ヨーク公(ヨークこう、Duke of York)は、イギリス王族が有する公爵位。ヨーク公であったエドワード4世が国王に即位してヨーク朝を興して以後は、王太子が存命中に限り、国王または女王の存命する2番目の男子に与えられている。称号の由来するヨークは、イングランド北部の中心的な都市である。

1384年に創設。現在のヨーク公は、女王エリザベス2世の次男アンドルー王子。現在の従属爵位は、インヴァネス伯爵とキラニー男爵である。

目次

歴史編集

第1期4代目のエドワード・プランタジネットがエドワード4世として即位して以来、ヨーク公の血縁による世襲は行われていない。これについては、男子を儲けたヨーク公はその長男あるいは次男に爵位を継がせる前に即位していること、そうでないヨーク公は男子を残さずに薨去し断絶していることも理由。

ヨーク・オールバニ公フレデリックの死後ヨーク公位が暫く創設されず、その間即位していたヴィクトリア女王の次男アルフレッドエジンバラ公を叙爵されたためヨーク公を継がなかった(なお、アルフレッドの唯一の男子ケント伯は父より先に死去しており、この男系も潰えた)。

エドワード7世の次男ジョージ は、結婚前に兄クラレンス公が未婚のまま亡くなったため、王太子となり、やがてヨーク公位は王冠に統合された。ジョージ5世の次男アルバートはここ300年で唯一親と同じ爵位を授かったヨーク公であるが、これは父の爵位を世襲したのではなく、父の即位後に改めて新規に叙爵されたものである。

当代のヨーク公・アンドルーにも男子はおらず、また離婚後は再婚していないので、このヨーク公位も将来的に1代で断絶する見込み。

ヨーク公一覧編集

ヨーク公 第1期(1384年)編集

ヨーク公 第2期(1474年)編集

ヨーク公 第3期(1494年)編集

ヨーク公 第4期(1605年)編集

ヨーク公 第5期(1644年)編集

ヨーク・オールバニ公 第1期(1716年)編集

ヨーク・オールバニ公 第2期(1760年)編集

ヨーク・オールバニ公 第3期(1784年)編集

ヨーク公 第6期(1892年)編集

ヨーク公 第7期(1920年)編集

ヨーク公 第8期(1986年)編集

関連項目編集