メインメニューを開く

ジョン・キーツJohn Keats1795年10月31日 - 1821年2月23日)は、イギリスロマン主義詩人

ジョン・キーツ
John Keats
John Keats by William Hilton.jpg
ウィリアム・ヒルトンによる肖像画(1822年頃)
誕生 (1795-10-31) 1795年10月31日
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国ロンドン
死没 1821年2月23日(1821-02-23)(25歳)
Flag of the Papal States (1808-1870).svg 教皇領ローマ
職業 詩人、外科医見習い、医学生
言語 英語
国籍 イギリスの旗 イギリス
文学活動 ロマン主義
配偶者 結婚せず(婚約者フランシス・「ファニー」・ブローン)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

生涯編集

ロンドンムアーゲートにて貸し馬車屋を営んでいた父トマスと母フランセスの長男とし1795年10月に生まれる。幼少期は幸せであったが、1804年の9歳の時、父を落馬事故で頭部骨折により亡くなったのが困難の始まりで、まもなく母は再婚したが、再婚相手とはすぐに別れ、子供たちをつれてキーツの祖母と同居するようになる。1810年に母も結核で死去。祖母の計らいで外科医の徒弟手として奉公に出される。1814年まで徒弟奉公を続けた。期間が満了するとロンドン市内のガイズ・ホスピタルの医学生となる。後に外科医と薬剤師の資格を取るが、医学生のころから、詩作に傾倒しはじめる。

1817年の春、ジョンはワイト島へ1週間ほどの旅行に出かけた。同年、処女詩集『詩集』(Poems by John Keats)を出版した。1818年スコットランドを旅行したが、ハムステッドに戻った後ファニー・ブローン(en:Fanny Brawne)と知り合い翌年非公式ながら婚約を交わす。同年これに先立ち、彼はスコットランドに旅立つ前に、巻4千行にも及ぶ寓意叙事詩『エンディミオン』(Endymion)を出版したが、評論誌、雑誌から激しく批判される。気落ちした彼は、John Brownに誘われ旅立ち湖水地方からスコットランドに入りアイルランドにも短期間渡り、スコットランドのハイランド地方に入るとマル島やアイオナ島、フィンガルの洞窟で有名なスタッファ島にも渡ったが、この頃から結核の兆候となる喉の不調が目立つ。ブリテン島最高峰のベン・ネヴィス山頂にも立ったが、喉と体調の不調がひどくなりインヴァネスから船でロンドンに戻った。弟ジョンはこの後1818年12月1日に母と同じ結核で死去。

この後ジョンはミルトン風無韻詩による哲学的叙情詩『ハイペリオン』(Hyperion)を書き出すが、未完に終わる。これをスタイルを変え改稿し『ハイペリオンの没落』(The Fall of Hyperion)として新たに書き始めたが、こちらも未完に終わる。

1819年には、『秋に寄せて』(To Autumn)、『ギリシャの古壺のオード』(Ode on a Grecian Urn)などの代表的オードが次々と発表された。しかしジョンの病状は好転せず、彼はファニーとの結婚を諦める。更に彼の病いは悪化し、医者の勧めでイギリスの冷たい空気をさけ、イタリアで療養することになった。イタリアでの住まいはローマスペイン広場の近くであった。友人の手厚い看護を受けながら、ジョンは1821年2月23日、25歳で死去。ローマの新教徒墓地に葬られる。彼の遺言により、墓石には「その名を水に書かれし者ここに眠る("Here lies one whose name was writ in water")」と彫られている。

著作編集

 
ローマにあるキーツの墓。
この詩はレイミア(ラミアー)の異類婚姻譚。内容はロバート・バートン(en:Robert Burton (scholar))のThe Anatomy of Melancholy(『憂鬱の解剖学』)の第3部第2節第1条第1題の逸話とジョン・ランプリエールの『ギリシア・ローマ事典』(ジョン・ポッターの『ギリシア古俗』)による[2]
この詩中Part Ⅱの部分にアイザック・ニュートンプリズムによるスペクトル発見に代表される科学哲学の発展が文学の詩情を破壊した、と激しく非難する内容がある[3]
ちなみに、詩の作中の一節"Unweave a rainbow"(「(学問が)をばらばらにする」)は、リチャード・ドーキンスUnweave the Rainbow(『虹の解体』)と自著の題名にした。ドーキンスは、この本でキーツに代表される文学者の科学に対する否定的見解に反駁して、科学の発展は宇宙に対する"センス・オブ・ワンダー"(驚嘆する精神)を生み、それこそが詩情の源泉となる、と説いている。

訳書一覧編集

  • 渡辺正知訳『キイツ詩集』聚英閣〈泰西詩人叢書〉、1926年。
  • 中橋一夫訳『キーツの手紙』青木書店、1940年。
  • 川村泉訳『感覚より思索へ キーツの手紙』養徳社、1947年。
  • 中橋一夫訳『愛について』角川書店、1948年。
  • 大和資雄訳『エンディミオン』岩波文庫、1949年。
  • 梅原義一訳編『キーツ書翰集』弘文堂、1949年。
  • 佐藤清選訳『キーツ書簡集』岩波文庫、1952年。
  • 岡地嶺訳『キーツ詩集』文修堂、1965年。
  • 出口泰生訳『キーツ詩集』彌生書房〈世界の詩〉、1966年。
  • 田村英之助訳編『キーツ詩集』思潮社〈古典選書〉、1968年。
  • 今西信弥訳註『蛇女 譚詩 他2篇』大阪教育図書、1968年。
  • 松浦暢訳『キーツの手紙』吾妻書房、1971年。
  • 出口保夫訳『キーツ全詩集』全3巻・別巻1、白凰社、1974年。
  • 出口保夫訳『キーツ詩集』白凰社〈青春の詩集〉、1975年。
  • 高島誠訳『キーツ詩集 新訳』弥生書房〈世界の詩〉、1975年。
  • 武田美代子訳『オットー大帝 悲劇・全五幕』南雲堂、1977年。
  • 田村英之助訳『詩人の手紙』冨山房百科文庫、1977年。
  • 岡地嶺訳『キーツ詩集』泰文堂、1979年。
  • 西山清訳『エンディミオン 物語詩』鳳書房、2003年。
  • 宮崎雄行編『キーツ詩集 対訳』岩波文庫〈イギリス詩人選〉、2005年。
  • 中村健二訳『キーツ詩集』岩波文庫、2016年。

編集

[ヘルプ]
  1. ^   John Keats. Lamia. - ウィキソース. 
  2. ^ 南條竹則 『蛇女の伝説』 平凡社新書059 2000年
  3. ^ 日本語での解説

関連項目編集

外部リンク編集