メインメニューを開く

ジョイス・ポーター: Joyce Porter1924年3月28日 - 1990年12月9日[1])は、イギリスの女性推理作家である。ドーヴァー主任警部やホン・コンおばさん、なまけスパイなどを主人公としたユーモア推理小説を著した。

略歴編集

チェシャー生まれ[2]。ロンドン大学卒業[3]婦人補助空軍に士官として、1949年から1963年まで勤務する。

著作編集

長編小説編集

ドーヴァー主任警部シリーズ編集

  • Dover One, 1964
  • Dover Two, 1965
    • 『ドーヴァー2』尾坂力訳 (ハヤカワ・ミステリ968、1967年)
  • Dover Three, 1965
    • 『ドーヴァー3』小倉多加志訳 (ハヤカワ・ミステリ982、1967年)
      • 『誤算』(ハヤカワ文庫、1980)
  •  Dover and the Unkindest Cut of All , 1967
    • 『ドーヴァー4/切断』小倉多加志訳 (ハヤカワ・ミステリ1066、1969年)
      • 『切断』(ハヤカワ文庫、1976)
  • Dover Goes to Pott , 1968
    • 『ドーヴァー5/奮闘』乾信一郎訳 (ハヤカワ・ミステリ1118、1970年)
      • 『奮闘』(ハヤカワ文庫、1977)
  • Dover Strikes Again , 1970
    • 『ドーヴァー6/逆襲』乾信一郎訳 (ハヤカワ・ミステリ1198、1973年)
  • It's Murder with Dover, 1973
    • 『ドーヴァー7/撲殺』乾信一郎訳 (ハヤカワ・ミステリ1257、1976年)
  • Dover and the Claret Tappers, 1976
    • 『ドーヴァー8/人質』小倉多加志訳 (ハヤカワ・ミステリ1305、1978年)
  • Dead Easy for Dover, 1978
    • 『ドーヴァー9/楽勝』小倉多加志訳 (ハヤカワ・ミステリ1336、1979年)
  • Dover Beats the Band, 1980
    • 『ドーヴァー10/昇進』小倉多加志訳 (ハヤカワ・ミステリ1381、1981年)
  • Dover: The Collected Short Stories, 1995 ※短編集

ホン・コンおばさん(オノラブル・コンスタンス・エセル・モリソン=バーク)シリーズ編集

  • Rather a Common Sort of Crime, 1970
    • 『案外まともな犯罪』黒田晶子訳 (ハヤカワ・ミステリ1167、1972年)
  • A Meddler and Her Murder, 1972
    • 『おせっかいな殺人』山本俊子訳 (ハヤカワ・ミステリ1272、1976年)
  • The Package Included Murder, 1975
    • 『殺人つきパック旅行』宮脇孝雄訳 (ハヤカワ・ミステリ1301、1978年)
  • Who the Heck is Sylvia? , 1977
  • The Cart Before the Crime , 1979

なまけスパイ(エドマンド・ブラウン)シリーズ編集

  • Sour Cream with Everything, 1966
  • The Chinks in the Curtain, 1967
  • Neither a Candle Nor a Pitchfork, 1969
    • 『天国か地獄か』沢川進訳 (ハヤカワ・ミステリ1210、1973年)
  • Only with a Bargepole , 1971

短編小説編集

  • Dover Pulls a Rabbit , 1978
  • Dover Goes to School , 1978
  • A Gross Miscarriage of Justice , 1978
  • A Grass Miscarriage of Justice , 1980

評論編集

  • 「作家の孤独な生活」 The Solitary Life of the Writer, 1982. 『ミステリー雑学読本』 Murder Ink 集英社 に収録

参考文献編集

早川書房編集部・編『ハヤカワ・ミステリ総解説目録 1953年-2003年』(2003年、早川書房

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ Joyce Porter”. Cyberspace Spinner. 2008年8月9日閲覧。
  2. ^ 『切断』(早川書房)解説より
  3. ^ 『切断』(早川書房)解説より