ジョー・ブラックをよろしく

ジョー・ブラックをよろしく』(原題:Meet Joe Black)は、1998年アメリカ映画

ジョー・ブラックをよろしく
Meet Joe Black
監督 マーティン・ブレスト
アラン・スミシー
脚本 ボー・ゴールドマン
ケヴィン・ウェイド
ロン・オズボーン
ジェフ・レノ
製作 マーティン・ブレスト
製作総指揮 ロナルド・L・シュワリー
出演者 ブラッド・ピット
アンソニー・ホプキンス
音楽 トーマス・ニューマン
撮影 エマニュエル・ルベツキ
編集 ジョー・ハッシング
マイケル・トロニック
製作会社 シティ・ライト・フィルムズ
ユニバーサル・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年11月13日
日本の旗 1998年12月19日
上映時間 181分(オリジナル)
129分(アラン・スミシー版)
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $90,000,000[1]
興行収入 $142,940,100[1]
配給収入 14億円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

1934年の映画『明日なき抱擁(en:Death Takes a Holiday)』を元にしている。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

あらすじ編集

ニューヨークのメディア企業「パリッシュ・コミュニケーション」の社長ビルことウィリアム・パリッシュは、間もなく65歳になろうとしている。亡妻との間に二人の娘がいる。ある夜どこからともなく響いてくる不思議な声を聞く。次の日、ビルは次女のスーザンと、彼女の恋人であり仕事の片腕であるドリューと共にヘリで仕事場に向かう。「恋人を愛しているか?」とのビルの問いに、スーザンは素っ気無い反応をする。ビルは「愛は情熱だ。その経験のない人生は意味のないものだ」と諭す。

その日、スーザンは仕事場近くのコーヒーショップで、最近この街に引っ越してきた一人の青年と出会う。スーザンは彼の気さくな態度に好感をもつが、再会を約束せずに別れてしまう。

その夜、家族と共に食卓を囲んでいたビルに、また声が聞こえてくる。声に導かれるまま来客を招き入れると、それはスーザンがコーヒーショップで出会った青年だった。以前から体調のすぐれないビルが心の中で問いかけていた「死期が近いのか」の言葉に青年は「イエス」と答える。彼は青年の体を借りた死神だった。ビルを連れ去る前に、人間の生活に興味をもった死神が、彼に案内を頼みにきたのだ。家族への説明に困ったビルは、青年をジョー・ブラックだと紹介する。

ビルの長女アリソンは、父親の誕生パーティの一切を取り仕切っているが、あまり乗り気ではないビルの態度に接して、疎外感を覚える。

ジョーはビルとともに会社の取締役会に出席する。部外者の参加に難色を示すドリューに対して、アリソンの夫で取締役のクインスは温かく接する。会議では同業社との合併案件が話し合われる。

スーザンは、出会った時と印象の違うジョーを見て、初めは困惑するが、徐々に惹かれていく。

出典編集

  1. ^ a b Meet Joe Black (1998)”. Box Office Mojo. 2010年8月29日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)586頁

外部リンク編集