位 38 19 10 9 60 33 48 ベスト4 UEFAカップ 1回戦敗退 21
1993-94 7位 38 14 12 12 55 50 40 ベスト16 UEFAカップ 2回戦敗退 ミヤトヴィッチ 19
1994-95 10位 38 13 12 13 53 48 38 準優勝 ペネフ 16
1995-96 2位 42 26 5 11 77 51 83 ベスト4 ミヤトヴィッチ 34
1996-97 10位 42 15 11 16 63 59 56 ベスト16 UEFAカップ ベスト8 ブラオヴィッチ
L・マチャード
10
1997-98 9位 38 16 7 15 58 52 55 ベスト16 イリエ 13
1998-99 4位 38 19 8 11 63 39 65 優勝 UEFAカップ 2回戦敗退 IT 優勝 C・ロペス 38
1999-00 3位 38 18 10 10 59 39 64 2回戦敗退 CL 準優勝 スーペルコパ 優勝 メンディエタ 19
2000-01 5位 38 18 9 11 55 34 63 2回戦敗退 CL 準優勝 フアン・サンチェス 17
2001-02 1位 38 21 12 5 51 27 75 1回戦敗退 UEFAカップ ベスト8 フアン・サンチェス
ルフェテ
8
2002-03 5位 38 17 9 12 56 35 60 2回戦敗退 CL ベスト8 スーペルコパ 準優勝 カリュー 13
2003-04 1位 38 23 8 7 71 27 77 ベスト8 UEFAカップ 優勝 ミスタ 24
2004-05 7位 38 14 16 8 54 39 58 2回戦敗退 CL GS敗退 USC 優勝 ディ・ヴァイオ 14
スーペルコパ 準優勝
UEFAカップ ベスト32
2005-06 3位 38 19 12 7 58 33 69 ベスト8 IT 準優勝 ビジャ 28
2006-07 4位 38 20 6 12 57 42 66 ベスト16 CL ベスト8 20
2007-08 10位 38 15 6 17 48 62 51 優勝 CL GS敗退 22
2008-09 6位 38 18 8 12 68 54 62 ベスト8 UEFAカップ ベスト32 スーペルコパ 準優勝 31
2009-10 3位 38 21 8 9 59 40 71 ベスト16 EL ベスト8 28
2010-11 3位 38 21 8 9 64 44 71 ベスト16 CL ベスト16 ソルダード 25
2011-12 3位 38 17 10 11 59 44 61 ベスト4 CL GS敗退 27
EL ベスト4
2012-13 5位 38 19 8 11 67 54 65 ベスト8 CL ベスト16 32
2013-14 9位 38 13 10 15 51 53 49 ベスト16 EL ベスト4 アルカセル 14
2014-15 4位 38 22 11 5 70 32 77 ベスト16 パレホ 12
2015-16 12位 38 11 11 16 46 48 44 ベスト4 CL GS敗退 アルカセル 15
EL ラウンド16
2016-17 12位 38 13 7 18 56 65 46 ベスト16 ロドリゴ

ムニル

7
2017-18 4位 38 22 7 9 65 38 73 ベスト4 ロドリゴ 19
優勝 準優勝 昇格 降格

現所属メンバー編集

ラ・リーガ 2017-18シーズン 第3節フォーメーション
2018年7月10日現在
No. Pos. 選手名
1   GK ジャウメ・ドメネク
3   DF ルベン・ヴェソ ( )
4   DF ジェイソン・ムリージョ ( )
5   DF ガブリエウ・パウリスタ
6   MF ネマニャ・マクシモヴィッチ
7   MF ゴンサロ・ゲデス
8   FW ルシアーノ・ビエット ( )
9   FW シモーネ・ザザ
10   MF ダニ・パレホ
11   MF アンドレアス・ペレイラ ( )
13   GK ネト ( )
14   DF ホセ・ルイス・ガヤ
15   DF ラト
No. Pos. 選手名
16   MF ジョフレイ・コンドグビア ( )
17   MF フランシス・コクラン
18   MF カルロス・ソレール
19   FW ロドリゴ・モレノ ( )
20   FW フェラン・トーレス
21   DF マルティン・モントヤ
22   FW サンティ・ミナ
24   DF エセキエル・ガライ ( )
29   DF ハビエル・ヒメネス
30   DF ナチョ・ビダル
--   DF ムクタル・ディアカビ ( )
--   MF ダニエル・ヴァス

※括弧内の国旗はその他保有国籍、もしくは市民権、星印はEU圏外選手を示す。

監督

ローン移籍編集

in
No. Pos. 選手名
4   DF ジェイソン・ムリージョ (インテル)
7   MF ゴンサロ・ゲデス (パリ・サンジェルマンFC)
No. Pos. 選手名
8   FW ルシアーノ・ビエット (アトレティコ・マドリード)
11   MF アンドレアス・ペレイラ (マンチェスター・U)
out
No. Pos. 選手名
4   DF アデルラン・サントス (サンパウロ)
8   MF アルバロ・メドラン (アラベス)
11   FW ザカリア・バカリ (RCデポルティーボ)
No. Pos. 選手名
15   MF ファビアン・オレジャーナ (エイバル)
23   DF アイメン・アブデヌール (マルセイユ)
31   MF ナチョ・ヒル (ラス・パルマス)

歴代監督編集

期間 名前 備考
1921-1922 フアン・アルメト・キンケ
1922-1923 アグスティン・サンチョ
1923-1927   アントン・フィヴバー
1927-1929 ジェームス・エリオット
1929-1931   アントン・フィヴバー
1931-1933 ロドルフォ・ギャロウエー
1933-1934   ジャック・グリーンウェル
1934-1935   アントン・フィヴバー
1935-1936 アンドレス・バルサ
1939-1942   ラモン・エンシナス リーガ優勝1回,
コパ・デル・レイ優勝1回
1942-1943 レオポルド・コスタ・リノ
1943-1946   エドゥアルド・クベルス リーガ優勝1回
1946-1948   ルイス・カサス・パサリン リーガ優勝1回
1948-1954   ジャシント・キンコセス コパ・デル・レイ優勝2回, スーペルコパ優勝1回
1954-1956 カルロス・イトゥラスペ
1956-1958   ルイス・ミロ
1958-1959   ジャシント・キンコセス
1959-1960 ペドロ・オットー・ブンベル
1960-1962 ドミンゴ・バルマンジャ
1962-1963   アレハンドロ・スコペッリ UEFAカップ優勝2回
1963-1964   ベルナルディーノ・ペレス
1964-1965   エドムンド・スアレス・ムンド
1965-1966 サビノ・バリナガ
1966-1968   エドムンド・スアレス・ムンド コパ・デル・レイ優勝1回
1968-1969 ホセ・イグレシアス・ジョセイト
1969-1970 エンリケ・ブケ
1970-1974   アルフレッド・ディ・ステファノ リーガ優勝1回
1974-1975 ミロバン・チリッチ
1975-1976 ドゥラゴリュブ・ミロセヴィッチ
1976-1977 エリベルト・エレーラ
1977 マヌエル・メストレ
1977-1979 マルセル・ドミンゴ
1979   ベルナルディーノ・ペレス
1979-1980   アルフレッド・ディ・ステファノ UEFAカップウィナーズカップ優勝1回
1980-1982   ベルナルディーノ・ペレス コパ・デル・レイ優勝1回, UEFAスーパーカップ優勝1回
1982 マヌエル・メストレ
1982-1983 ミラン・ミラニッチ
1983 コルド・アギーレ
1983-1984   フランシスコ・ガルシア・パキート
1984-1985 ロベルト・ヒル
1985-1986 オスカル・ルベン・バルデス
1986-1988   アルフレッド・ディ・ステファノ
1988 ロベルト・ヒル
1988-1991   ビクトル・エスパラゴ
1991-1993   フース・ヒディンク
1993 フランシスコ・レアル
1993-1994   エクトル・ヌネス
1994   ホセ・マヌエル・リエロ
1994   フース・ヒディンク
1994-1995   カルロス・アルベルト・パレイラ
1995   ホセ・マヌエル・リエロ
1995-1997   ルイス・アラゴネス
1997   ホルヘ・バルダーノ
1997   ホセ・マヌエル・リエロ
1997-1999   クラウディオ・ラニエリ コパ・デル・レイ優勝1回,
UEFAインタートトカップ優勝1回
1999-2001   エクトル・クーペル スーペルコパ優勝1回
2001-2004   ラファエル・ベニテス リーガ優勝2回,
UEFAカップ優勝1回
2004-2005   クラウディオ・ラニエリ UEFAスーパーカップ優勝1回
2005   アントニオ・ロペス
2005-2007   キケ・サンチェス・フローレス
2007-2008   ロナルド・クーマン コパ・デル・レイ優勝1回
2008   ボロ (暫定監督)
2008-2012   ウナイ・エメリ
2012   マウリシオ・ペジェグリーノ
2012   ボロ (暫定監督)
2012-2013   エルネスト・バルベルデ
2013   ミロスラヴ・ジュキッチ
2013-2014    フアン・アントニオ・ピッツィ
2014-2015   ヌーノ・エスピーリト・サント
2015   ボロ (暫定監督)
2015-2016   ガリー・ネヴィル
2016   パコ・アジェスタラン
2016   ボロ (暫定監督)
2016   チェーザレ・プランデッリ
2016-2017   ボロ (暫定監督)
2017-   マルセリーノ・ガルシア・トラル

歴代所属選手編集

GK編集

DF編集

MF編集

FW編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Football Europe: Valencia CFUEFA.com
  2. ^ Sociological Investigation Center – CIS, May barometers (スペイン語)
  3. ^ a b c d e f Classic Club Valencia CF FIFA.com
  4. ^ 2003–2004 season
  5. ^ AFP BB News (2008年12月3日). “バレンシア 破産の危機が報じられる”. 2009年7月14日閲覧。
  6. ^ バレンシア 財政難により主力選手放出へAFP BB News、2008年7月22日]
  7. ^ バレンシア会長:「クラブの負債はだいぶ減った」Goal.com、2011年6月5日]
  8. ^ バレンシアから届いた日本への思い スポーツナビ、2011年4月21日
  9. ^ バレンシア、MFマタのチェルシー移籍に合意ロイター、2011年8月22日]
  10. ^ なお、1994-95シーズンに3位となったレアル・ベティスの獲得勝ち点は46であり、これを現行の勝利=3ポイントとして計算しなおすと勝ち点61となる。
  11. ^ バレンシア、元伊代表監督プランデッリ氏の就任を発表 2年契約で合意 SOCCERKING (2016年10月2日)
  12. ^ バレンシア、マルセリーノが指揮官に就任...選手の「大幅入れ替え」を明言Goal.com、2017年5月26日]
  13. ^ アーカイブされたコピー”. 2009年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月9日閲覧。World Soccer、2009年4月5日
  14. ^ バレンシア、新メスタージャ建設が再び暗礁にGoal.com、2012年9月15日]
  15. ^ バンキア、バレンシアとの不動産融資合意を破棄Goal.com、2012年9月22日]
  16. ^ Spanish Cup Winners
  17. ^ リーガ・エスパニョーラコパ・デル・レイコパ・デ・ラ・リーガスーペルコパ・デ・エスパーニャ、欧州カップ戦などの通算得点数
  18. ^ 19 goals in the La Liga
  19. ^ a b 24 goals in the La Liga
  20. ^ 28 goals in the La Liga

外部リンク編集