ジョヴァンニ・マリーア・ヴィスコンティ

ジョヴァンニ・マリーア・ヴィスコンティGiovanni Maria Visconti, 1388年9月7日 - 1412年5月16日)は、第2代のミラノ公(在位:1402年 - 1412年)。

ジョヴァンニ・マリーア・ヴィスコンティ
Giovanni Maria Visconti
第2代ミラノ公
Giovanni Maria Visconti - Le vite de i dodeci visconti che signoreggiarono Milano (1645).jpg
在位 1402年 - 1412年

出生 (1388-09-07) 1388年9月7日
死去 (1412-05-16) 1412年5月16日(23歳没)
配偶者 アントーニア・マラテスタ
家名 ヴィスコンティ家
父親 ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ
母親 カテリーナ・ヴィスコンティ
テンプレートを表示

生涯編集

ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティカテリーナ・ヴィスコンティベルナボ・ヴィスコンティの娘)との息子で、彼の後を継いだフィリッポ・マリーアの兄でもある。

父であるジャン・ガレアッツォが急死したとき、ジョヴァンニ・マリーアはまだ14歳だったため、母親であるカテリーナが摂政となって公国を治めた。やがて長じたジョヴァンニは、佞臣の讒言に耳を貸し、母親を幽閉して自らミラノの支配者となる。

ミラノ公となったジョヴァンニは独善的に振る舞い、時には配下の傭兵隊長とも対立した。そのため、領地では反乱が多発し、暗殺を恐れたジョヴァンニは城に引きこもる。しかし、教会に参拝に出かけた際に刺客に襲われ、命を落とした。

1408年チェゼーナ領主アンドレア・マラテスタの娘アントーニアと結婚したが、世継ぎは残していない。

先代:
ジャン・ガレアッツォ
ミラノ公
1402 - 1412
次代:
フィリッポ・マリーア