スター・ウォーズの日

スター・ウォーズの日(スター・ウォーズのひ)は、毎年5月4日に行われるジョージ・ルーカス作のスター・ウォーズ作品およびメディアフランチャイズを祝う非公式の記念日である。1977年の映画公開以来、メディアやファン達の間で草の根的に急速に広まっていった[1] [2]

スター・ウォーズの日
挙行者 スター・ウォーズのファン
趣旨 スター・ウォーズを祝福する日
日付 5月4日
テンプレートを表示

記念日の日付5月4日は、シリーズで有名なフレーズ「フォースと共にあらんことをMay the Force be with you)」の"May the Force"の箇所が、5月4日の英語読み"May the Fourth"と似ているという駄洒落に由来する 。この記念日はルーカスフィルム公認の日ではなかったものの、世界中の多くのファンが5月4日をスター・ウォーズの日として祝福するようになっていった。 [3]このような記念日の広がりを受け、今では、ルーカスフィルムや親会社ディズニーも、スター・ウォーズの日を毎年恒例の記念日として認知するようになっている。

歴史編集

スター・ウォーズの日が初めて歴史上で言及されたのは、英国でマーガレット・サッチャー英国首相選出された翌日の1979年5月4日である。サッチャー率いる保守党が、ロンドン・イブニング・ニュース紙に「5月4日にフォースと共にあらんことを、おめでとう(May the Fourth Be with You, Maggie. Congratulations.)」と祝辞広告を掲載したのが始まりと言われている。 [4] [5] [6]

1988年のあひるのおばけのエピソード『The Vampire Strikes Back(ヴァンパイアの逆襲)』で、宇宙を旅するスーパーヒーローのトレメンダス・テランス(TremendousTerrance)がダッキュラ伯爵(Duckula)に日付を尋ね、ダッキュラは「5月4日だ(May the Fourth)」と答える。その後、テランスが出発するとき、ダッキュラが5月4日(May the Fourth)を交えて「フォースと共にあらんことを(May the Fourth Be with You)」と言うシーンがある。 [7]

May the Fourth be with youは、1994年5月4日に英国議会の防衛討論会で使用された。[8]

天体物理学者で作家のジャン・カベロスは、1999年の著書「スターウォーズの科学」の94ページでMay the Fourth be with youを引用している。 [9]

2008年には、ルーク・スカイウォーカー・デー祝う最初のFacebookグループ内が作成され、そのグループ内でMay the Fourth be with youのフレーズが使われた。 [10]

2011年には、カナダオンタリオ州トロントにある映画館トロント・アンダーグラウンド・シネマ(Toronto Underground Cinema)で最初のスター・ウォーズ・デーを祝う組織的なお祭りが開催された。これはショーン・ウォードとアリス・クインが主催したイベントで、旧三部作にまつわるトリビアゲームショーも開催された。その他にも、有名人審査員によるコスチュームコンテストが行われ、またファン作成のトリビュート映像、マッシュアップ動画、パロディー作品、リミックス映像などが大画面で上映された。2012年5月4日金曜日に同イベントの第二回目も開催された。 [11] [12] [13]

ボリス・ジョンソン[14]のような政府関係者のスター・ウォーズファンもソーシャルメディアやテレビなどさまざまな方法でスター・ウォーズの日を祝っている。

2013年以降、ウォルトディズニーカンパニーディズニーランドウォルトディズニーワールドなどでスター・ウォーズ関連のイベントを行い、スター・ウォーズの日を公式に祝うようになっている。 [15] [16]なお、ディズニーは2012年後半にスターウォーズの権利を含み、ルーカスフィルムを買収している。[17]テレビアニメシリーズクローンウォーズの最終シーズン(シーズン7)の最終話が、2020年5月4日にディズニー+で利用可能になった。[18]同じく5月4日に、スターウォーズ:スカイウォーカーの夜明けや、ディズニーギャラリー/スター・ウォーズ:マンダロリアン(8エピソードのドキュメンタリーシリーズ)も、ディズニー+で利用可能になった。 [19] [20]2021年には、アニメシリーズ、スターウォーズ:バッドバッチもこ5月4日にディズニー+で初公開された。 [21]

トレドマッドヘンズ[22]ダーラムブルズ[23]などのマイナーリーグベースボールチームは、スター・ウォーズの日のプロモーションの一環としてチューバッカR2-D2柄の特別なユニフォームを着用したことがある。

2015年のスター・ウォーズの日には、国際宇宙ステーション宇宙飛行士スター・ウォーズを鑑賞した。 [24]

また、2015年5月4日には、カナダオタワにある国会議事堂の平和の塔内にあるカリヨンの鐘が、宇宙関連の曲と合わせてスター・ウォーズの「帝国の行進」のテーマを奏でた。 [25]

その他のスター・ウォーズ関連の記念日編集

5日/6日の復讐(Revenge of the Fifth/Sixth)編集

5月4日の翌日5月5日(May the Fifth)をスターウォーズエピソード3/シスの復讐(Star Wars Episode III-Revenge of the Sithと関連付け「5日の復讐(Revenge of the Fifth)」とし、ジェダイではなく悪役であるシスの暗黒卿やダークサイドのキャラクターを祝う人もいる。 [26]


しかし、翌日5月6日(May the Sixth)の方が「シス」と語の響きが似ているため「シス」を祝う日として相応しい、と主張するファンもいる。また、6日は旧三部作のエピソード6と同じ数字であり、「6日の帰還(Return of the Sixth)」として、スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(Star Wars: Episode VI Return of the Jedi)と関連づけるべきだというファンも存在する。 [27] [28] [29]

5月25日編集

ロサンゼルス市議会はスター・ウォーズシリーズ公開30周年を記念して、2007年5月25日に、5月25日をスター・ウォーズの日とすると宣言した。 [30] なお5月25日は、スター・ウォーズの第一作目が公開された日だけではなく、銀河ヒッチハイク・ガイドに登場するタオルの日、またディスクワールドに関連した日でもあるため、ギークカルチャーを祝うギークプライドデー(Geek Pride Day)としても認知されている。 [31] [32]ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーも、スター・ウォーズ公開から41年後の5月25日に公開された。 [33]

関連項目編集

  • シンコデマヨ、5月5日に開催されるお祝い
  • フリーコミックブックデイ、5月4日に時折開催される日
  • 円周率の日、日付けの呼び方に関連した日

 

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Painter (2009年5月4日). “May the Fourth Be With You”. NBCUniversalMedia, LLC. 2015年5月4日閲覧。
  2. ^ Star Wars day: May the 4th be with you”. My Fox Chattanooga (2010年5月4日). 2010年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月8日閲覧。
  3. ^ Star Wars Day: May the 4th”. Starwars.com. 2015年5月3日閲覧。
  4. ^ Whalen, Andrew (2019年5月3日). “Star Wars Day 2019: How Margaret Thatcher Launched 'May the Fourth Be With You' Holiday”. Newsweek. https://www.newsweek.com/star-wars-day-2019-may-fourth-be-you-margaret-thatcher-history-explained-1414528 2021年5月4日閲覧。 
  5. ^ Chan, Tim; Anderson, Sage (2020年4月30日). “May the 4th Be With You: The Best Merch, Toys and Collectibles for 'Star Wars' Fans”. Rolling Stone. https://www.rollingstone.com/culture/culture-news/best-star-wars-toys-gifts-collectibles-828847/ 2021年5月5日閲覧。 
  6. ^ Iervolino, Stephen (2017年5月4日). “May the Fourth be with you: Everything you need to know about 'Star Wars' Day”. ABC News. https://abcnews.go.com/Entertainment/fourth-star-wars-day/story?id=47190427 2021年5月4日閲覧。 
  7. ^ "The Vampire Strikes Back". Count Duckula. シーズン1. Episode 14. ITV
  8. ^ Hansard, Column 786”. UK Parliament Hansard, Column 784 (1994年5月4日). 2017年9月15日閲覧。
  9. ^ Jeanne Cavelos (May 5, 2000). The science of Star Wars. ISBN 978-0312263874. https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=10155434760425312&id=516410311 
  10. ^ Dylan Bates (2008年4月30日). “Luke Skywalker Day: May the Fourth”. Facebook. 2017年5月4日閲覧。
  11. ^ Evan Annett (2015年5月4日). “Star Wars Day: What's going on today in a galaxy not so far, far away”. The Globe and Mail. 2017年9月15日閲覧。
  12. ^ May the Fourth Be With You”. Global News. 2015年5月4日閲覧。
  13. ^ It's Star Wars Day! May the 4th Be With You”. O.canada.com. 2015年5月4日閲覧。
  14. ^ Boris Johnson's acceptance speech in full”. ITV News (2012年5月5日). 2013年5月8日閲覧。
  15. ^ May the 4th Be with You!”. Disney Parks Blog. 2013年4月28日閲覧。
  16. ^ May the Fourth Be With You! Two New Star Wars-Themed Character Dining Experiences May 4 – June 15 at Disney's Hollywood Studios”. Disney Parks Blog. 2014年4月28日閲覧。
  17. ^ How Disney Bought Lucasfilm—and Its Plans for Star Wars”. Bloomberg Businessweek. 2014年4月28日閲覧。
  18. ^ Star Wars: The Clone Wars Finale Coming To Disney+ Early On Star Wars Day!” (英語). What's On Disney Plus (2020年4月15日). 2020年4月15日閲覧。
  19. ^ Watercutter (2020年4月27日). “Star Wars: The Rise of Skywalker Is Coming to Disney+ May 4”. Wired. 2021年5月3日閲覧。
  20. ^ Go Behind the Scenes in the New Disney+ Series Disney Gallery: The Mandalorian”. StarWars.com (2020年4月15日). 2020年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月15日閲覧。
  21. ^ Ramos (2021年2月24日). “Disney+ Sets Premiere Dates For 'Star Wars: The Bad Batch' And Marvel Studios' 'Loki'”. Deadline Hollywood. 2021年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月24日閲覧。
  22. ^ Toledo Mud Hens will wear Chewbacca uniforms for 'Star Wars' weekend”. Daily News (2013年4月28日). 2014年5月3日閲覧。
  23. ^ Andrew Kenney (2014年3月25日). “Durham Bulls to dress as R2-D2 from 'Star Wars' on May 4”. The News & Observer. 2014年5月3日閲覧。
  24. ^ Jeffrey Kluger (2015年5月5日). “A Week on the Space Station: Tacos, 'Star Wars' and Mice”. TIME.com. 2015年5月6日閲覧。
  25. ^ Star Wars music played on Parliament Hill carillon bells”. 2019年5月4日閲覧。
  26. ^ Alex Zalben (2017年5月4日). “A Brief History of 'Star Wars' Celebration May The Fourth”. MTV News. 2014年5月3日閲覧。
  27. ^ Levine (2017年5月6日). “Revenge of the Sixth 2017: See the Best Funny Sith Memes”. 2017年5月6日閲覧。
  28. ^ Brainiac wants to get nerdy with you for 'Star Wars' and free comic books”. Orange County Register. 2017年5月6日閲覧。
  29. ^ 'A New Hope.' Jon Ossoff backers embrace 'Star Wars' attack ad”. Political Insider blog. 2017年5月6日閲覧。
  30. ^ Jan Perry (2007年5月1日). “Resolution: Star Wars”. Los Angeles City Council. 2014年5月5日閲覧。
  31. ^ Lauren Orsini (2013年5月23日). “Geek Pride Day Is May 25: Here's How To Celebrate”. Say Media, Inc.. 2014年5月4日閲覧。
  32. ^ Geek Pride Day”. ThinkGeek, Inc.. 2014年5月4日閲覧。
  33. ^ Riesman. “Breaking Down the Fast, Furious Solo: A Star Wars Story Trailer”. Vulture.com. 2021年5月3日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集