メインメニューを開く
Julien.gif

エニャン=スタニスラス・ジュリアン(Aignan-Stanislas Julien[1]1797年 - 1873年2月14日)は、フランス東洋学者アベル・レミュザをついで19世紀フランスの代表的な中国学者として活躍した。

目次

略歴編集

ジュリアンはオルレアンに生まれた。本来の名はノエルだったが、アメリカで死んだ弟の名を引きついだ[2][1]。3歳のときに父を失った。オルレアンの神学校で教育を受けた後、1819年か1820年ごろにパリに出て、コレージュ・ド・フランスで古典を学んだ。1821年から同校でギリシア語の助手をつとめた。中国語はアベル・レミュザに学び、早くも1824年に『孟子』の一部をラテン語に翻訳している[2]。1827年にはフランス学士院図書館に職を得た。

1832年にレミュザが没すると、ジュリアンはその後を継いでコレージュ・ド・フランスの中国学教授に就任し、没するまでその地位にあった。翌1833年には碑文文芸アカデミーの会員に選ばれた。1845年に王立図書館の漢籍の管理者をつとめ、1852年にコレージュ・ド・フランスの学長に就任した[3]

1863年にレジオン・ドヌールのコマンドゥールに叙勲された。同年アントワーヌ・バザンが没したため、バザンがつとめていた東洋言語特別学校の中国語教授を兼任した(1871年まで)[3]

1873年に没したときに、中国語の表現を集めたカード25万枚を残した[2]

主な業績編集

哲学書では『孟子』『太上感応篇』『老子道徳経』を翻訳した。ただしいずれも初訳ではない[4]

文学では代の白話小説『平山冷燕』『玉嬌梨』『白蛇精記』や、元曲趙氏孤児』『灰闌記』『西廂記』を翻訳した。

1830年代後半にフランス農務省からの依頼によって、ジュリアンは養蚕に関する漢籍である『桑蚕輯要』を翻訳したが、すぐに英語・ドイツ語・イタリア語・ロシア語に重訳された[2]。ほかにも中国の伝統産業に関する著書がある。

ジュリアンはサンスクリットを学び、中国とインドの関係について研究した。ジュリアンは最初に玄奘に注目した西洋人だった[5]

ジュリアンはいくつかの中国語文法書を書いた。とくに1869-70年に出版された『漢文指南』は長い間使われた。

教育用に『三字経』『千字文』の本文と訳注を出版している。

ジュリアン賞編集

碑文・文芸アカデミーは、1875年以来、中国学に優れた功績をあげた人物に対してスタニスラス・ジュリアン賞(Prix Stanislas Julien)を授与している。第1回はジェームズ・レッグが受賞した。当初は受賞者は主に西洋人だったが、最近は中国人自身の研究が受賞することが多くなっている。日本人も関野貞(1916)、高楠順次郎(1929)、羽田亨(1952)、吉川幸次郎(1969)、藤枝晃(1972)、宮崎市定(1975)らが受賞している。

脚注編集

  1. ^ a b Pino (2008) p.529
  2. ^ a b c d ブリタニカ百科事典
  3. ^ a b Pino (2008) p.530
  4. ^ 『孟子』はフランソワ・ノエル(1711)、『太上感応篇』はレミュザ(1816)、『老子道徳経』はポティエ(フランス語版、1838)のものが初訳である
  5. ^ 水谷真成『大唐西域記』1、平凡社東洋文庫、1999年、330,334,339。ISBN 4582806538

参考文献編集

外部リンク編集