メインメニューを開く

ジョヴァンニ・マリア・ボノンチーニ

生涯編集

モデナ近郊のモンテコローネで生まれ、マルコ・ウッチェリーニに師事した。ボローニャのモンテ·サン·ジョヴァンニ教会とサン・ペトロニオ教会で指揮を行い、アカデミア・フィラルモニカ・ディ・ボローニャの会員となった。

1671年より、モデナのフランチェスコ2世・デステの宮廷にヴァイオリニストとして仕えた。1673年、モデナの大聖堂の楽長に就任し、1678年に没するまでその職にあった。

彼の作品は主に器楽曲が多く、教会ソナタ、室内ソナタを作曲し、対位法の教科書も出版している。

参考文献編集

  • 『イタリア歌曲集I』(2003年音楽之友社
  • William Klenz - Giovanni Maria Bononcini of Bologna (Greenwood, 1987)

外部リンク編集