ジョン・オバニオン

ジョン・オバニオン(John O'Banion、1947年2月16日 - 2007年2月14日)は、アメリカ歌手俳優

経歴・人物編集

1981年ジョーイ・カーボーンen:Richie Zitoのプロデュースでデビューアルバム『John O'Banion』からシングルカットされた「Love You Like I Never Loved Before」(邦題:僕のラブソング)がヒットして全米からの注目を集めた、80年代を代表するAORシンガーのひとり。

1982年に発売した2枚目のアルバム『Danger』からのシングル「I Don't Want To Loose Your Love」(邦題:君だけのバラード)も前作に続いてヒットした。同年3月に第11回東京音楽祭に出場し、グランプリを獲得。

1983年には映画里見八犬伝』(東映系角川映画)の主題歌である「里見八犬伝( (英語:I Don't Want This Night To End))」、「八剣士のテーマ (White Light)(英語:Hakkenshi's Theme (White Light))」を歌い、サウンドトラック・コンセプト・アルバムをリリースしたことで、日本でもその名が知られることとなった。

その後、俳優業に進出したことで長期間歌手活動を休止していたが、1995年にはカバーアルバム『Hearts』を発表して歌手活動を再開。主にライブハウスで活動した。

しかし、2007年のツアー中にニューオリンズでひき逃げ事故に遭い、同年2月14日に死去。60歳の誕生日を迎える2日前だった。

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • John O'Banion(1981年)
  • Danger(1982年)
  • Satomi Hakken-Den(1983年)
  • White Light(1985年)
  • Hearts(1995年)
  • When I'm Dreaming(1999年)

参照編集

外部リンク編集