メインメニューを開く

ジョン・ネヴィル (初代ネヴィル・ドゥ・レビィ男爵)

ネヴィル・ドゥ・レビー男爵ジョン・ネヴィルJohn Neville, 1st Baron Neville de Raby, 1410年頃 - 1461年3月29日)は、イングランドの貴族・軍人。父は初代ウェストモーランド伯ラルフ・ネヴィルの長男のネヴィル卿ジョン・ネヴィルSir John Neville, Lord Neville)、母はケント伯トマス・ホランドの娘エリザベス・ホランド(Elizabeth Holland)。第2代ウェストモーランド伯ラルフ・ネヴィルの弟。

1451年以降にエクセター公ジョン・ホランドの娘アン・ホランドと結婚した。アンはジョンの甥で兄ラルフの息子ジョンの未亡人だった。夫妻は息子を1人授かった。

薔薇戦争において、元来はヨーク公リチャードヨーク派に属していたが、1459年ウェイクフィールドの戦いの直前にランカスター派に寝返った。ヨーク公はネヴィルが増援を率いて来ると考えて戦っていたが、増援の代わりにネヴィルの攻撃を受け敗死した。ネヴィルの父方の叔父(但し父とは腹違い)にあたるソールズベリー伯リチャード・ネヴィルは戦闘の直後に処刑され、ネヴィルはソールズベリー伯の遺言によってミドルハム城シェリフ・ハットン城Sheriff Hutton Castle)の治安官になった。

1461年3月28日フェリブリッジの戦いではランカスター派の指揮官の1人として戦ったが、翌日のタウトンの戦いで戦死した。彼の死は不名誉とされ私権剥奪となったが、息子のラルフは1472年に私権復活を受けて男爵位を継承している。

イングランドの爵位
先代:
新設
ネヴィル・ドゥ・レビー男爵
1459年 - 1461年
次代:
ラルフ・ネヴィル