メインメニューを開く

敬語(けいご、: honorifics[1])とは、主体(書き手、話し手など)とその相手(読み手、聞き手)やその話題中の人物との社会的関係(親疎、権力の大小)と態度を表す言語表現である[2]ポライトネスを実現する手段の1つであり、狭義には体系的に文法化されているものを指すが、広く敬称などの語彙的表現を含む場合もある[3]

目次

概要編集

日本語の敬語を含めた日常語は、主従関係、親疎、ウチとソト、自らが相手に持つ敬意感情あるいは親しさを「自己表現」したものである。この表現を誤ると、聞き手に、この話し手は自分の地位を認めない無礼な人間だ、と思われる事が起こり得る。一方で敬語によって相手との力関係や距離感を示すことは侮辱ともなりうる。

過去の都である京都を中心に敬語が発達した。従来は、父親を「お父様」と呼ぶような、上下関係における絶対性を位置づけた「絶対敬語」だった。とりわけ戦後の日本ではそうではなく、敬語ではなくパパなどと呼ぶように、使用場面によって使い分けられる「相対敬語」へと変化した。

敬語の使用には地域差があり、西日本では日常的に用いられるが、東日本では改まった場面に限られる傾向がある。また21世紀に入りマニュアル敬語などに用いられ、おかしいとされる二重敬語、物への敬語の使用など多様化している。

従来、敬語とは、尊敬語(相手を高める)、謙譲語(自分をへりくだる)、丁寧語(です・ます)からなるとされた。2007年の文化庁文化審議会の『敬語の指針』は、謙譲語をIとIIの2種に分け、「お茶」のような「お」や「御(ご)」をつける美化語を敬語だとみなした。一般には、尊敬語と謙譲語だけが敬語だと認識されている。[4] 現代では、尊敬語と謙譲語よりも丁寧語が前面に出てきた。

英語での言語学では、honorific略して HON )は、会話の参加者の相対的な社会的地位を書き直しする文法または形態統語形式で、言語の敬語は敬称とは異なり、形式FORM 、社会的距離、礼儀正しさPOL 、謙虚さHBL 、敬意または接辞決まり文句、人または数の変化といった完全に別の形式の選択を通じて敬意を伝えるための異なる語彙項目である。敬意を表するシステムの重要な機能は、おなじみの形の同じメッセージで敬意を表して伝えることができることである--すなわち、(ブラウンとレビンソンからのしばしば引用される例の)「スープは熱い」のような何かを、名誉または敬服を会話の参加者のうちの1人に授与する方法で述べることが可能なのである。

敬語は一種の社会的直示の方法である。この場合、文脈の理解で話者の社会的地位は他の参加者または傍観者に対して、ーその使用は不可欠なものを抱かせる。

敬語には主に3つのタイプがあり、そのステータスが表されている個人に応じて、次のように分類される[5]

  • 宛先(またはスピーカー/ヒアラー)
  • 指示対象(またはスピーカー/指示対象)
  • バイスタンダー(またはスピーカー/バイスタンダー)

宛先の敬語は、話している内容に関係なく、話されている人(聞き手)の社会的地位を表す。たとえば、日本語は、話されている人のステータスレベルに応じて「家」を表す3つの異なる単語がある。指示対象の敬語は、話されている人の状態を表している。このタイプの敬語では、敬語表現の指示対象(話されている人)とターゲット(ステータスが表現されている人)の両方が同じである。これは、多くのインドヨーロッパ言語に存在するT–Vの区別によって実証されており、話者と聞き手の相対的な社会的地位に基づいて(聞き手はこの場合、指示対象でもある)異なる2人称代名詞(フランス語のtuまたはvousなど)が選択される [6]。傍観者の敬語は、会話の参加者(傍聴者)ではなく、近くにいる誰かのステータスを表している。これらは一般的ではないが、主に先住民オーストラリアの「義母の言語」など回避スピーチでみられる。そこでは、義理または他のタブーとされた親族の存在下でスピーチを変更するのである。

4番目のタイプとしてスピーカー/シチュエーションの敬語は、参加者や傍観者のステータスではなく、会話が発生している状況と環境に関係してくる。古典的な例ではダイグロシアであり、より高い形式性が求められる状況では言語の高架または「ハイフォーム」が使用され、よりカジュアルな状況では言語の俗語または「ローフォーム」が使用される。

礼儀正しさは、文法やマークされた語彙以外の手段、たとえば単語選択の慣習、または何を言って何を言わないかを選択することによって示すことができるのである。礼儀正しさは使用域 において1つの側面であり、使用域は特定の目的や対象者に向け特定のさまざまな言語を選択するといった意味において一般的な概念である。

敬意・敬遠の対象編集

Shibatani 1994が分類したように敬語が表現する敬意(敬遠)の対象は少なくとも3つある。

話題中の人物(素材敬語)編集

敬称 英語Mr. や日本語の「様」など、固有名詞とともに用いられるもので様々な言語に見られる。
敬称代名詞 ジャワ語に見られる特別な代名詞や単数の代わりに複数を用いたり、代名詞を用いずに称号や親族名称を代用する方法など。

日本語の場合、人称代名詞が固定の英語(I/you)や中国語(你/我)などと違い、1人称2人称は(私/あなた)以外に無数に選べるので、人称の選択も敬語表現の一部ということができる。

例えば日本語2人称の「貴様」は明治以前は相手への尊敬の意味を込めた言葉だったが、逆説的に「侮蔑」の意味で使われるようになったため、現代では尊敬表現とはみなされない。

名詞尊敬語 名詞の指示する人物やその指示対象の持ち主などへの敬意を表す名詞。日本語には「父上」や「貴社」など豊富にあるが、通言語的にはめずらしい。
動詞尊敬語 動詞の主語(動作主)に対する敬意を表す表現。
日本語、朝鮮語チベット語などに見られる尊敬の接辞や補充形のほか、日本語の尊敬の動名詞(「そんなことはないとお考えの皆さま」)や尊敬の形容詞(「お美しい」「お綺麗だ」)など。

尊敬に対応する謙譲語を持つ言語もある。タイ語や朝鮮語、日本語の謙譲の一人称代名詞や動詞謙譲語などがある。尊敬語と謙譲語は同時に用いられる場合もあり、この場合、動詞の主語と目的語が同時に敬意の対象となっている(チベット語や中古日本語など)。

聞き手(対者敬語)編集

敬称の二人称代名詞は素材敬語であるとともに対者敬語でもある。そのほかに以下のような聞き手に対する敬意を表す形式がある。

呼掛け語 英語の sir/ma'am など。
小辞 タガログ語po、タイ語の kha/khrap など。
接辞 日本語の「ます」など。
活用 バスク語の聞き手活用。敬称を用いる聞き手と親称を用いる聞き手で違う活用をする。

その場にいる人(回避体)編集

話の聞こえる範囲に「タブー」の親族や上位者がいるときの表現。義母語や義兄語などが知られる。例えばオーストラリアのジルバル語英語版には異性の義理の親などタブーとされる親族のいるところで使うスタイルが存在する。

回避スピーチ、または「義母の言葉」と呼ばれ、この敬語システムでは傍観者の聞く敬語の最も一般的な例で、誰かのために戒律または他の相対存在下での音声の異なる様々なスピーカスイッチとしての姻戚タブーが存在する。これらの言語は通常、派生元の標準言語と同じ音韻論および文法構造を持っているが、標準言語よりも小さな語彙目録によって特徴付けられる。この種の回避のスピーチは、主にディルバルなどのオーストラリア・アボリジニの言語で見られるが、 ナバホを含むネイティブアメリカンの言語や、 ズールーを含むバンツー語の言語でも見られる。

ジルバル言語は、 Jalnguyと呼ばれる特別な回避の話し方スタイルがあり、話者の義母がいるときに話者が使用する [7]。この言語は、日常のスタイルと同じ音韻論と文法を持っているが、タブーとされた親類がいる下では、ほぼ完全に異なる語彙素のセットを使用しているのである。この特殊な語彙集は日常スタイルよりも語彙素が少なく、通常、推移的動詞ルートのみを利用しているのが、日常スタイルでは非同系の推移的および非推移的ルートだけを利用 [8]。こういった言葉を使用することにより、話し手は社会的関係の違いを示しているのである。

オーストラリアの伝統的なアボリジニの言語であるグーグ・イミディル語では、特別な回避語彙が、タブーである義理の親がいる場合に、敬意を表すために使用されている。言い換えれば話し手は、義母と話すことを完全に禁止されるか、または義兄に「回避言語」を使用しなければならない。義理の言葉には、通常のグーグ・イミディルの言葉を置き換える特別な言葉が含まれており、話し手は性器や身体行為への言及を示唆するような言葉を避けなければならない。したがって、この義理の言葉は、義理の兄弟と話者との差別的な社会的関係の指標となり、グーグ・イミディル社会の適切な社会的行動に反映されていく。たとえば、タブーになるので姑の体にtouch触れたり、見たり、冗談を言ったり、彼らの前でcur倒したり、という言葉は避けるのである [9]

モートロック語は、性別間の回避音声を使用している。モートロックの文化では、男性だけが釣りに行くことを許可する方法や、女性が男性の前で姿勢を下げる方法など、反対の性別の人々とやり取りする場合に多くの制限とルールがあり、回避の話し方はこれらの制限/規則の1つを示している。この性別を制限する語彙は、同じ性別の人と話すときにのみ使用でき、男性の場合、これはカプセン・リーファラングまたは調理室のスピーチと呼ばれることもある [10]

敬語の方法編集

さまざまな言語に共通してみられる敬語の方法は行為や行為者を直接に指示しないことである。

  • 行為者の代わりにその人物がいる場所を指す名詞や指示詞を用いる。
  • 人称を変える(二人称を三人称にするなど)。
  • 単数を複数にする。
  • 標示を変える(「天皇」→「天皇陛下おかせられては」など)。
  • 受動態を用いる。
  • 迂言法を用いる(1語の動詞「読む」を「お読みになる」のように複数の語で表す)。

敬語の国際比較編集

日本語などでは複雑に体系化されているが、ヨーロッパ近代語では日本語ほど体系的には使われていない。

ヨーロッパ近代語に敬語があるかないかは敬語の定義次第である。敬語を広く「人物間の上下関係や親疎関係を反映した言語表現」と定義すれば、ヨーロッパ近代語にも以下のような例がある。英語で丁寧な命令文にpleaseを付ける例を始め、学校で生徒が教師に、軍隊で兵士が上官に対する応答の文末にsir/madam(ma'am)を付ける例、2人称代名詞の敬称(動詞の活用も3人称など本来の二人称形と異なる形を用いる)が存在する。英語の二人称代名詞であるyouも、もともとは敬称であった。英語話者が、家族であろうと親しい友人であろうと、常に本来敬称であったyouのみを使うようになったためにyouが敬称としての意味を失い、敬称でない(親称の)thouが忘れ去られるに至ったものである[11]

日本のような尊敬語、謙譲語とすると、英語にはない[12]

親称であるthouは、キリスト教での神への呼びかけ、散文、説教、あるいは方言的に親が子に対し、あるいは親しい者同士で用いる[13]。ドイツ語でキリスト教の神には、敬称のSieではなく親称のduを使うが、それは身近な存在だからであると考えられる[14]。この場合、親しみと尊敬は同居できる[14]

対して、日本語の敬語は、親しみが減っている場合の表現でもある[14]

ペルシャ語ではインド・ヨーロッパ言語としての代名詞TU(非公式)とShoma(シングルとも二人の複数のために単独で使用される二人のより正式な形で)名前Shomaが実際に現代ペルシャ語であることを除いて、T-Vパターンに合う旧アベスタンペルシャ語のshê-Vaに由来する。VaまたはVeは二人称シングルのより正式な形式として使用され、二人称複数形およびshêにも単独で使用される。したがって、 shê-Vaという言葉は、2人目の男性の独身の正式な形式を指すために使用され、2人目の男性の複数形にも単独で使用されていた。

西欧言語の敬語表現編集

西欧の言語ではフランス語のvous(vouvoyer)、イタリア語のLei(dare del lei)、ドイツ語のSie(siezen)など、それぞれ別の数・人称の代名詞を用いる事により敬語を表す(vousは二人称複数形、Leiは三人称単数女性形、Sieは三人称複数形)。敬語ではない友達言葉の場合はフランス語のtu(tutoyer)、イタリア語のtu (dare del tu)、ドイツ語のdu(duzen)など二人称単数形になる。別の代名詞を用いる事により語尾の変化もその活用に準じる。

英語では概要でも述べられているようにかつては二人称単数形thouという単語があり、それに対しての二人称複数形youがあったが現在は二人称には全てyouを用いている。よって語尾変化による敬称と友達言葉の差異はないが、言い回しの変化や直接的表現を避ける事による丁寧語は存在する。つまり、その場に相応しい話し方をするには日本語のように尊敬語・謙譲語・丁寧語などと分類してしまえるような単純化・形式化されたもので済ますわけにはいかず抑揚や態度、話の運び方を含めた総合的な配慮が重要である。

現代英語など、格式と非公式がレジスタ、単語の選択、トーン、修辞的戦略によって完全に搬送されると、敬語スピーチの文法的なシステムを持っていない中世英語では、一度に2人目単数代名詞の間で親称を展示していた。あなたthouと2人複数のye以降はyouである。後者は現在、受取人の数の敬語としてあらゆる場面で使用される。

あなたとそれ(Thou and its)に関連する形式は現在は使われなくなって古風なものと見なされるが、古風な音声レクリエーション等ではよく使用されている。また、特にヨークシャーの一部の地域、特に高齢者や農村部の人々の間で、英語の方言形式で生き残っている。 あなたYe はまだ農村部のニューファンドランドのような北アメリカの東海岸の地域でつかわれているのをみかけるという。

ドイツ語は「Sie」が正式な「you」で「du」が非公式。

敬語のスピーチの一般的なシステムの1つは、T–Vの区別である。二人称代名詞tuvosをそれぞれ表すT型V型という用語は、ブラウンとギルマンによって導入される。ラテン語のtuは単数形のT形式を指し、ラテン語のvosはV形式を指す。V形式は通常複数形でTuは非公式な表現で使用されるが、対照的に vosは礼儀正しさと形式を表すために使用される。 T–Vの区別は、以下で詳述するように、ペルシャ語、ポルトガル語、ポーランド語、ロシア語を含む多くのインドヨーロッパ言語の特徴をなしている [15]

ブラジル系ポルトガル語では代名詞tu (非形式的)およびvocê (より形式的)は、その使用が地域によって大きく異なることを除いて、T–Vパターンにうまく適合している。たとえば、ブラジルのほとんどの地域では、 tuは使用されていないが、北部のマランハオ州と南部ではO senhorと直接アドレスに使用されている三人の参照である文字通り「SIR」と「マダム」を意味セニョーラ ((つまり、「通常」二人称TUを必要とする:第三の語彙オプションは敬称スキームに追加されまたはヴォーチェ活用される。これらのフォームは非常にフォーマルな当局むけ、顧客や長老たちへ、そうした手紙でのときに「上向き」で話すときなど正式な対応が求められるとき必ず使用されている。

ポーランド語は、日本語や韓国語と比較して、言語に組み込まれたより単純な文法的および語彙的な丁寧さが備わる。特定の動詞や個人の代名詞の中で文法的な敬語カテゴリを活用。つまり、この敬称システムはおなじみの(T)と、礼儀正しい(V)の2つの基本レベルに分かれている。

  • ty :二人称単数、非公式
  • on (男性)/ ona (女性):三人称単数、非公式(neuter onoもありますが、小さな子供以外の人を指す場合は使用されないことに注意してください)
  • wy :二人称複数、非公式
  • (男性または男女混合のグループを指す場合に使用)/ 1 (女性のグループを指す場合):三人称複数
  • pan (男性マーク)/ pani (女性マーク):二人称と三人称の単数形
  • panowie (男性マーク付き)/ panie (女性マーク付き)/ państwo (男女混合):二人称および三人称複数、形式

パンナは未婚の女性に使用される場合があり、姓には異なる接尾辞が使用されるが、ほとんどが時代遅れの手法であり、卑劣であると見なされ、名のみを使用することもよく知られている(ただし、たとえば、同僚の間でよく使用されるため、日本語のように必ずしも親密な間柄ではない)。姓だけを使用することは非常にまれであり、使用されるのは学校の生徒へや軍隊での呼称の場合である。また、パン/パニを呼称で姓と一緒に使用することはかなり無礼なことである。住所がきではフォーム「prosze Pana / Pani」が優先される。例のように、パン/パニは名または姓のプレフィックスとして使用できる。

  • パン・カロル :ミスター・カロル
  • パニ・コワルスカ:夫人。コワルスカ
  • パニアンナ :Mrs./Ms。アンナ

典型的なおなじみのty / on / onaを使用するよりもフォーマルであるが、特に二人称では、親しみやすさを意味する場合がある。最初の名前にプレフィックスを使用することは、ほとんどの場合馴れ馴れしいと考えられ、失礼かもしれない。二人称で接頭辞付きの姓を使用することは、依然として失礼と見なされる。セットフレーズproszępanaを使用すると、注意を引くときに(そして礼儀正しく)proszępaniが好まれている(英語でsirを使用するのと同じように)。 さらに、敬語にはより形式的な形式と形式的でない形式という2つの異なるV形式があり、あまり形式的ではない形式は、より口語的であり、日常会話でより頻繁に使用される。より高い敬語レベルには、接頭辞のパンまたはパニとプロのタイトルを組み合わせた「複合」代名詞が含まれる。以下にいくつかの例を示す(男性/女性それぞれ):

  • Pan minister / Pani minister: Minister
  • Pan dyrektor / Pani dyrektor: Director
  • Pan kierowca / Pani kierowca: driver
  • Pan doktor / Pani doktor: doctor

スピーカーが自分を謙虚にし、宛先をより高いランクまたはステータスにするため、これらの肩書がより正式なものである。これらは名前(姓または両方の名前のみ)とともに使用することもできうるが、それは非常に形式的であり、直接の会話ではほとんど使用されない。一部の肩書(例: doktorprofesor )の場合、 パン / パニをドロップすると、形式は落ちるが、それでも丁寧な物言いになる。上記とは異なり、これは名前の前(ほとんど常に最後)にも使用できうるが、二人称ではめったに使用されない。 proszępana ministra (「大臣、先生」と翻訳可能)などのpan / paniフレーズは、あまり一般的ではないが、注意を喚起するためにも使用できる。フレーズにいくつかのタイトルを付けてパン / パニをドロップすることもできるが、あまり一般的ではなく、不適切な場合もある。

歴史的要因も、ポーランド語の敬語の使用を形作る上で大きな役割を果たした。ポーランドの貴族の歴史は、ポーランドの礼儀正しさの主要な源泉であり、これは、敬語の男性マーク付き代名詞paniは女性マーク付き)が「主」という古い言葉からどのように派生したかを説明できる。修道女 ( ksiądz )または看護師( siostra )など。看護師に話しかける場合、 siostrapaniに置き換えることは許容されるが、修道女に話すときは許容されない。同様に、司祭と話すときにksiądzpanに置き換えることは受け入れられない。親密なTフォームは、子供、親、学生、兵士、若者の間で相互に使用される場合、中立とされるときである。 [16]

ロシア語を母国語とする人は通常、非公式の二人称単数代名詞( ty )または正式な形式( vy )をいつ使用するかを理解している。非公式であることの実践はtýkan'eとして知られており 、形式的で礼儀正しくなることの実践はvýkan'eと呼ばれてい 。  

ロシアの貴族に対する言語と文化の影響により、 vy -addressの起源はローマ帝国とフランスから来たことが示唆されている。他の多くのヨーロッパ諸国では、年齢と社会的ランキングに関係なく、 tyが最初に任意の個人または事に対応するために使用されていた。その後、 Vyを使用して、複数の人または事に完全に対応。後に、外国人と接触した後、二人称複数代名詞は別の機能を獲得した。敬意と形式を示し、それは貴族、つまりより高い社会的地位と権力を持つ人々に取り組むために使用されたのである。   

もう一つの理論は、ロシアでは、皇帝はまず、複数のVYの -体を採用したことを示唆している。皇帝は国民の代表であるため、複数と見なされる。同様に、皇帝は「私と私の人々」を表すために、 vos (私たち)を使用して自分自身に言及することができる。裁判所から、中流階級と下層階級はこの使用法を徐々に採用した。   

若い世代と民は最低限の教育で、しかし、無礼を意味することなくtyを使用して互いに対処している。 vy -addressに慣れている特定のロシア人は、 tyvyの形式を無教育で攻撃的で非文化的なものとして区別しない人を知覚するかもしれないがこれは敬語はロシアの革新ではなかったという結論につながり、代わりに単数形と複数形の両方でのvyの使用は、ラテン語の歴史的および政治的発展への露出によるものである。vyの使用は、ロシア全域に急速には広まらなかった結果、 Vyが世俗文学でより顕著になる18世紀まで、使用法は一貫していなかった。 [17]   

現代ナワトル語の敬語表現編集

中央メキシコの農村地域の散在するコミュニティで話されているナワトル語は、社会的距離と敬意を表すために敬語のシステムを利用しており、メキシコのプエブラとトラスカラのマリンチェ火山地域で話されるナワトル方言の敬語は、4つのレベルに分けられる。「intimate or subordinating」がレベルⅠ、「neutral, socially distant」または「respectful between intimates」がレベルII。 「noble」または「reverential」がレベルIII。 「compadrazgo」または「maximally social distant」がレベルIV。 レベルIは通常、非年齢の仲間や非親族によって使用され、リスナと動詞の接頭辞または接尾辞に関してマークされていないがレベルIIは、動詞の接頭辞on-でマークされ、親とtimate間で使用される。一部のナフアトル語話者は1人のリスナーに対してレベルIとレベルIIを交互に切り替えることが観察されており、両方のレベルの使用はある程度の敬意を示すか、リスナーを従属させないと考えられている。レベルIIIは、接頭辞on- 、再帰接頭辞mo- 、および動詞の語幹に基づく適切な推移性接尾辞によってマークされ、レベルIIIの動詞は 敬称接尾辞-tzinōaでさらにマークすることができる。最後にレベルIVは通常、儀式的な親族関係を共有する人々(例えば、親がゴッドパレントと、ゴッドパレントが同じ子のゴッドパレントと)の間で使用される。レベルIVは プロクリティック (つまり、次の単語に依存し、英語の単語「a」または「an」などの接辞と同様に機能する単語) maによってマークされ、レベルIVのもう1つの重要な側面は、レベルIからIIIのすべてが2人称形式を使用するのに対して、3人称でリスナーに対応することであり、この3人称形式を使用することにより、最大限の社会的距離が達成される [18]

モートロック語の敬語表現編集

モートロック語は、主にミクロネシアのモートロック諸島で話されるオーストロネシア語で [19] Mortlockの文化には、 samwoolと呼ばれる首長の階層があり、これらの首長や地位の高い人に話すときは、敬意を伝えるために敬語(モルトロック語ではkapaspwéteeteまたはkapasamáfelと呼ばれる)を使用する必要がある。 モートロック語では、共通の言語と敬意のある言語(敬語)の2つのレベルの会話しかない [19]。地位の高い人と話すときは敬意を表する言語が使用されるが、同じまたはより低い地位の人と話すときは共通言語が使用される。敬意と一般的な言語の違いを示す1つの例は、単語sleepで見ることができ、共通言語を使用した睡眠の言葉はmaúrであり、敬意を表した言語を使用した睡眠の言葉はsaipash [19]敬意を表す言葉に加えて、会議や集会で使用されるtiirouまたはfairoと呼ばれる正式な挨拶がある。英語では、正式な挨拶の例として「こんばんは」、「お会いできてうれしい」、「お元気ですか」などがあってこれらの正式な挨拶では言葉だけでなくジェスチャーも使用しているが、ティイロウまたはフェアロ (正式な挨拶)も、言葉とジェスチャーの組み合わせで示す [19]。英語では、このような正式な挨拶は、握手しながら「はじめまして」と言うようなものである。

ジャワ語の敬語表現編集

発話レベルは、日本語で見られる敬語ほどには発達していないか複雑ではないが、ジャワでエチケットの複雑で微妙な側面の1つがみられる。エチケットは、話すだけでなく [20] [21]、英語と西洋のテーブルマナーの習得を加えることができる [22]

Wolfowitzによると、次のように引用されている: [23]

「システムは、意味的に同等であるがスタイル的に対照的な、正確にランク付けされた、またはスタイルコードされた形態素のセットに基づいています」

重要なのは、人の所有物、属性、状態、行動を指す敬語、敬語を含む語彙である。このことに対するジャワ人の認識は、次のように説明するジャワ人の老人に関するエリントンの逸話によって最もよく要約されている。

二人は会うたびに、彼らは自分自身に尋ねる必要があります。「誰がこの人である私を誰だこの人は何私にバランスを互いに対してスケールで:???これはunggah-unggahを - 相対値を[24]

敬語の理解はジャワ話者によって非常に強調されている。高層のジャワ人は「人間であることはジャワ人である」と率直に述べるが 「サンプンジャワ」または「すでにジャワ人」である人であると、社会的相互作用と層化されたジャワ語をよく理解し、外国人にも適用される。ジャワ人は、子供たち、哀れな人、 単純な人、非常識な人、不道徳な人であると、まだジャワ人ではないという [25]

ジャワ語のスピーチは階層化されており、3つのレベルは次のとおり。

  • Ngokoは一般的な「毎日」のスピーチ
  • クラマは礼儀正しくフォーマルなスタイルとして知られています。 Kramaは、他の2つのカテゴリに分類
    • クラマ・マディヤ :半礼儀正しい
    • Krama Inggil :完全に丁寧でフォーマル

「Krama」は[krɔmɔ]と発音されます

これらのカテゴリはすべて、年齢、ランク、親族関係、および「親密さ」に従ってランク付けされる [26]。 話者が受信者の年齢やランクについて不確かな場合、 クラマインギルから始め、形式の最高レベルに応じて音声階層を調整し、低いレベルに下げるが Kramaは通常、両親と教師から学ばれ、 Ngokoは通常、若い年齢で仲間と交流することから学ぶのである [27]

ジャワの女性は、子供を含む他の人の前で敬意を持って夫に話しかけることが期待されている。このような発話パターンはアレンジされた結婚が顕著である地域や夫が妻よりもかなり年上である世帯内で特に顕著で、夫は一般的に、ファーストネーム、ペット名または「younger sibling」( dhikまたはmbak lik )で妻に呼びかけるが、妻は一般的に夫を「兄」( mas )として呼びかける。 高層家庭の子供たちは、父と母の両方にクラマ・インギルで話すことが期待されている。社会層が下降するにつれて、特に両方の両親が働く必要がある現代の労働者階級層の間ではほとんど存在しないという点まで、あまり強化されていない。この時点で祖父母は子供たちに正しい言語使用法を教育する役割を担う。女性は家庭内の言語と文化の管理者と見なされる [28] [29] [30] [31] [32]

朝鮮語の敬語表現編集

朝鮮語にも日本語と同様に尊敬語・謙譲語・丁寧語の3種類が用言文法範疇として存在する。韓国語の敬語会話は、主語への敬意、目的語への敬意、およびさまざまなスピーチレベルの混合で、これら3つの要因の使用方法に応じて、話者は話者、主語および聞き手(主語でもありうる)の関係のさまざまな側面を強調する [33]。韓国語の敬語は、名詞、形容詞、動詞に追加でき、敬称形式の呼称も使用できる。朝鮮語の代名詞は省略されたり、フォーマルな形式、親密な形式、または謙虚な形式で使用される。韓国語の 7つの発話レベル (一部は古体)は、その使用により礼儀正しさやフォーマルさを聞き手に表現でき、それぞれに特有の動詞語尾がある [34]

一般的に使用される6種類の発話体は、最低から最高まで次のとおり

  1. 普通体 (해라/ヘラ体)
    • フォーマル
    • 親密体を使用する場合よりも、話者と聞き手の間の社会的距離が大きいことを示す
    • 一般的な読者のために書くときに一般的に使用される
    • 一般的に書き言葉で使用されるが、話し言葉で使用されるときは感嘆を表す
  2. パンマルまたは親密体 (해/ヘ体)
    • 非公式
    • 通常、親しい友人、親から子供、比較的年上の話者から子供、子供から子供、または同じ年齢の若者によって使用される
    • 最近、多くの子供が両親にパンマルを使用している
  3. 近親体 (하게/ハゲ体)
    • パンマル体よりもフォーマル
    • 話し手が聞き手に配慮と礼儀を持って接することを示す
    • 通常、聞き手の年齢または社会的ランクが話者よりも低い場合に使用される(例、話者が30歳以上で、聞き手が大学生の年齢の場合)
    • 近親体は一般に、話し手が権威を示していることを意味する
    • 一般的に男性の権威と関連が強いため、女性は近親体をめったに使用しない
    • 通常、高齢者が使用し、ほとんどの人は日常言語で使用しなくなりつつある
  4. セミフォーマル または非敬体 (하오/ハオ体)
    • 近親体よりも中立的な丁寧さでよりフォーマル
    • 劣等な立場にある人(例:年齢や社会的地位)に対して使用される
    • 話し手は、社会的階層がわかっており話し手と比較して特に低層ではない疎遠な人との間でセミフォーマル体を使用する
    • これは一般に高齢者が使用し、ほとんどの人は日常言語で使用しなくなりつつある
    • 若者がセミフォーマル体を使用する場合、ユーモラスな感覚も表しており、深刻な状況には適さないと考えられている
  5. 丁寧体 (해요/ヘヨ体)
    • 非公式だが丁寧
    • 通常、相手が目上である場合に使用される(例:子供から両親へ、学生から教師へ)
    • これは最も一般的な音声スタイルであり、見知らぬ人の間で一般的に使用される
  6. フォーマルまたは 尊敬体 (합쇼/ハプショ体)
    • 最も控えめで敬意を持って目上に対応するために使用
    • 一般に、多数の聴衆に届けられるスピーチ、ニュースレポート、ラジオ放送、ビジネス、および公式のディスカッションで使用される
    • ほとんどの場合、書籍は普通体(ヘラ体)またはフォーマル体(ハプショ体)で書かれている
    • 状況によっては、話したい人が伝えたい状況や雰囲気に応じて、話し手が礼儀正しい形式と形式的な形式を切り替える場合がある [35]

これらの6つのスピーチスタイルは、正式なスタイルと礼儀正しいスタイルが敬意を表し、残りが非敬意を表す敬称レベルと非敬称レベルに時々分けられ、シュトラウスとウンによると、2つの敬語レベルは「比較的平等な親密でない大人の間で典型的に使用される」。それに比べて、非敬語のスピーチレベルは、通常、親しい人、グループ内のメンバー、または「話し手から話し手への下向きの方向」で使用される[36]

中国語における敬語表現編集

用言の丁寧形があるのはアルタイ語族的特徴である。アルタイ語族ではなくシナ・チベット語族に属し、孤立語である中国語は丁寧語は発達しておらず「です・ます」に相当する丁寧形の体系は存在しない。しかし名詞における敬語が発達しており、尊敬表現としての貴・尊・令と謙譲表現としての敝・拙などの接頭辞がある。例としては貴姓(お名前)、貴庚(ご年齢)、貴體(お体)、貴名(お名前)、貴府(お宅)、尊夫人(奥方)、令尊(お父様)、令堂(お母様)、令郎(お子さん)、敝國(自分の国の謙称)、敝眷(自分の家族の謙称)、敝公司(弊社)、拙作(自分の作品の謙称)、拙見(自分の意見の謙称)、拙夫/賤内(自分の夫/妻の謙称)、寒舍(自分の家の謙称)などがある。

他には、「您貴姓?」(あなたの)の「您」[37](「您」(nín)が正式な「you」、「你」(nǐ)が非公式)「歡迎光臨」(いらっしゃいませ)の「光臨」(「來」の尊敬語)などがある。

また市場経済導入後の大陸において、「何かを依頼する/働きかける」ときに「…してください/したい」よりも「…することができますか/してもいいですか」という丁寧なニュアンスをもたせるために英語の"Can you ~ ?"または"May I ~ ?"に相当する「能不能」(neng bu neng)、可不可以(ke bu ke yi)を使った疑問文を用いることが多くなっている。

日本語における敬語編集

敬語の成立編集

浅田は神道の祝詞から敬語が発生したという説を提唱しており、太古には神々を崇めるための特別な言語形式であり、神との距離を図ったものである[38]。事実、古代の敬語は祭祀を行う天皇のみが用いてきたもので、祝詞に敬語の萌芽が見られる[38]。絶対的な立場である神に対して「絶対敬語」として敬語が誕生し、従来は相手の身分に応じて敬語が用いられてきた[38]。「です・ます」のような丁寧語は用いられておらず、この丁寧語は8世紀ごろに誕生したとされる[38]。拡大して天皇に対して敬語が適用されるようになり、身分制度における敬語の使用へも発達していった[38]

尾鼻によれば、祝詞は畏怖の感情を表明するもので、ソトの存在であり、また上の存在である神に対して、ウタう、つまり訴えを行うものである[38]。豊作に対する感謝の気持ちを訴えたり、天地災害に対しては怒りを鎮めるよう、あるいは病が癒えるよう、またそれが治れば感謝を訴えた[38]。敬語が使われる動機は自らではなく神という畏れ多い存在があり、畏れ多い絶対的かつ上位の存在である神に対して慎重に言葉を選ぶ必要があった[38]

敬語の起源として、タブー起源説があるが疑問が呈される[38]

相対敬語へと変化していく。

尊敬語は奈良時代には例があり、西日本に多く、東日本に少ない[39]。丁寧語は、平安時代に芽が出てきた[39]。中世には、ソトの人に身内のことを説明する時に、身内を高める敬語を使った[40]。つまり、年上の祖父に対して普段敬語を使っているため、客にもその敬語のまま伝えるということであり、この用法は21世紀でも関西に残っている[40]。後にこのような場合は、謙譲語によってへりくだって説明するように変わった[40]

江戸時代には、身分によって、また同じ身分でも栄えている家柄に対して敬語を使うようになり、一方で、九州では個人的な年齢差によって年上には敬語を使うようになった[40]。「です」は明治時代に東京でよく使われるようになり、全国に普及した[39]

現代の敬語編集

対して、現代の日本は民主主義の社会、基本的人権の元に平等な社会である[41]。このような社会では、相互の尊重のために敬語は一定の程度は有用である、あるいは敬語は清算すべきという、根本的には両極に価値観が分かれる[42]。またどのよう価値観を抱き表現するかは、思想・良心の自由表現の自由が憲法によって保障されている。敬語では親しみを表せないと信じている人もいれば、キャラづくりとしてタメ口を表現している芸能人までさまざまである[43]

「絶対敬語」は、上下関係を元にしているが[38]、現代の敬語は、「相対敬語」であり、自らの相手へのスタンスが動機となる[38]。一般に家庭内で祖父や父に敬語は使わないようになった[44]。変動する相対的な上下関係、親疎、社会関係、状況、気持ち[38]、恩恵関係[45]などが絡んで用いられる。また、性別、ウチとソトなども要因となる。上位の存在に対して敬語を用いているのは変わらない[38]。しかし誰を上位だとみなしているのかは個々の価値観に由来する。

大勢に話す時、また改まった場、あるいは依頼する時、また身構えた時に敬語が用いられる傾向もある[38]

敬語は、弱い立場への力関係を示したり、皮肉や冷たさも表現することも可能である[38]。また、敬語は距離感を保つための形式でもあるため、仲を深めることを拒否しているという意思表示ともなり、親しさを伝えるためには敬語以外の表現が効果的である場合もある[46]。言葉を丁寧にしても、態度が無礼で配慮がなければ慇懃無礼と言われ、一方、言葉遣いが丁寧すぎるからといって変ではなく、自分の基準だけが正しいと思うこともよくない[41]。「男はつらいよ」の寅さんに出てくるような、「まだ生きてやがったか」のような罵倒じみた挨拶でさえ、旧知の中では再開の喜びを表すことすらある[47]

1952年には国語審議会にて「これからの敬語」が建議された[48]。封建時代(身分制度)からの習慣であるため(戦後の)民主主義では敬語は清算すべきという説、一方で民主主義では個を尊重する相互の尊敬が基盤となるため、ある程度は敬語が有用であるといった説があり、後者を採用して、敬語の行き過ぎた形はいましめて、誤用を正し、また簡素にするということが話し合われることとなった[42]。これまで敬語が上下関係から発達した点は民主主義的に改め、また女性の敬語や美称の使い過ぎ、商業における不当に相手を高める高い敬語や、逆に自らを下げる謙遜語は、自他の人格的尊厳を見失うことがあるため、よく戒めるべきものであることが指摘された[48]。しかし、簡素化された敬語が普及することはなく、「れる型」の敬語も推奨したが普及しなかった[48]。また相手を指す時「あなた」を標準形とし、「貴殿」「貴下」などを置き換え、「殿」は「様」に置き換え、米のように男性が「お」を省くものは女性でも省き、「です・ます」体を基本とするが、親愛体としての「だ」調を妨げるものではないともされた[49]

身分、上下関係、目上かどうかと年齢を重視した尊敬語と謙譲語が前に出た敬語であった従来の敬語から、親疎を考慮した現代の敬語へと変質し丁寧語が前にも出てくることとなった[43]。そして、一般の認識では敬語とは、尊敬語と謙譲語である[4]

その後、敬語の再検討に至るのは、40年が経過し1993年以降であり、その間に敬語の使用の低迷も招いており、2007年に「敬語の指針」が発表され再び敬語に注目が集まり、また従来の3分類から美化語の追加などで5分類へと改められた[48]。相互尊重による敬語という考えは継承された。この指針によれば、敬語は自分との関係を表現するものであり、コミュニケーションを円滑にし、人間関係を築くときに用い、また気持ちの表現手段であり、敬い、改まった気持ちを表現するものだとされた[38]。直後2008年の中学校の教科書では3分類が教えられていたりもし、統一的ではなく、ある教科書では、敬意を示す時に使うとし、ほかの教科書では、改まった気持を表すとか、人間関係に応じた言葉遣いだとされている[38]。「敬語の指針」では「あなた」について解説されており、本来は敬意の高い敬語だが、21世紀初頭では夫婦など身内で親しみを込めて用いる場合を除いては、対等から下位の者に対して一般に使われており、中立的でやや冷たい響きでもあるとされる。

21世紀には、過剰な丁寧語への変化が見られる。それまで敬語は相手との心理的距離を表していたが、自らの言葉遣いを示す側面も増えた[50]。「敬語の指針」では、その場にいない人への敬語の使用は違和感が感じられる可能性があるとし、その場にいる聞き手だけを意識して使われるようになったという変化が取り込まれている[51]。「お召し上がりになる」のような、「召し上がる」に「お」がついた二重敬語だが「敬語の指針」や敬語の実用書でも推奨されており、広く認められた使い方になっているし、アンケート調査でも違和感を持つ人は1割程度である[52]。「敬語の指針」ではこうした時代を経た様々な変化が反映されている。

5分類の背景には、言葉遣いをきれいにしようと単語に「お」をつける美化語を、特に東京近郊の女性が多用しだしたことによって、全国的に波及したことがある[39]。同様に首都圏の女性では尊敬語の用法が広がっており、過剰とされる二重、三重の敬語が使われる[39]。敬語の変化を大規模調査してきた井上史雄によれば、5分類は、21世紀の東京の敬語を説明するには適するが、3分類でよいとしている[39]。このように敬語だけに関わらず日本語は流動しており、敬語については敬意を示そうとしたという部分に注目し、誤りにだと思う部分を寛容に受け止めることも大切となる[46]

敬語は敬意を表現するものであるというのが、主流の見解のひとつであり、「米」を敬っていれば「お米」と表現するため、これらの人々では話者の品位を表すために「お米」と呼ぶ美化語は認めないという立場をとる[38]

尾鼻によれば、敬語の形式を用いるのは、敬意からではなく、相手にとる距離感からである[38]。敬語によって適切な距離感をとれば敬意を表することもできれば、敬語によって不要に距離を取れば侮辱ともなりえる[38]。親疎の疎、言い換えればソトの存在だとみなしている場合、警戒心から敬語を用いて心的距離を置く場合もある[38]。こうした新たな研究領域からは、待遇表現という用語でも呼ばれている[48]

あるいは櫻井によれば、現代の敬語は商業主義から成り立っており、客を上位として扱っていることに由来する[38]

2007-2008年の3652人の調査では、50代までは90%以上が敬語を使い分けており、60代以上では約80%であった[53]。使い分けの男女差は使い分けていない人は男性の方が若干多い[53]

2014年の広島大学の生徒44名を対象とした調査における、同年代と思われる見知らぬ人から話しかけられた時、敬語を使用について回答した人の割合を示す[45]。なお相手が日本人ではなく外国人では、そう思う人の割合はより低い。

  • 授業中、授業後、クラブ活動では「やや失礼だと思う」以上の回答は約半数で、道を尋ねられるという場面では7割となる。
    • それぞれの場面で失礼だと思わないとの回答は6.8-20%程度である
  • アルバイト中で、同年代の見知らぬバイトから話しかけられた場合、「やや失礼だと思う」以上の回答は、仕事中では30%だが、休憩中では6.8%。
    • この場面では、失礼だと思わないという回答率が多くなっており、とりわけ休憩中では50%であった。

敬語の分類編集

一般に、敬語を尊敬語・謙譲語・丁寧語の3つに分類してきた。中学校では3分類で敬語の学習をしているほか、常体敬体についても学習している。

一方、日本語学においてはさらに丁重語・美化語を立てた5分類が多く使われている。2007年に、文化庁の文化審議会は「敬語の指針」[41]を示し、尊敬語・謙譲語I・謙譲語II(丁重語)・丁寧語・美化語の5分類へと改めた[48]

この3および5分類の違いは、敬語にはその性質上、話題中の人物を高める「素材敬語」と話し手が対面している聞き手を高める「対者敬語」があるが、5分類は従来の3分類をこの点で区別することで定義されたものである。また、丁寧語の一部である美化語は「敬語」からは外されることが多い。

また、「敬語の指針」は、敬語は「古代から現代に至る日本語の歴史の中で、一貫して重要な役割を担い続けている」とし、現代においても人と人との「相互尊重」の気持ちを基盤とした「自己表現」を表す意味において重要な役割を果たすとした[41]

3分類 5分類 特徴
尊敬語 尊敬語 素材敬語 話題中の動作の主体が話し手よりも上位であることを表す語
謙譲語 謙譲語 話題中の動作の客体が話題中の動作の主体よりも上位であることを表す語
丁重語 対者敬語 聞き手が話し手よりも上位であることを表す語
丁寧語 丁寧語 聞き手が話し手よりも上位であることを表す語尾の「です」「ます」「ございます」など
美化語 - 上品とされる言い回し・言葉遣い

尊敬語編集

話題中の動作や状態の主体が話者よりも上位である場合に使われる。動詞助動詞形容詞の語形変化を指すが名詞の語彙を変えることも尊敬語に含む場合がある(例:だれ→どなた)。

動詞の語形変化には以下のような方法がある。

  • 語彙自体を変える - 例:いる・行く→いらっしゃる、食べる→召し上がる、見る→ご覧になる、する→なさる
  • お / ご~になる - 例:待つ→お待ちになる、掛ける→お掛けになる
  • お / ご~なさる - 例:待つ→お待ちなさる、掛ける→お掛けなさる
  • れ / られ - 例:待つ→待たれる、掛ける→掛けられる

形容詞・形容動詞の語形変化には語の前に「お / ご」を付ける。

  • 忙しい→お忙しい、多忙→ご多忙

人名には後に「様」「さん」「殿」「陛下」「先生」「先輩」「閣下」「社長」「部長」など敬称や職階をつける。

名詞には前に「お」「ご」「御(おん)」「み」「尊」「貴」「玉」などをつける。通常大和言葉には「お」を、漢語には「ご」を付けることが多い。「お」「ご」の2つは美化語としても用いられる。「み」以降は付けられる名詞が決まっており、造語力が低い。

  • 車→お車
  • 亭主→ご亭主
  • 心→お心、み心(表記は「御心」で同一)
  • 父→ご尊父
  • 会社→貴社
  • 原稿→玉稿
  • 自宅→お住まい

尊敬語はその昔、階級によりその用い方が決められていたものがある。今日においても皇室典範などや慣習によって、天皇皇族についてのみ用いられる。ただ日常では滅多に使われない。崩御なども単に「死去」や「お亡くなりになる」などと表現することもある。

  • 誕生
    • ご誕生が一般的だが、1940年代までは皇族の誕生のみ降誕といった(天から地上に降った神の一族として扱っていたため)。
  • 死亡(用いられる対象については各項を参照)
  • 自宅

謙譲語編集

話題中の動作の客体(間接的である場合もある)が話題中の動作の主体よりも上位である場合に使われる。そのため謙譲語は話題中に2人以上の人物が登場しなければならない。動作の主体を謙す言い方であり、主体=話し手の場合には自分が謙ることになる(卑しめるという意味ではない)。

動作の客体となる人物は聞き手でも第三者でもよく動作の主体は話し手・聞き手・第三者の誰でもよいのであるが、会話の場にいない人物への敬語が使われなくなってきたため動作の客体が聞き手、動作の主体が話し手である場合が多くなっている[注 1]。これを受けて謙譲語の一部は動作の客体がいない場合でも使え、聞き手に対する敬意を表す丁重語としても使われるようになった。「やる」の謙譲語の「上げる」のように謙譲の意味が薄れている、または「食う」の謙譲語「食べる」のように謙譲の意味がほぼ消滅した語もある。

謙譲語は客体を高める語である。古文では天皇・皇族や貴族の動作に謙譲語がついた例もある。

語形変化には以下のような方法がある。

  • 語彙自体を変える - 行く→伺う、見る→拝見する、する→致す
  • お / ご~する - 待つ→お待ちする、掛ける→お掛けする
  • お / ご~頂く・申し上げる - 買ってもらう→お買い頂く、辞退する→ご辞退申し上げる

名詞に関しては規則的に謙譲語を生成することができないが、下記のような例がある。

  • 茶→粗茶
  • 品→粗品
  • 贈り物→つまらない物
  • 妻→愚妻(同様に愚息、愚兄、愚弟、愚妹)
  • 夫→宿六(“うちの碌でなし”を略し、更に字を充てた)
  • 自分の子→豚児(但しここまで卑下するのは当人の自尊心を傷つける事にも繋がるので控えるべしという意見がある)
  • 著作→拙著
  • 理論→拙論
  • 当社→弊社、小社

なお、物を贈る際に「つまらないもの」と称することが日本語独特の表現のように言われることがあるが英語でも"This is my little gift to you."(小さな贈り物です)のように自らの贈り物について謙遜する表現は存在する。

向かう先のある名詞に関しては接頭語「お / ご」を付けた形も謙譲語として用いられる。

  • 手紙→お手紙を差し上げる、辞退→ご辞退を申し上げる、ご連絡を差し上げる

これらは同じ語形で尊敬語とも謙譲語ともなる。

  • 先生へのお手紙、お客様へのご連絡 - 謙譲語
  • 先生からのお手紙、お客様からのご連絡 - 尊敬語

丁重語/鄭重語編集

聞き手が、話し手よりも上位であることを表す動詞の語彙をいう。必ず丁寧語「ます」を伴うことが特徴である。また話し手は話題中の動作主であるか動作主と同じグループに属する。従来、謙譲語として扱われてきたものであるが謙譲語と違って動作の受け手が存在しなくてもよい。その多くは謙譲語を兼ねているが、丁重語だけに使われるものに「おる(おります)」がある。たんに丁寧語「ます」だけを使うよりもより丁寧である印象を相手に与える。このため自分を上品に見せるための美化語に分類することもある[要出典]

  • 今、自宅にいる。→今、自宅にいます。→今、自宅におります。
  • 出張で大阪に行った。→出張で大阪に行きました。→出張で大阪に参りました。
  • 山田と言う。→山田と言います。→山田と申します。

丁寧語編集

聞き手が話し手よりも上位である場合に使われる語をいう。広義として聞き手に対する配慮を表すもろもろの語を含める場合があるが、文法的に語末に使われる現代語の「です」「ます」「ございます」、古語の「はべり」「候ふ」などを指す。

聞き手が上位の場合の「です・ます」で終わる文体を敬体、同等や下位にある場合に使われる「だ」や動詞・形容詞の終止形で終わる文体を常体と呼ぶ。

丁寧を表す語形変化は以下の通りであるが文法カテゴリーに応じて語彙を変える場合があり、文法的には丁寧語というよりも丁寧体として分析される。

  • です
    • 名詞+繋辞 - 学生だ→学生です(現在)、学生だった→学生でした(過去)、学生ではない→学生ではありません(否定)、学生だろう→学生でしょう(推測)
    • 形容動詞 - 綺麗だ→綺麗です(現在)、綺麗だった→綺麗でした(過去)、綺麗ではない→綺麗ではありません(否定)、綺麗だろう→綺麗でしょう(推測)
  • ます
    • 動詞 - 見る→見ます(意志)、見た→見ました(過去)、見ない→見ません(否定)、見よう→見ましょう(勧誘)
  • ございます
    • 形容詞 - 忙しい→忙しゅうございます(現在)、忙しかった→忙しゅうございました(過去)、忙しくない→忙しゅうございません(否定)、忙しいだろう→忙しゅうございましょう(推測)
      • ウ音便を用いて「ございます」に接続させる形(例:忙しゅうございます)が伝統的な丁寧体である。形容詞に名詞や形容動詞で用いる「です」を接続させる形(例:忙しいです)は誤りであるとする考え方もあるが、1952年の第1回国語審議会「これからの敬語」では「平明・簡素な形として認めてよい」とされた[54]

美化語編集

美化語とは話者が聞き手に上品な印象を与えるために使う語のことである。文法的に見て敬語とは言えないが、聞き手に対する配慮を示しているということで敬語に準じるものとしたり丁寧語に分類することもある。名詞には「お」や「御(ご)」を付けたり、語彙を変えたりして作られる。原則として、「お」は和語に付け、「御(ご)」は漢語に付ける。これには普通に使われるもの、男女に差があるものの、たまに使われるものなど違いで分けられる。また、「バカ」と「おバカ」のようにニュアンスの変わるものもあるので注意を要する。また丁重語を美化語に入れることもある。美化語の中には女房言葉に由来するものも多い。

  • 「お」をつける - 店→お店、茶→お茶、菓子→お菓子、食事→お食事、飲み物→お飲み物、芋→お芋[注 2]、下劣→お下劣、下品→お下品
  • 「御(ご)」をつける - 住所→御住所、立派→御立派、説明→御説明、祝儀→御祝儀
  • 語彙を変える - めし→ごはん、腹→おなか、便所→お手洗い

不規則動詞一覧編集

「お~になる」「~れる・られる」(尊敬語)、「お~する」(謙譲語)、「~ます」(丁寧語)のようにいろいろな語に適用できる一般的な語形(一般形)ではなく、特定の語形(特定形。補充形とも言える)が用いられる動詞とその特定形の一覧を示す。ただし特定形に限定されず一般形を使える場合も多いことから、「三省堂 Web Dictionary」の一覧表において一般形が挙げられず特定形のみ示されているケースを太字で示す[55][41]

(注)空欄は一般形のみ存在するケース。「-」は一般形も存在しないケース[† 1]
一般 尊敬語 謙譲語 丁寧語
会う   お目に掛かる
お目もじする[† 2]
与える
やる
差し上げる
上げる
献上する
献呈する
献じる
進呈する
上げる[† 3]
ある - - ございます
言う おっしゃる 申し上げる
申す
申す
行く いらっしゃる
おいでになる
お越しになる

.[† 4]
伺う
参上する
上がる
参る
参る
いる いらっしゃる
おいでになる
おられる
[† 5]
おる おる
受ける 拝受する[† 6]
思う 思し召す[† 7] 存じる
買う お求めになる
求められる
- 求める
借りる 拝借する
聞く (~が)お耳に入る 伺う
承る
拝聴する
着る 召す
お召しになる
-
来る いらっしゃる
おいでになる
見える
お見えになる
お越しになる
参る 参る
くれる 下さる
賜わる
[† 8]
-
死ぬ お亡くなりになる
亡くなられる
逝去する
- 亡くなる[† 9]
知らせる お耳に入れる
知る ご存じだ[† 10] 存じる
存じ上げる
承知する
する なさる
あそばす[† 11]
いたす いたします
訪ねる   伺う
参上する
上がる
お邪魔する
尋ねる
食べる 召し上がる
上がる
頂く
頂戴する
頂く
飲む
寝る お休みになる
休まれる
- 休む
見せる お目に掛ける
ご覧に入れる
見る ご覧になる 拝見する
命じる 仰せ付ける[† 12] -
もらう   頂く
頂戴する
賜わる
[† 13]
拝受する[† 13]
読む 拝読する[† 14]
  1. ^ 表中の「-」は、特定形が無く「お~する」の一般形も作れないケース(<向かう先>に人物が想定できない動詞、あるいは<向かう先>に人物があっても慣習上使われなくなった場合)。
  2. ^ あまり使われない女性語
  3. ^ 旧来の規範では謙譲語とされていたが「謙譲語から美化語に向かう意味的な変化」が定着しつつあり、文化審議会答申「敬語の指針」において敬語意識の多様性に留意すべき一例とされた。
  4. ^ 「敬語の指針」では「行かれる」で相手に対する敬語の程度が十分な地域もあれば不十分になりかねない地域(例:東京圏)もあることを例示し、敬語には地域差があることを指摘した(参照:敬語#方言における敬語表現)。「お行きになる」は統語的に間違いではないが慣習上あまり使われない。
  5. ^ 「おる」と「おられる」の用法は地域差が大きい。「おる」は元々西日本的な表現であり、「おられる」も西日本で多用される。「いる」を常用する東日本では「おる」は謙譲語であるとの意識が強く、「おられる」に抵抗を持つ者もいる。また京阪地域では「おる」は軽い軽蔑語・謙譲語に用いられ本来尊敬語には用いられないが、共通語の影響から現在では「おられる」が多用されている(参照:おられる - ウィクショナリー日本語版[1])。「いられる」は統語的に間違いではないが、共通語では慣習上ほとんど使われない。
  6. ^ 主に書き言葉として使用
  7. ^ あまり使われない
  8. ^ 主に書き言葉として使用
  9. ^ 日本国語大辞典(小学館)は「尊敬表現や謙譲表現を用いるべき人に対しても、単に「なくなる」ということもできる。」としている。
  10. ^ 「ご存じだ」は「知っている」の尊敬語(参照:「敬語の指針」(文化審議会答申 平成19年2月2日))。
  11. ^ あまり使われない
  12. ^ 日常会話ではあまり使われない。
  13. ^ a b 主に書き言葉として使用
  14. ^ 例外として名前等の文字の読み方を尋ねる場合などは「拝読する」ではなく「お読みする」を使う。

敬語以外の待遇表現編集

敬語以外の待遇表現も話題中の人物に関する素材待遇表現と、聞き手に対する対者待遇表現に分けられる。素材待遇表現には、尊大語・侮蔑語がある。対者待遇表現は丁寧語である「です・ます」をつけないぞんざいな語を用いることで聞き手が同等あるいは下位であることが表現される。また、特に聞き手を卑下し、罵倒する表現を卑罵語として分類することがある。

侮蔑語編集

方言における敬語表現編集

現在、各地方特有の敬語は、共通語の敬語に置き換えられたり、階層社会の変化によって使われなくなったり(例:旧城下町の士族言葉)、有力な地域の方言の敬語が周辺地域に影響を及ぼしたり(例:名古屋弁「みえる」の岐阜県への伝播)するなど、様々な変化を起こしている。場面に応じた使い分けで方言と共通語の敬語が共存している地域もあり、例えば近畿地方では、高い敬意を表す尊敬語「なはる」「お・・・やす」や丁寧語「だす・おます」「どす・おす」は共通語の敬語に押されて衰退したが、くだけた場面でも多用される軽い尊敬語「はる」は共通語の敬語に置き換えられないため、依然広く用いられている。[56]

日本語の敬語(あるいは待遇表現)の運用には地域差がある。大まかには、東日本では旧城下町など特定の地域・階層を中心に敬語が発達し、改まった場面に限って用いることが多いのに対し、西日本では幅広い地域・階層で敬語が発達し、改まった場面だけでなくくだけた場面でも日常的に用いる。福島県から静岡県にかけての太平洋側や紀伊半島南部、伊豆諸島(八丈島除く)などは敬語をあまり用いない「無敬語」地域であるが、東京周辺だけは敬語が発達していて言語島をなしている。これは中世から近世にかけて上方から江戸に敬語が移入されたためであり、現在でも「お寒ございます(×お寒くございます)」「ありませ(×ありましない)」などにその名残が見られる。東京を含め現代の多くの方言では絶対敬語から相対敬語へと移行しているが、近畿地方などでは絶対敬語の傾向が残っており、身内敬語も盛んである。[56]

琉球語でも敬語表現が発達している。沖縄方言における敬語もしくは謙譲語的表現の例として、士族階級における「姉妹」という意味の「うない(おなり)」が「うみない(おめなり)」、「兄弟」という意味の「いきー(えけり)」が「うみきー(おめけり)」になるなどの呼称の語形変化が挙げられる。

注釈編集

  1. ^ 日本語では謙譲語と尊敬語とを正しく使い分けることにより、話し手・聞き手が動作の主体・客体なのか、それとも客体・主体なのかが区別されて表現される。
  2. ^ 食物や食器は2文字の物に対して添えられる場合がほとんど。他に茄子を“お茄子”と言うが、一方で人参は“お人参”とは言わない

出典編集

  1. ^ 『文部科学省学術用語集:言語学編』
  2. ^ Shibatani 1994
  3. ^ Kibort, Anna. Respect. Grammatical Features. 7 January 2008.
  4. ^ a b 井上史雄 2017a, pp. 14-15.
  5. ^ Comrie, Bernard (1976). “Linguistic politeness axes: Speaker-addressee, speaker-referent, speaker-bystander.”. Pragmatics Microfiche 1 (7): A3–B1. 
  6. ^ Huang, Yan. 2007. Pragmatics, Oxford University Press. p.164
  7. ^ Tsunoda, Tasaku. 2005. Language Endangerment and Language Revitalization. Walter de Gruyter. p. 97
  8. ^ Dixon, Robert M. W. 1994. Ergativity. Cambridge University Press. p. 19
  9. ^ Foley, William. 1997. Anthropological linguistics: An introduction. Blackwell. pp. 327–8
  10. ^ Odango, Emerson Lopez (2015). Affeu fangani 'join together': A morphophonemic analysis of possessive suffix paradigms and a discourse-based ethnography of the elicitation session in Pakin Lukunosh Mortlockese. https://search.proquest.com/docview/1714372047. 
  11. ^ 宇賀治正朋『英語史』開拓社、2000年、174頁。
  12. ^ 井上史雄 2017a, pp. 233-234.
  13. ^ 苅部恒徳「親称の " Thou "と敬称の " You": 英語における2人称代名詞の歴史について」 (pdf) 『新潟大学英文学会誌』第28巻、1999年7月、 1-15頁、 NAID 110000299961
  14. ^ a b c 浅田秀子『日本語にはどうして敬語が多いの?』アリス館、1997年。
  15. ^ Foley, William (1997). “Language and Social Position.” Anthropological Linguistics: An Introduction: 305–333. Blackwell Publishing.
  16. ^ Huszcza, Romuald. (2005). “Politeness in Poland: From ‘Titlemania’ to Grammaticalised Honorifics.” Politeness in Europe: 218–233
  17. ^ Popov, Paul (Autumn 1985). “On the Origin of Russian vy as a Form of Polite Address.” The Slavic and East European Journal 29 (3): 330–337
  18. ^ Hill, Jane H. and Kenneth C. Hill. 1978. “Honorific Usage in Modern Nahuatl: The Expression of Social Distance and Respect in the Nahuatl of the Malinche Volcano Area.” https://www.jstor.org/stable/pdfplus/413001.pdf Language. Vol. 54, No. 1, pp. 125, 130, 142.
  19. ^ a b c d Odango, Emerson Lopez (2015). Affeu fangani 'join together': A morphophonemic analysis of possessive suffix paradigms and a discourse-based ethnography of the elicitation session in Pakin Lukunosh Mortlockese. https://search.proquest.com/docview/1714372047. 
  20. ^ James Joseph Errington: 1998. Shifting languages: interaction and identity in Javanese Indonesia in Issue 19 of Studies in the social and cultural foundations of language. Cambridge University Press: 1998. ISBN 0-521-63448-2, ISBN 978-0-521-63448-9. 216 pages 84–88
  21. ^ Errington, JJ 1988. Structure and Style in Javanese: A Semiotic View of Linguistic Etiquette. University of Pennsylvania Press: 11
  22. ^ Koentjaraningrat. 1985. Javanese culture Oxford University Press, 1985. ISBN 0-19-582542-X, 550 pages
  23. ^ Tim Ingold editor. 2002. Companion encyclopedia of anthropologyTaylor & Francis, 2002.ISBN 0415286042. 882–883. 9780415286046
  24. ^ Errington, JJ 1988. Structure and Style in Javanese: A Semiotic View of Linguistic Etiquette. University of Pennsylvania Press: 11
  25. ^ Clifford Geertz. 1977. Interpretation of Cultures Basic Books: 1977. ISBN 0-465-09719-7. 480 pages. 52–53.
  26. ^ Ward Keeler: 1984. Javanese, a cultural approach: Issue 69 of Papers in international studies Southeast Asia Series. Ohio University Center for International Studies, 1984. ISBN 0-89680-121-7, ISBN 978-0-89680-121-9. 515 pages
  27. ^ Dardjowidjojo, Soenjono (1973). “Honorifics in Generative Semantics: A Case in Javanese.” RELC Journal 4: 86–97
  28. ^ James Joseph Errington: 1998. Shifting languages: interaction and identity in Javanese Indonesia in Issue 19 of Studies in the social and cultural foundations of language. Cambridge University Press: 1998. ISBN 0-521-63448-2, ISBN 978-0-521-63448-9. 216 pages 84–88
  29. ^ Errington, JJ 1988. Structure and Style in Javanese: A Semiotic View of Linguistic Etiquette. University of Pennsylvania Press
  30. ^ Scotton CM 1988, Code Switching as Indexical of Social Negotiations". in M Heller Codeswitching: Anthropological and Sociolinguistic Perspectives Berlin: Mouton de Gruyter.
  31. ^ Tim Ingold editor. 2002. Companion encyclopedia of anthropologyTaylor & Francis, 2002.ISBN 0415286042. 884–890. 9780415286046
  32. ^ Hildred Geertz. 1961. The Javanese family: a study of kinship and socialization: Volume 2 of Series on contemporary Javanese life. Free Press of Glencoe, 1961. 176 pages. 19: 147: 152
  33. ^ Lee, Iksop and S. Robert Ramsey. 2000. The Korean Language. State University of New York Press. pp. 224, 250, 253–263. ISBN 0-7914-4831-2
  34. ^ Lee, Iksop and S. Robert Ramsey. 2000. The Korean Language. State University of New York Press. pp. 224, 250, 253–263. ISBN 0-7914-4831-2
  35. ^ Lee, Iksop and S. Robert Ramsey. 2000. The Korean Language. State University of New York Press. pp. 224, 250, 253–263. ISBN 0-7914-4831-2
  36. ^ Stauss, Susan and Jong Oh Eun. 2005. “Indexicality and honorific speech level choice in Korean.” Linguistics. 613–614. ISSN 1613-396X
  37. ^ 「你好」(ニイハオ)で使われる二人称の你(ni3)(ニイ)の敬語形が您(nin2)(ニン)。なお「你好吗?」という挨拶は英語の"How are you?"に由来し、米中・日中の国交回復以前には常用されていない(典拠:司馬遼太郎・陳舜臣『対談 中国を考える』文春文庫)。
  38. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 尾鼻靖子「現代日本語における敬語の起源の形跡」『言語と文化』第21号、2018年3月、 45-60頁、 NAID 120006462552
  39. ^ a b c d e f 井上史雄 2017a, pp. ii, 166-167.
  40. ^ a b c d 井上史雄 2017a, pp. 164-165.
  41. ^ a b c d e 文化審議会『敬語の指針(文化審議会答申)』(PDF)文化庁、2007年2月2日。
  42. ^ a b 5 敬語の問題 第1期国語審議会 (文化庁)
  43. ^ a b 井上史雄 2017a, pp. 217-218.
  44. ^ 井上史雄 2017a, p. 144.
  45. ^ a b ダイ アンチ「他者の敬語使用に関する意識調査 : 日本語母語話者を対象として」『日本語・日本文化研修プログラム研修レポート集』29期巻、広島大学国際センター、2014年10月30日、 190-207頁。
  46. ^ a b 文化審議会国語分科会 (2018年3月2日). “分かり合うための言語コミュニケーション(報告) (pdf)”. 文化庁. 2018年7月15日閲覧。
  47. ^ 井上史雄 2017a, p. 207.
  48. ^ a b c d e f 郡千寿子「文化審議会の答申と敬語教育」『弘前大学教育学部紀要』第99号、2008年3月、 1-7頁、 NAID 120000917283
  49. ^ これからの敬語(建議)』第1期国語審議会 (文化庁)
  50. ^ 井上史雄 2017a, pp. 15, 59.
  51. ^ 井上史雄 2017b, p. 40.
  52. ^ 井上史雄 2017b, pp. 25-26.
  53. ^ a b 平成17年度「国語に関する世論調査」の結果について”. 文化庁 (2008年7月26日). 2018年7月15日閲覧。
  54. ^ 6:動作のことば これからの敬語 『これからの敬語(建議)』1952年
  55. ^ 参考:ことばの世界 基本語から引く尊敬語・謙譲語・丁寧語 三省堂Web Dictionary
  56. ^ a b 加筆者が以下ページ数まで提示しているが、正確にどの部分の参考文献としたかは不明: 宮治弘明「方言敬語の動向」、小林隆・篠崎晃一・大西拓一郎編『方言の現在』明治書院、1996年、第4章283-296頁 ISBN 4-625-42097-0

参考文献編集

  • Shibatani, Masayoshi(柴谷方良). 1994. Honorifics. In: Asher, R.E. (ed.) The Encyclopedia of Language and Linguistics. Oxford: Pergamon Press. 1600-1608.
  • 井上史雄『敬語は変わる』大修館書店〈大規模調査からわかる百年の動き〉、2017a。ISBN 978-4-469-22260-9
  • 井上史雄『新・敬語論 なぜ「乱れる」のか』NHK出版〈NHK出版新書〉、2017b。ISBN 978-4-14-088508-6

関連項目編集

外部リンク編集