RG(アールジー)とは、スズキが販売していたオートバイのシリーズ車種である。

概要編集

1972年から1978年にかけてのGTシリーズの後継として1977年より登場。GTシリーズのラインナップでは、空冷3気筒エンジン搭載モデルを中核として、100ccクラスから750ccクラスまで展開されていたが、このうち250ccクラス以下の代替モデルがRGシリーズとなる。なお400ccクラス以上では新型の4ストロークエンジンを搭載するGSシリーズが代替モデルとされた。

RGシリーズは、1982年より登場したRG-Γ(ガンマ)シリーズへと機種更新され、国内モデルは順次販売終了となった。

ラインナップ一覧編集

RG50編集

RG50
1977年発売。ピストンバルブリードバルブを併用したスズキ独自の「パワーリードバルブ方式」の空冷2サイクル単気筒エンジンを搭載し6.3PSを発揮。スポークホイール仕様でフロントブレーキには機械式ディスクを採用。
1978年にマイナーチェンジ。グラフィックが小変更されカラーラインナップは4色展開となるが、仕様諸元に変化なし。イヤーモデルとしては最終型となる。
1979年の派生モデル「RG50E」登場後もしばらく併売された。なお、同年より海外への輸出も開始され、仕向け地により「GT50P」(オランダ仕様)などの別名称がある。
RG50E
1979年発売。星型キャストホイールを採用した派生モデルとして登場。なお、同型も海外への輸出仕様があり、仕向け地により「GT50P special」(オランダ仕様)・「ZR50」・「X1」など多数の別名がある。
1980年にはエンジン出力が向上し7.2PSとなり、フロントブレーキが油圧式ディスクへと変更。燃料タンクやテールカウルなどの外装も一新された。
1981年にはフロントフォークにアンチノーズダイブ機構を追加装備。
1982年には点火方式を無接点の容量放電式(P.E.I.)に改良。イヤーモデルとしては最終型となるものの、同年に登場した後継モデルの新型RG50Γの発売後もしばらく併売された。
RG50T
1981年発売。同年式のRG50Eをベースにした廉価版となる。
変更点は、タコメーターを省略、フロントブレーキにはドラム式を採用、スポークホイール仕様、テールカウルなしのロングシートなどの他、リアキャリアを標準装備する。

RG80E編集

1981年発売。クランクケースをRG50Eと共通しながらもボア×ストロークを49.0×42.0に変更して80ccエンジンとし、リアキャリアを標準装備する。点火方式は無接点の容量放電式(P.E.I.)を採用し、電装は6Vである。18インチ星型キャストホイール、ブレーキはフロント油圧式シングルディスク、リア機械式リーディングトレーリングを採用。
  • 仕様諸元
    • 全長×全高×全幅(mm) 1,965×1,045×740
    • 車両重量 96kg(乾燥)
    • エンジン形式 空冷2ストローク単気筒
    • 総排気量 79cc
    • 最高出力 10ps/8,500rpm
    • 最大トルク 0.89kg-m/8,000rpm
    • 変速機形式 5段リターン式


RG125編集

1978年に先代モデルGT125のデザインを変更して発売。
1980年にエンジンをそれまでのピストンバルブ空冷2サイクル2気筒から、パワーリードバルブ空冷2サイクル2気筒に変更し、デザイン変更とともに大幅なモデルチェンジがされたほか、キャストホイール採用したRG125Eも発売された。RG125Eには黒色と茶色がラインナップされていた。

RG185編集

1978年に先代モデルGT185のデザインを変更して発売。

RG250編集

1978年6月発売。GT250の後継モデル。型式GT2502。
それまで400ccクラスの車体に250ccエンジンを搭載していた車種が多い中、250cc専用設計を初採用。軽量な車体による軽快な操縦性と、2サイクルエンジンにしては低回転域のトルクが強い特性を持ち、高い運動性能を誇った。
1978年10月、当時流行のキャストホイールを装備したRG250E追加発売。スポークホイールのRG250と併売。
1980年2月、マイナーチェンジ。メーター、ウインカー、カラーリングなどを変更。RG250は廃止。国内ラインナップとしては同年式が最終モデルとなる。
1981年にはフロントサスペンションにアンチノーズダイブ機構を採用。同年以降は輸出専用モデルとして継続され、1999年まで販売された。
輸出仕向け地によっては「GT250 X7」ないし「X7」の名称で販売された。
  • 仕様諸元
    • 全長×全高×全幅(mm) 2,005×1,065×740
    • 車両重量 126kg(乾燥)
    • エンジン形式 空冷2ストローク2気筒
    • 総排気量 247cc
    • 最高出力 30ps/8,000rpm
    • 最大トルク 2.9kg-m/7,000rpm
    • 変速機形式 6段リターン式

関連車種編集

ZR50SL
1981年に発売された国外専用モデル。
RG50Eベースに段付きシートとプルバックハンドルを装備したクルージング仕様。ベースモデル同様にタコメーターを装備し、前後18インチのキャストホイールを採用する。
OR50
1977年にRG50のエンジンを使い、チョッパー風のデザインの車体でデビューした「マメタン50」。
1978年にタコメーターと機械式ディスクブレーキを装備した「マメタン50カスタム」を発売。タンクの炎グラフィックが特長。モーターマガジン社の『月刊オートバイ』誌1978年10月号の第一回人気投票では原付部門の第一位に輝いた。
1979年に星型のキャストホイールを採用した「マメタン50E」が発売された。なお、同年より海外への輸出も開始され、仕向け地により「OR50 rebel(レブル)」の名称で販売された。

関連項目編集

  • スズキ・GT - RGシリーズの先代に相当する車種シリーズ。
  • スズキ・GS - RGシリーズと同時期に展開された4ストロークエンジン搭載の車種シリーズ。

外部リンク編集