メインメニューを開く

スターライトエクスプレス』(英語:Starlight Express)は、イギリスの作曲家アンドルー・ロイド・ウェバーの作曲で、1984年ロンドンウエスト・エンドで初演されたミュージカルである。

目次

概要編集

おもちゃの電車のセットが生きる子供の夢をベースにした物語で、ローラースケートを装着した俳優が演じることで知られる。ロンドンのウエスト・エンドでは7,461回上演され、同地でロングラン上演されている作品の一つである。ドイツでは最も人気のあるミュージカルとされる [1]

2019年時点で、全世界での観客動員数は2000万人以上、興行収入は推定12億ドル以上に達する[2]

音楽は1980年代のディスコポップスを基調に、カントリー調のラブソングなども加えながら、ロックンロール・ミュージカルと仕上げられている。

観客席の周囲や上部にローラースケートのトラックを縦横無尽に張り巡らし、アクロバットスタントの演技を取り入れたダイナミックな舞台構成となっている。

おもちゃの列車を表現した衣装は独特のデザインで、トニー賞等の衣装部門賞を受賞している。

スタッフ編集

上演歴編集

登場するキャラクター編集

  • 声の出演
    • コントロール:おもちゃの列車で遊んでいる少年が、夢の中で世界各国から集合した機関車たちへの司令塔となり、レース召集やカウントダウンなどの様々な指令を与える。
    • ザ・スターライト・エクスプレス:存在が不確かな幻の列車。ポッパと同じ役者が声を演じる。
  • 機関車
    • ラスティー:蒸気機関車
    • ポッパ:引退した蒸気機関車
    • グリースボール:ディーゼル機関車
    • エレクトラ:電気機関車
    • ハシモト:新幹線
    • ヤマモト:新幹線 ※1990年日本公演
    • ナカムラ:新幹線 ※1987年日本公演
    • ボボ/ココ:フランスのTGV
    • トルノフ/ヴラジミール:ソビエトの機関車
    • エスプレッソ/ペンデリーノ:イタリアの機関車
    • フライングハンバーガー/ウェルツシャフト:ドイツの機関車
  • 客車
  • 貨物車
    • ロッキー(同じ名前を持つ複数の有蓋車で番号により区別されている 例:ロッキー1、ロッキー2、ロッキー3、ロッキー4)
    • フラットトップ:レンガ台車
    • ダスティン:大型骨材石炭車
    • CB:車掌車 ※日本公演版では「レッド・カブース」
  • コンポーネンツ(エレクトラの構成車両)
    • クラップ:軍事装甲車
    • レンチ:修理車
    • パース:現金輸送車
    • ヴォルタ:冷凍車
    • ジュール:ダイナマイト火薬車

主要キャスト編集

ロンドン編集

ブロードウェイ編集

日本編集

1987年

1990年

  • 新幹線ハシモト:渡洋史
  • 新幹線ヤマモト:前野憲一郎
  • イタリアの機関車ペンデリーノ:立花秀樹
  • フランスの機関車ココ:ユキ・ヤストコ(安床由紀夫)
  • 装甲貨車クラップ1:神英彰(当時は上村英彰)

受賞歴編集

脚注編集

  1. ^ CPLG TO TAKE CENTRE STAGE WITH ANDREW LLOYD WEBBER’S MUSICALS、DHX Media、2019年1月23日。

関連項目編集

外部リンク編集