メインメニューを開く

スクリーム英語: Scream)は、1996年に公開されたアメリカ映画。原題の「Scream」は、「悲鳴」「絶叫」の意味。ブラック・コメディの要素を含むスラッシャー映画である。

スクリーム
Scream
Scream franchise logo.png
監督 ウェス・クレイヴン
脚本 ケヴィン・ウィリアムソン
製作
  • キャスィー・コンラッド
  • ケアリー・ウッズ
出演者
音楽 マルコ・ベルトラミ
撮影 マーク・アーウィン
編集 パトリック・ルッスィア
製作会社 Woods Entertainment[1]
配給 ディメンション・フィルムズアメリカ合衆国の旗[1]
アスミック・エース日本の旗
公開
上映時間 111分[2]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $15,000,000[3][4]
興行収入 $173,046,663[3]
次作 スクリーム2
テンプレートを表示

解説編集

この映画では10代の若者たちが描かれる。登場人物たちが「スプラッター映画で見られるお決まりのパターン」を会話の中で紹介し、それを面白おかしく批判する描写がある。若者たちはそのパターンに、時にはなぞらえられながら、時には裏切られながら一人ずつ殺されていく。この絶妙な設定によって、すでに飽きられていたスプラッター映画を1990年代半ばに復活させることに成功した。

日本では、1997年6月に本作が公開される予定であったが、神戸連続児童殺傷事件の影響で延期となった。その後、1997年8月23日、本作が正式に公開された。

ストーリー編集

カリフォルニア州の田舎町、ウッズボローにある民家にて、自宅でホラー映画のビデオを見ようとしていた高校生ケイシーに、不審な電話がかかってくる。ケイシーは、最初はこれをイタズラ電話と考え、軽くあしらっていた。だが、何度となく相手は電話を掛けてくる。ケイシーが相手をしているうちに、声の主は徐々に異常な本性を現す。何度目かの電話にうんざりしたケイシーが「いいかげんにして!」と怒ると、声の主も逆上し、「クイズに答えてもらう。これに正解できなければお前を殺す。庭の明かりを付けてみろ」。そこには恋人のスティーヴ・ボースが椅子に縛りつけられており、彼女の目の前でスティーヴは惨殺された。パニックに陥ったケイシーは必死に逃げ出そうとするが、脅迫者が姿を現し、揉み合いの末に、彼女は身体に何度となくナイフを突き刺された。

間もなく、帰宅したケイシーの両親が発見したのは、内臓をえぐられ、木から吊るされた彼女の死体であった。だが、悲劇はこれが初めてではなかった。1年前、シドニーの母モーリー・プレスコットが、レイプされた挙句惨殺されるという痛ましい事件があった。コットン・ウェアリーという男性がその容疑者として逮捕されている。

テレビ局のリポーター、ゲイル・ウェザーズは、惨殺事件が起こったウッズボローに出向き、シドニーを見付けて話を聞き出そうとするが、怒ったシドニーに張り倒される。ゲイルは、シドニーの母親が殺された事件についても追っていた。

数日後、シドニーに不審な電話がかかってくる。その直後に殺人鬼がシドニーの前に姿を現し、彼女に襲い掛かるが、そこに彼女の恋人、ビリーが姿を現すと退散した。だが、携帯電話を持っていたことでビリーは警察に疑われ、拘留された。シドニーの通う高校は休校になる。その後まもなく、学園に残っていた校長が殺害される。出張に出かけていたシドニーの父親が疑われる。

生徒たちは休校中にパーティーを開いたが、そこでシドニーの友人であったテイタムが惨殺された。ゲイルはカメラマンのケニーを引き連れて、パーティーを開いている建物から少し離れたところに車を止め、車内にビデオカメラを設置し、自身は隠しカメラを用意して建物へ向かう。同じ頃、シドニーとビリーは結ばれるが、その直後に殺人鬼が現れ、シドニーの目の前でビリーがナイフで刺された。シドニーは殺人鬼に追われ、逃げる。シドニーはケニーがいる車を見付けて助けを求めるが、殺人鬼はすかさずケニーの首を掻っ切って殺害。シドニーは建物に逃げ込み、ランディも駆け付けた。スチュアートが現れ、シドニーに対して「こいつの言うことは信じるな!」と叫ぶ。そこに、犯人に刺殺されたはずのビリーがシドニーの前に姿を現した。

彼は、殺人事件の犯人は自分とスチュワートの二人であったことを自ら明かし、シドニーを狙う理由を語った。ビリーの父親とモーリーの不倫が原因で彼の母親は出て行ったため、ビリーは母を失った痛みから復讐を思い立ち、ステュワートと手を組み、一年前にモーリーを殺害し、娘のシドニーも殺すつもりであったという。ビリーたち2人は、シドニーの父親ニール・プレスコットを捕まえており、彼を利用して完全犯罪を目論んだ。ビリーたちはランディとデューイに重傷を負わせ、銃を構えて現れたゲイルを突き飛ばして気絶させる。だが、シドニーの反撃を受けて形勢は逆転した。

戦いの末、ビリーとスチュアートの2人は、シドニーに止めを刺された。その後、父ニール、ランディ、デューイは助け出され、ゲイルによって全米に報道がなされ、事件の幕は下りた。

登場人物編集

出演編集

役名 俳優 日本語吹替
シドニー・プレスコット ネーヴ・キャンベル 根谷美智子
デューイ デヴィッド・アークエット 宮本充
ゲイル コートニー・コックス 佐々木優子
ビリー・ルーミス スキート・ウールリッチ 三木眞一郎
スチュアート マシュー・リラード 森川智之
ランディ ジェイミー・ケネディ 神奈延年
テイタム ローズ・マッゴーワン 渕崎ゆり子
ケイシー・ベッカー ドリュー・バリモア 林原めぐみ
スティーヴ・ボース ケヴィン・パトリック・ウォールズ
ニール・プレスコット ローレンス・ヘクト 仲野裕
モーリーン・ロバーツ・プレスコット リン・マクリー 声の出演は無し
コットン・ウェアリー リーヴ・シュレイバー 声の出演は無し
ケニー W・アール・ブラウン 辻親八
ケイシーの父 ディヴィッド・ブース
ケイシーの母 カーラ・ヘイトリー 寺内よりえ
テイタムの母 リー・マッケイン 火野カチコ
バーク保安官 ジョセフ・ウィップ 石波義人
アーサー・ヒンブリー校長 ヘンリー・ウィンクラー 納谷六朗
フレッド ウェス・クレイヴン 田原アルノ

続編編集

映画が売れたことで、続編となる『スクリーム2』『スクリーム3』も作られた。結果的にではあるが、3部作の第1作目になった。

2010年、『スクリーム4: ネクスト・ジェネレーション』の製作が発表された。シリーズを通してシドニー・プレスコット役を演じたネーヴ・キャンベルは本作にも出演している。本作は、『3』から10年後の物語という設定であり、世界観やストーリーが引き継がれている。アメリカ本国では2011年4月に公開され、日本では2011年10月に公開された。

脚注編集

  1. ^ a b Scream”. American Film Institute. 2016年3月9日閲覧。
  2. ^ SCREAM (18)”. British Board of Film Classification (1997年2月27日). 2015年7月26日閲覧。
  3. ^ a b Scream (1996)”. Box Office Mojo. 2016年9月13日閲覧。
  4. ^ Scream (1996) - Financial Information”. 2019年10月21日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集