スコットランド・ゲール語の文法

本項ではスコットランド・ゲール語文法を述べる。

概要編集

スコットランド・ゲール語は文法的には語尾変化型言語である。名詞主格呼格属格与格(前後置格)の四つのをとる。動詞(直説法・命令法・接続法)、時制現在形過去形未来形、および三者の迂言形)、態(能動態受動態)、人称によって形を変える。

  • 語順はケルト系言語やセムハム諸語では一般的なVSO型をとる。
    Rinn mi ceic. — リン・ミ・ケイク — 私はケーキを作った
  • 前置詞と人称の結合型: 前置詞と人称が結びついた結合型が使われ、たとえば agam(アガム) (aig+mi/at me), agad(アガトゥ) (aig+thu/at you), ris(リス) (ri+e/to him)など。
  • 所有を表すときは英語のhaveのような「持つ」を表す動詞でなく、前置詞にaig(イク)を使って表現する。
    tha taigh agam — ハ・タイ・アガム — 私は家を持っています
    an cat aig Iain — アン・カトゥ・イク・イアン — イアンの猫
  • 人称代名詞には、たとえばmise(ミシェ)(miの強調型),thusa(ウーサ)(thuの強調型)などの強調表現がある。
    tha i bòidheach — ハ・イ・ボーイヨッホ — 彼女は美人だ
    tha ise bòidheach — ハ・イシェ・ボーイヨッホ — 彼女こそ美人だね
  • 繋辞:主語の状態を表現する、英語のbe動詞に相当するものはbiとisの二つがある。
    is e tidsear a tha ann am — イシュ・ティーチャー・ア・ハナム — 私は先生です。
    tha mi nam tidsear — ハ・ミ・ナム・ティーチャー — 私は先生です。
  • 敬語表現:二格複数形(sibh(シフ))を持って敬語表現とする。また、動詞の末尾にbhを付すことにより、命令形を敬語表現化することが出来る。
    Tha thu ceart. — ハ・ウ・キャールシュト — 君は正しい。
    Tha sibh ceart. — ハ・シフ・キャールシュト — あなたは正しいです。
    Fuirich. — フイディヒ — 待ってろ。
    Fuirichibh. — フイディヒフ — お待ち下さい。

なお、英語のPleaseに相当するMa 's e do thoil e(マセトホレ - 標準形)、Ma 's e ur toil e(マセウトレ - 丁寧形)により敬語表現をさらに強調することが出来る。

時制

現在形は"tha"と動名詞で表現される。

Tha mi a' bruidhinn. (ハ・ミ・ア・ブリューイン - 私は話をする)

規則動詞の過去形は語頭の子音を変音して作られる。

bruidhinn(ブリューイン)[ˈpriɪɲ])の過去形でbhruidhinn mi(ヴリューイン・ミ)[ˈvriɪɲ mi])/「私は話した」を表現できる。

未来形は英語のwillのような助動詞を使わず、語尾変化による未来形が使われる。

Bruidhinnidh mi = ブリューイニー・ミ — 私は話をします(習慣として「いつも話す」を意味する場合もある)

またThaの未来形を用いて進行形を表現する。

Bidh mi a' bruidhinn = ビー・ミ・ア・ブリューイン — 私は話しているだろう

規則動詞の過去形は単語頭部の変化による過去形が使われる。

Bhruidhinn mi = ヴリューイン・ミ — 私は話をした

またThaの過去形を用いて進行形を表現する。

Bha mi a' bruidhinn = ヴァ・ミ・ア・ブリューイン — 私は話をしていた
疑問形

"tha"は"am bheil"と変化させて疑問形とする。

Am bheil mi a' bruidhinn? (アム・ヴェイル・ミ・ア・ブリューイン - 私は話をするか)

規則動詞の過去形は語前に"An do"を置いて疑問形とする。

An do bhruidhinn mi?(アン・ド・ヴリューイン・ミ)[ˈvriɪɲ mi])/「私は話したか」を表現できる。

未来の疑問形は現在形にAnを付して表現する。ただし、動詞がb、f、m、pで始まる場合はAmを用いる。

Am bruidhinnidh mi? = アム・ブリューイン・ミ — 私は話すか

またBidhの疑問形はAm biを用いる。

Am bi mi a' bruidhinn? = アム・ビー・ミ・ア・ブリューイン — 私は話しているだろうか

またBhaの疑問形はAn robhである。

An robh mi a' bruidhinn? = アン・ロー・ミ・ア・ブリューイン — 私は話をしていたか
否定形

"tha"は"Chan eil"と変化させて否定形とする。

Chan eil mi a' bruidhinn. (ハンニェル・ミ・ア・ブリューイン - 私は話さない)

規則動詞の過去形は語前に"Cha do"を置いて否定形とする。

Cha do bhruidhinn mi.(ハ・ド・ヴリューイン・ミ)[ˈvriɪɲ mi])/「私は話さなかった」を表現できる。

未来の否定形は現在形にChaを付して表現する。後続する動詞は頭部変音する。

Cha bruidhinnidh mi. = ハ・ブリューイニー・ミ — 私は話さないだろう。

またBidhの否定形はCha bhiを用いる。

Cha bhi mi a' bruidhinn. = ハ・ヴィ・ミ・ア・ブリューイン — 私は話していないだろう。

またBhaの否定形はCha robhである。

Cha robh mi a' bruidhinn. = ハ・ロー・ミ・ア・ブリューイン — 私は話していなかった。

なお、日本語のはい、いいえ、英語のYes、Noに相当する語はない。疑問文に対する回答は疑問文の動詞の肯定形、否定形をもって回答する。

An do bhruidhinn thu? = アン・ド・ヴリューイン・ウ — あなたは話したか?

Bhrudhinn. = ヴリューイン — 話した(はい)。 Cha do bhrudhinn. = ハ・ド・ヴリューイン — 話さなかった(いいえ)。

所有代名詞

ゲール語では語の所有関係にあるものを示すのに所有代名詞を用いる法とaigを用いる法の2種がある。

mo chas = モ・ハス — 私の足
an leabhar agam = アン・ラーヴァー・アガム — 私の本

冠詞編集

定冠詞のみがあり、ロマンス語のような不定冠詞はない。

an taigh(アン・タイ) — 'the house', taigh — '(a) house'

名詞の文法性・数・格によって変化する。以下の表は大体の傾向を表す。

単数 複数
男性 女性
主格 AN AN +L NA
与格 AN +L
属格 AN +L NA NAN
"+L"は後ろの単語の第一音節が変音することを表す。 
男性・単数主格
AN an t- 母音の前
am b, f, m, pの前
an その他
(女性単数主格・与格、男性単数与格・属格)
AN +L a' +L b, c, g, m, pの前
an +L fの前
an t- s + 母音、またはsl, sn, srの前
an その他 (d, n, t, l, r, sg, sm, sp, st,母音の前)
(女性単数属格、女性複数主格・与格)
NA na 子音の前
na h- 母音の前
(複数属格)
NAN nam b, f, m, pの前
nan その他

冠詞の例表編集

以下は名詞の頭の子音によって冠詞がどのようになるかを種類ごとに分けた表である。

男性名詞編集

[c, g]で始まる:
cat '猫' 単数 複数
主格 an cat na cait
与格 a' chat
属格 a' chait nan cat
[b, m, p]で始まる:
balach '少年' 単数 複数
主格 am balach na balaich
与格 a' bhalach
属格 a' bhalaich nam balach
母音で始まる:
òran '歌' 単数 複数
主格 an t-òran na h-òrain
与格 an òran
属格 an òrain nan òran
[d, n, t, l, r]で始まる:
rud 'もの' 単数 複数
主格 an rud na rudan
与格 an rud
属格 an ruid nan rudan
[f]で始まる:
fiadh '鹿' 単数 複数
主格 am fiadh na féidh
与格 an fhiadh
属格 an fhéidh nam fiadh
[s+母音, sl, sn, sr]で始まる:
seòmar '部屋' 単数 複数
主格 an seòmar na seòmraichean
与格 an t-seòmar
属格 an t-seòmair nan seòmraichean

女性名詞編集

[c, g]で始まる:
caileag '少女' 単数 複数
主格 a' chaileag na caileagan
与格 a' chaileig
属格 na caileig(e) nan caileagan
begins with [b, m, p]:
pìob '管' 単数 複数
主格 a' phìob na pìoban
与格 a' phìob
属格 na pìoba nam pìob(an)
begins with a vowel:
abhainn '川' 単数 複数
主格 an abhainn na h-aibhnichean
与格 an abhainn
属格 na h-aibhne nan aibhnichean
[d, n, t, l, r]ではじまる:
léine 'シャツ' 単数 複数
主格 an léine na léintean
与格 an léine
属格 na léine nan léintean
[f]で始まる:
fidheall 'バイオリン' 単数 複数
主格 an fhidheall na fidhlean
与格 an fhidheall
属格 na fidhle nam fidhlean
[s+母音, sl, sn, sr]で始まる:
sràid '街路' 単数 複数
主格 an t-sràid na sràidean
与格 an t-sràid
属格 na sràide nan sràid(ean)

参考書籍編集

  • Calder, George (1923, reprint 1990). A Gaelic Grammar. Glasgow: Gairm. ISBN 978-0-901771-34-6 
  • Dwelly, Edward (1901–11). The Illustrated Gaelic-English Dictionary (10th edition (1988) ed.). Glasgow: Gairm. ISBN 978-1-871901-28-3 
  • Gillies, H. Cameron (1896). Elements of Gaelic Grammar (Reprint (2006)(paperback) ed.). Vancouver: Global Language Press. ISBN 978-1-897367-00-1 
  • Ó Maolalaigh, Roibeard; Iain MacAonghuis (1997). Scottish Gaelic in Three Months. Hugo's Language Books. ISBN 978-0-85285-234-7 

外部リンク編集