ジョージ・リード (アメリカ海軍士官)

ジョージ・キャンベル・リード英語:George Campbell Read、1788年1月9日1862年8月22日)はアメリカ海軍士官で、米英戦争中は帆走フリゲート・コンスティチューションの乗員であった。その後、アルジェリア沿岸およびインド沿岸で勤務した。最終階級は少将

ジョージ・キャンベル・リード
George Campbell Read
GeorgeC.Read.gif
1862年死亡直前に撮影
生誕 1788年1月9日
コネチカット州グラストンベリー
死没 1862年8月22日
フィラデルフィア
所属組織 Seal of the United States Department of the Navy.svgアメリカ海軍
軍歴 1804-1862
最終階級 少将
テンプレートを表示

経歴編集

1788年1月9日、コネチカット州グラストンベリーに生まれる。16歳の時に、士官候補生としてアメリカ海軍に入る。リードが最初に乗組んだのは、帆走フリゲート・コンスティチューションで1806年のことであった。このときの艦長は、叔父であるヒュージ・G・キャンベル大佐であった。この叔父との関係から、二人の大尉(メランクトン・ウールジー(Melancthon Woolsey)とウィリアム・バロウズ(William Burrows))の諍いの密告者であると疑われていた。長い間、ウールジーと何人かの士官は、密告者との扱いに文句も言わずに耐えているリードを遠ざけていた。実際の密告者が艦長の世話係であると判明したとき、ウールジーはリードに謝罪し、なぜ本当の密告者を告げなかったかを尋ねた。リードは「そんなことをしたら、私はあなたが非難するような密告者になってしまいます」と答えた。それ以来、ウールジーはこの事件をリードの自制心と自尊心の例として、しばしば取り上げた[1]

1810年、士官候補生としての6年の勤務後、リードは大尉に昇進した。米英戦争中はアイザック・ハル代将が指揮するコンスティチューションの乗員であった。1812年8月19日、コンスティチューションが英国フリゲート・ギリエール(HMS Guerriere)を撃破したとき、ハルはリードに対し、英艦に乗り移り降伏を促すように命令した。2ヵ月後の10月25日、リードはスティーブン・ディケイター(Stephen Decatur )代将のフリゲート・ユナイテッドステーツ(USS United States)の乗員として、英国フリゲート・マケドニアン(HMS Macedonian)を拿捕した。

1815年の第二次バーバリ戦争では、小型スクーナー・チペワ(USS Chippewa)の艇長を務めた。1816年に中佐に昇進し、地中海およびアフリカ沿岸で任務についた。大佐昇進後の1825年にはコンスティチューションの艦長を務めた。1838年から1839年にかけて、インドで米国船を襲っていた海賊船の掃討を行った(東インド艦隊司令官)。

1839年から46年にかけて、フィラデルフィア海軍施設(Philadelphia Naval Asylum)長を務めた。リードはトーマス・ジョーンズ(Thomas Jones)代将、マシュー・ペリー代将、エリー・ラ・ヴェレッテ(Elie La Vallette)大佐、アイザック・マイヨー(Isaac Mayo)と共に、士官候補生の昇進試験の評議委員を務めた。

再び海に戻り、1846年から47年まではアフリカ艦隊(African Squadron)、1847年から49年までは地中海艦隊(Mediterranean Squadron)の司令官を務めた。

1861年に南北戦争が勃発すると、リードは再びフィラデルフィア海軍施設長となった。1862年7月には少将に昇進したが、1ヶ月後の8月22日に死亡した。遺体はフィラデルフィアのローレルヒル霊園に埋葬された[2]

脚注編集

  1. ^ Cooper, James Fennimore, Melancthon Taylor Woolsey, Lives of Distinguished American Naval Officers, 1846, republished 2006 ISBN 1601050097
  2. ^ Find A Grave”. George Campbell Read. 2008年8月20日閲覧。

参考文献編集

  • Murrell, William Meacham, Cruise Of The Frigate Columbia Around The World Under The Command Of Commodore George C. Read. Benjamin B. Mussey, Boston, Mass, 1840.
軍職
先代:
エドマンド・ケネディ
  東インド艦隊司令官
第2代:1837 - 1840
次代:
ローレンス・カーニー