ジョン・ダルリンプル (第6代ステア伯爵)

第6代ステア伯爵ジョン・ダルリンプル英語: John Dalrymple, 6th Earl of Stair1749年9月24日 エディンバラ1821年6月1日 ロンドン)は、イギリスの政治家、外交官、スコットランド貴族在ポーランドイギリス特命全権公使英語版(在任:1782年 – 1784年)、在プロイセンイギリス特命全権公使英語版(在任:1785年 – 1787年)、スコットランド貴族代表議員(在任:1790年 – 1807年、1820年 – 1821年)を歴任した[1]。1768年から1789年までダルリンプル子爵儀礼称号を使用した[1]

生涯編集

第5代ステア伯爵ジョン・ダルリンプルと妻マーガレット(Margaret、旧姓ミドルトン(Middleton)、1798年2月3日没、銀行家ジョージ・ミドルトンの娘)の息子として、1749年9月24日にエディンバラで生まれた[2]。1762年から1766年までイートン・カレッジで教育を受けた後[1]エディンバラ大学に進学した[2]。その後はグランドツアーに出て、1771年12月にヴォルテールに出会ったほか、1776年から1777年にかけてナポリローマヴェネツィアを旅した[1]

ダルリンプル子爵はイギリス陸軍に入隊[2]、1779年10月19日に大尉として歩兵第87連隊英語版に配属された[3]アメリカ独立戦争では1781年9月のグロトンハイツの戦いベネディクト・アーノルドの配下として参戦した後[2][4]ヘンリー・クリントンの命令を受けて、戦況の報せを本国に届けた[5]

1782年1月5日に在ポーランドイギリス特命全権公使英語版に任命され[6]、8月22日にワルシャワに到着した[7]。赴任にあたり、ヨーロッパ諸国の宮廷におけるオスマン帝国解体計画の有無を探るよう命じられた[1]。また、同年6月には在ザクセンイギリス特命全権公使に任命されたが、ザクセンには赴任しなかった[8]。しかし、ポーランドの風土により健康を害し[1]、1784年5月13日/14日に帰国した[7]

1785年8月3日に在プロイセンイギリス特命全権公使英語版に任命され[9]、11月29日にベルリンに到着した[10]。1786年8月、ヘッセン=カッセル方伯ヴィルヘルム9世ガーター勲章を授与するためのイギリス代表に任命された[11][12]。同年秋にはプロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム2世の即位にあたり、プロイセンの情勢を本国に報告した[1]。1787年5月末に帰国し[10]在ロシアイギリス特命全権公使英語版の就任打診にはロシアの風土と公使としての出費を理由に辞退した[1]

1789年10月13日に父が死去すると、ステア伯爵位を継承した[2]1790年イギリス総選挙でスコットランド貴族代表議員に当選、1796年1802年1806年に再選した[2]1820年イギリス総選挙で再びスコットランド貴族代表議員に当選した[2]

1821年6月1日、生涯未婚のままロンドンスプリング・ガーデンズ英語版の自宅で死去、ダンフリーズ・アンド・ギャロウェイインチ英語版で埋葬された[2]。叔父ウィリアム英語版の息子ジョン・ウィリアム・ヘンリーが爵位を継承した[2]

人物編集

グランドツアー中の1771年12月に出会ったヴォルテールから「スピノザのような哲学者」(philosophe comme Spinoza)と形容された[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i Abbott, D. M. (3 January 2008) [23 September 2004]. "Dalrymple, John, sixth earl of Stair". Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/7056 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
  2. ^ a b c d e f g h i Paul, James Balfour, Sir, ed. (1911). The Scots Peerage (英語). VIII. Edinburgh: David Douglas. pp. 150–151, 157.
  3. ^ "No. 12023". The London Gazette (英語). 16 October 1779. p. 2.
  4. ^ "No. 12239". The London Gazette (英語). 3 November 1781. pp. 1–2.
  5. ^ Henderson, Thomas Finlayson (1888). "Dalrymple, John (1749-1821)" . In Stephen, Leslie (ed.). Dictionary of National Biography (英語). 13. London: Smith, Elder & Co. p. 425.
  6. ^ "No. 12258". The London Gazette (英語). 1 January 1782. p. 1.
  7. ^ a b Horn, D. B., ed. (1932). British Diplomatic Representatives 1689-1789 (英語). XLVI. City of Westminster: Offices of The Royal Historical Society. p. 94.
  8. ^ Horn, D. B., ed. (1932). British Diplomatic Representatives 1689-1789 (英語). XLVI. City of Westminster: Offices of The Royal Historical Society. p. 65.
  9. ^ "No. 12670". The London Gazette (英語). 2 August 1785. p. 369.
  10. ^ a b Horn, D. B., ed. (1932). British Diplomatic Representatives 1689-1789 (英語). XLVI. City of Westminster: Offices of The Royal Historical Society. p. 110.
  11. ^ "No. 12778". The London Gazette (英語). 15 August 1786. p. 376.
  12. ^ Horn, D. B., ed. (1932). British Diplomatic Representatives 1689-1789 (英語). XLVI. City of Westminster: Offices of The Royal Historical Society. p. 58.

関連図書編集

  • "No. 12466". The London Gazette (英語). 12 August 1783. p. 1. - 在ポーランド公使の在任中、本国政府宛ての手紙が報じられている。

外部リンク編集

外交職
先代
ジェームズ・ヘア英語版
在ポーランドイギリス特命全権公使英語版
1782年 – 1784年
次代
チャールズ・ウィットワース英語版
先代
サー・ジョン・ステップニー準男爵英語版
在プロイセンイギリス特命全権公使英語版
1785年 – 1787年
次代
ジョセフ・ユワート英語版
スコットランドの爵位
先代
ジョン・ダルリンプル
ステア伯爵
1789年 – 1821年
次代
ジョン・ダルリンプル