ジョヴァンニ・ヨナ=ラシニオ

ジョヴァンニ・ヨナ=ラシニオ(Giovanni Jona-Lasinio、1932年7月20日 - )は、イタリア理論物理学者である。量子場理論統計力学が専門である。自発的対称性の破れに関する研究の先駆者であり、南部・ヨナ=ラシニオ模型英語版(NJL)は南部陽一郎と彼の名に由来する。南部がノーベル物理学賞を受賞したとき、都合で授賞式に出席できなかった南部の代わりにヨナ=ラシニオがノーベル賞受賞講演を行った[2][3]。現在、ローマ・ラ・サピエンツァ大学物理学科の教員を務めており、アッカデーミア・デイ・リンチェイの正会員である。

ジョヴァンニ・ヨナ=ラシニオ
Giovanni Jona-Lasinio
Giovanni Jona-Lasinio-Nobel Lecture-1.jpg
ジョヴァンニ・ヨナ=ラシニオ(2008年ノーベル賞受賞講演にて)
生誕 (1932-07-20) 1932年7月20日(89歳)
イタリアの旗 イタリア フィレンツェ
国籍 イタリアの旗 イタリア
研究分野 素粒子物理学
統計力学
研究機関 ローマ・ラ・サピエンツァ大学[1]
パドヴァ大学
出身校 ローマ・ラ・サピエンツァ大学
博士課程
指導学生
セルジオ・ドップリカー英語版
主な業績 自発的対称性の破れ
主な受賞歴 ハイネマン賞数理物理学部門 (2012)
ボルツマン賞 (2013)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

生涯編集

フィレンツェで、父系がユダヤ人の家庭に生まれた。1970年から1974年まで、パドヴァ大学電気力学を教えていた。1974年にローマ・ラ・サピエンツァ大学の教授に就任し、数理物理学を教えた。数年間国外で研究を行った(シカゴ大学(1959–60年)、CERN(1964–65年)、MIT(1965–66年)、フランス高等科学研究所(1980–81年)、ピエール・マリー・キュリー大学(1983–84年))。2004年、統計力学の科学雑誌Journal of Statistical Physicsがヨナ=ラシニオの特集号を発行した。

受賞歴編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 2012 Dannie Heineman Prize for Mathematical Physics Recipient”. American Physical Society. 2012年5月27日閲覧。
  2. ^ https://www.nobelprize.org/mediaplayer/index.php?id=1060
  3. ^ 伊東乾. “ノーベル講演を共著者に譲った南部博士:日経ビジネスオンライン”. 日経ビジネスオンライン. 2018年10月30日閲覧。

外部リンク編集