ジョン・モンタギュー (第2代モンタギュー公爵)

第2代モンタギュー公爵ジョン・モンタギュー: John Montagu, 2nd Duke of Montagu, KG, KB, PC1690年3月29日 - 1749年7月5日)は、イギリスの貴族。

ジョン・モンタギュー
John Montagu
第2代モンタギュー公
John Montagu, 2nd Duke of Montagu by Sir Godfrey Kneller, Bt.jpg
ゴドフリー・ネラー画の2代モンタギュー公
在位 1709年 - 1749年

出生 (1690-03-29) 1690年3月29日
死去 (1749-07-05) 1749年7月5日(59歳没)
配偶者 メアリー・チャーチル
子女 イザベラ
ジョン
ジョージ
メアリー
エドワード
家名 モンタギュー家
父親 初代モンタギュー公ラルフ・モンタギュー英語版
母親 エリザベス・リズリー
テンプレートを表示

経歴編集

1690年3月29日、初代モンタギュー公爵ラルフ・モンタギュー英語版とその妻エリザベス英語版(第4代サウサンプトン伯爵トマス・リズリーの娘)の間の息子として生まれる[1]。長男ではないが、兄は早世していたので嫡男としての出生だった[2]

1709年3月9日に父が死去し、第2代モンタギュー公爵位を継承した[1]。1714年のジョージ1世の即位式に際して大司馬を務めた[1]。1715年から1721年にかけてと1737年中には第1近衛騎馬隊英語版の隊長(Colonel)を務めた[1][2]

1715年から1749年にかけてノーザンプトンシャー知事英語版ワーウィックシャー知事英語版を務めた[1]

1721年フリーメイソンイングランド・首位グランドロッジ英語版グランドマスター英語版に就任。彼の就任をきっかけとしてフリーメイソン要職は貴族に独占されるようになる[3]。元グランドマスターのジョン・デサグリエに『フリーメイソン憲章』を作成させた[4]。しかし翌1722年の不在中に初代ウォートン公爵フィリップ・ウォートンにグランドマスター職を取られた。モンタギュー公はデサグリエを副グランドマスターにすることを条件にウォートン公のグランドマスター就任を認めた[3]

1733年から1734年にかけてはワイト島総督英語版を務めた[1]。1736年1月に枢密顧問官に列した[1]。1740年から1749年にかけて第2代近衛竜騎兵連隊英語版連隊長を務めた[1][2]

1740年には補給庁長官英語版し、短期間の退任を挟んで死去まで務めた[2]衣服長官英語版バス騎士団グランドマスター英語版なども務めた[2]

1749年7月5日に発熱して死去。生存している男子がなく、爵位は彼の死とともに廃絶した[1]

栄典編集

爵位編集

  • 1709年3月9日、第2代モンタギュー公爵 (2nd Duke of Montagu, 1705年創設イングランド貴族爵位)
  • 1709年3月9日、第2代モンザーマー侯爵 (2nd Marquess of Monthermer, 1705年創設イングランド貴族爵位)
  • 1709年3月9日、第2代モンタギュー伯爵 (2nd Earl of Montagu, 1689年創設イングランド貴族爵位)
  • 1709年3月9日、第2代エセックス州におけるモンザーマーのモンザーマー子爵 (2nd Viscount Monthermer, of Monthermer, county of Essex, 1689年創設イングランド貴族爵位)
  • 1709年3月9日、第4代ボートンのモンタギュー男爵英語版 (4th Baron Montagu of Boughton, 1621年創設イングランド貴族爵位)

勲章編集

家族編集

1705年に初代マールバラ公爵ジョン・チャーチルの娘メアリーと結婚し、彼女との間に以下の5子を儲ける。

脚注編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j Lundy, Darryl. “John Montagu, 2nd Duke of Montagu” (英語). thepeerage.com. 2015年9月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e   この記事はパブリックドメインの辞典本文を含む: Chichester, Henry Manners (1894). "Montagu, John (1688?-1749)". In Lee, Sidney (ed.). Dictionary of National Biography (英語). 38. London: Smith, Elder & Co.
  3. ^ a b 吉村正和 1989, p. 35.
  4. ^ 吉村正和 1989, p. 33-35.

参考文献編集

公職
先代:
第3代バーリントン伯爵
恩給紳士隊隊長
1734年 - 1740年
次代:
第3代ボルトン公爵
宮廷職
先代:
初代モンタギュー公爵英語版
衣服長官英語版
1709年 - 1749年
次代:
サー・トマス・ロビンソン
軍職
先代:
第3代アシュバーナム男爵
第1近衛騎馬隊英語版隊長
1715年 - 1721年
次代:
ハーバート卿英語版
先代:
第7代ウェストモーランド伯爵
第1近衛騎馬隊英語版隊長
1737年
次代:
第7代デ・ラ・ウォー男爵
先代:
第2代アーガイル公爵
補給庁長官英語版
1740年 - 1742年
次代:
第2代アーガイル公爵
先代:
ウィリアム・エヴァンズ英語版
第2代近衛竜騎兵連隊英語版連隊長
1740年 - 1749年
次代:
サー・ジョン・リゴニアー英語版
先代:
第2代アーガイル公爵
補給庁長官英語版
1742年 - 1749年
次代:
第3代マールバラ公爵
(次の在職者)
フリーメイソン
先代:
ジョージ・ペイン英語版
イングランド・首位グランドロッジ
グランドマスター
英語版

1721年 - 1723年
次代:
初代ウォートン公爵
名誉職
先代:
第3代ピーターバラ伯爵
ノーザンプトンシャー知事英語版
1715年 - 1749年
次代:
第2代ハリファックス伯爵
先代:
第4代ノーサンプトン伯爵
ウォリックシャー知事英語版
1715年 - 1749年
次代:
初代ブルック伯爵
新設官職 バス騎士団
グランドマスター英語版

1725年 - 1749年
次代:
初代ヨーク・オールバニ公爵
(次の在職者)
先代:
初代マクルズフィールド伯爵
ウォリックシャー主席治安判事英語版
1728年 - 1749年
次代:
初代ブルック伯爵
先代:
第6代ウェストモーランド伯爵
ノーザンプトンシャー主席治安判事英語版
1735年 - 1749年
次代:
第2代ハリファックス伯爵
先代:
第3代ボルトン公爵
ワイト島総督英語版
1733年 - 1734年
次代:
初代ポーツマス伯爵英語版
イングランドの爵位
先代:
ラルフ・モンタギュー英語版
第2代モンタギュー公爵
第1期
1709年 - 1749年
廃絶