ジョン・モンクトン (初代ゴールウェイ子爵)

初代ゴールウェイ子爵ジョン・モンクトン英語: John Monckton, 1st Viscount Galway1695年1751年7月15日)は、イギリスとアイルランドの政治家、アイルランド貴族

生涯編集

ロバート・モンクトン英語版(1722年没)とセオドシア・ファウンテン(Theodosia Fountaine、ジョン・ファウンテンの娘)の息子として、1695年に生まれた[1]。1713年12月、ケンブリッジ大学トリニティ・ホール英語版に入学した[2]

1722年イギリス総選挙クリセロー選挙区英語版から出馬して落選した後、自身が所有していた選挙区内の市民借地権英語版burgage)を当選者の1人であるナサニエル・カーゾン英語版に売却し、売却時の協議に基づき1727年イギリス総選挙で再びクリセロー選挙区から出馬して当選した[3][4]。同年7月17日、アイルランド貴族であるクレア県におけるキラード男爵とゴールウェイ県におけるゴールウェイ子爵に叙された[1]。その後、1737年10月4日にアイルランド貴族院議員に就任した[1]

1729年、次の総選挙に備えてポンテフラクト選挙区英語版(2人区)で市民借地権77件を買い上げ[3]、同じくポンテフラクトの市民借地権を所有する第2代準男爵サー・ウィリアム・ラウザー英語版と1議席ずつ掌握した[5]。これにより、ゴールウェイ子爵は1734年イギリス総選挙でポンテフラクト選挙区に鞍替えして当選することができた[3]。同年から1748年までアイルランド歳入長官(Commissioner of Revenue)を務めた[3]

1人目の妻エリザベス・マナーズの姉が首相ヘンリー・ペラムの妻にあたるため、ゴールウェイ子爵はペラムと良好な関係を保ち、与党の一員として投票した[3]1747年イギリス総選挙で議席を長男に譲り、翌年にペラムより王領地測量長官英語版Surveyor General of the Land Revenues of the Crown)に任命された後[3]、長男が官職任命を受けたためポンテフラクト選挙区で補欠選挙が行われ、ゴールウェイ子爵は再出馬して当選した[5]

1749年、ケンブリッジ大学よりLL.D.の学位を授与された[2]

1751年7月15日に死去[1]フェルカーク英語版で埋葬された[2]。息子ウィリアム英語版が爵位を継承した[1]

家族編集

1人目の妻はエリザベス・マナーズ(Elizabeth Manners、1730年3月22日没、第2代ラトランド公爵ジョン・マナーズの娘)であり[1]、2人は3男1女をもうけた[3]

1734年11月、ジェーン・ウェステンラー(Jane Westenra、1788年5月没、ヘンリー・ワーナー・ウェステンラーの娘)と再婚[1]、3男1女をもうけた[3][6]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary; Doubleday, Herbert Arthur, eds. (1926). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Eardley of Spalding to Goojerat) (英語). 5 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 613–614.
  2. ^ a b c "John MONCKTON (MNKN713J)". A Cambridge Alumni Database (英語). University of Cambridge.
  3. ^ a b c d e f g h Sedgwick, Romney R. (1970). "MONCKTON, John, 1st Visct. Galway [I] (1695-1751), of Serlby, Notts.". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2020年1月18日閲覧
  4. ^ Cruickshanks, Eveline (1970). "Clitheroe". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2020年1月18日閲覧
  5. ^ a b Sedgwick, Romney R. (1970). "Pontefract". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2020年1月18日閲覧
  6. ^ "Galway, Viscount (I, 1727)". Cracroft's Peerage (英語). 29 January 2018. 2020年1月18日閲覧
グレートブリテン議会英語版
先代:
トマス・リスター英語版
ナサニエル・カーゾン英語版
庶民院議員(クリセロー選挙区英語版選出)
1727年 – 1734年
同職:トマス・リスター英語版
次代:
トマス・リスター英語版
ウィリアム・カーゾン英語版
先代:
サー・ウィリアム・ラウザー準男爵英語版
ジョン・モードント英語版
庶民院議員(ポンテフラクト選挙区英語版選出)
1734年 – 1747年
同職:サー・ウィリアム・ラウザー準男爵英語版 1734年 – 1741年
ジョージ・モートン・ピット英語版 1741年 – 1747年
次代:
ジョージ・モートン・ピット英語版
ウィリアム・モンクトン英語版
先代:
ジョージ・モートン・ピット英語版
ウィリアム・モンクトン英語版
庶民院議員(ポンテフラクト選挙区英語版選出)
1749年 – 1751年
同職:ジョージ・モートン・ピット英語版
次代:
ジョージ・モートン・ピット英語版
ロバート・モンクトン英語版
公職
先代:
トマス・ウォーカー英語版
王領地測量長官英語版
1748年 – 1751年
次代:
ロバート・ソーヤー・ハーバート英語版
アイルランドの爵位
爵位創設 ゴールウェイ子爵
1727年 – 1751年
次代:
ウィリアム・モンクトン=アランデル英語版